あと1年!経営者・フリーランスが消費税8%に向けて確認しておくべきこと

今日は4月1日。来年の4月1日からは消費税が8%になります。
あと1年ということで、改めて確認しておくべきことをまとめました。

スクリーンショット 2013 04 01 9 10 48

来年の4月1日から8%! 消費税の増税スケジュール

消費税は、今後2段階で上がっていくことが決まっています。
現状の5%が、
・来年(2014年・平成26年)4月1日から8%に
・再来年(2015年・平成27年)10月1日から10%に
なります。

スクリーンショット 2013 04 01 9 28 06

基本的な考え方

基本的な考え方は、平成26年3月31日までに確定した売上、経費は5%ですが、4月1日以降は8%となります。
(平成27年10月1日以降は10%)

【確定した】というのがポイントです。

例えば、平成26年において、3月分の売上が4月に入金される場合は、その売上に対する消費税5%となります。
3月の経費を4月に払う場合も同様に5%になります。

4月に3月分の売上を返品した場合、その返品に対する消費税は5%です。
返品や値引きの処理はさらにややこしくなるでしょう。

確認しておくべきこと

その他、この1年間で確認しておくべきことがあります。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


システム

請求書発行システム、レジ、販売管理システム、そして会計ソフトが、消費税率を変更できるか確認しておきましょう。
現状のシステムが対応していない場合も、いつ対応するのかを確認しておくべきです。

例えば、会計ソフトの弥生会計は、現行のバージョンでは消費税率を変更できません。
新しく出るものを買う必要があるのです。

会計ソフトによっては、すでに消費税率を変更できるものもあります。

自社のシステムが対応するのか、対応するためにどのくらいコスト・期間がかかるのかを確認しておきましょう。

税抜表示に

消費税の表示は一般消費者に対する場合は、総額表示が義務づけられています。
消費税が入っているか入っていないか、別途消費税がいくらかかるかなどを明示しなければいけません。

事業者間(会社、個人事業者間)では、その表示が義務づけられていませんので、
「52,500円」
「105,000円」
などと、いわゆる「込み込み」で表示、取引されているケースが多いです。

これが来年の4月1日以降は、いきなり
「54,000円」
「108,000円」
となります。

消費税が改正になったからといっても、値上げのイメージもあります。
事前に、税抜表示及び消費税を明記しておいた方がいいでしょう。
「50,000円(消費税2,500円)」→「50,000円(消費税4,000円)」
「100,000円(消費税5,000円)」→「100,000円(消費税8,000円」
という感じです。

5%と8%の判断

基本的には、平成26年4月1日以降に取引したものについて8%となりますが、様々な特例があります。

・旅費、入場料等(映画、美術館、演劇など)

平成26年4月1日以後に行うものでも、平成26年4月1日前に領収(支払)があるものは5%になります。

■スポンサードリンク

「じゃあ、Suicaにがっつりチャージすればお得!」
と思われるかもしれませんが、Suicaにチャージした時点ではお金を単に預けただけです。
実際に使ったときに経費になり、消費税がかかりますので、4月1日以降に使えば8%かかります。

定期券は4月1日前に買っておけば、5%の料金で買えます。
電車代も、4月1日以降は消費税増税を加味したものになるはずです。

・電気料金等

継続して契約している電気、ガス、水道などは、平成26年4月1日から平成26年4月30日までの間に料金の支払いが確定するのであれば、5%のままです。
例えば、3月分の電気代は、翌月に確定するため、消費税率は5%です。

・請負工事

工事(ソフトウェアの開発含む)は、原則として引き渡した日に消費税を計上します。
ただし、平成8年10月1日〜平成25年9月30日までに契約したものは、引き渡しが平成26年4月1日以降であっても、消費税率は5%となります。

新築でビルを買う場合は、
・平成26年3月31日までに引き渡しを受ける
・平成26年4月1日以降に引き渡しを受ける場合に平成25年9月30日までに契約している
という条件を満たせば、消費税率が5%となります。
※個人が住宅を買う場合も同じ扱いです。

・リース契約

リース契約で、平成8年10月1日〜平成25年9月30日までに契約したもの(開始は10月1日以後翌年4月1日前でもかまわない)は、引き続き5%で支払を続けることができます。
ただし、リース料を変更した場合は、変更後の消費税率は8%となります。
さらに、リース期間中に解約ができないことが条件です。

不動産の賃貸借は原則通り、4月1日以降は8%となります。

その他にも特例がありますが、別途記事にしていきます。

ーーーまとめーーー
あと1年とせまった消費税増税。今一度システムや料金表示などを確認しておきましょう。
経理事務負担の増大は否めませんので、日々の業務効率化にも磨きをかけておくべきです。





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日はバイク・ランの練習会に参加する予定でしたが、雨であえなく中止。
家でおとなしくしていました(^^;)




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』