Excelスキルとマクロの使い分け

おかげさまで、1冊目の著書『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』(日本実業出版社)が重版となりました。
IMG 7805

発売は2010年8月

『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』の発売は2010年8月でした。
おかげさまで今でも、地道に売れ続けているそうです。
当ブログ経由でも、お買い上げいただいております。

今回の重版で、4刷となりました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

本の内容

約3年前の本ですが、書いてある内容は、今でも私が実際に経理業務・税理士業務で使っていることです。

第1章 経理&会計のためのExcel基礎知識
第2章 効率アップのための基本テクニック
第3章 数式と関数【基本編】-4つの関数を使いこなす
第4章 数式と関数【応用編】-Excelと会計ソフトを連動させる
第5章 グラフ-一目でわかるグラフの作り方
第6章 ピボットテーブルーデータを自在に組み合わせよう

第4章のVlookup関数、第5章のグラフ、第6章のピボットテーブルは、今でも変わらず活躍しています。

最近のセミナーでお伝えしている内容

最近のExcelセミナーで使っているスライドには、Excelスキルについて解説するものがあります。

スクリーンショット 2013 04 11 9 00 26

1 整理

ファイルやシートの整理が効率化には欠かせません。
シート内のデータも、きれいに作っておく必要があります。
データをきれいにするテクニックとして関数を使うことも多いです。

2 処理

効率よく処理をするには、知識やテクニックが必要です。
といっても、必要なスキルで主なものはそれほど多くありません。
会計ソフトとの連動に便利なVLOOKUP関数、資料作成にかかせないテーブルやグラフ、さくっと集計できるピボットテーブルは是非とも覚えておいておきたいスキルといえます。
本書でも、テーブル以外は取り上げています。
テーブルを取り上げていないのは、本書がExcel2003をベースにしているからです。
(テーブルはExcel2007以降の機能です。2003にも似たような機能はあります。)
簡単!きれい!ミスが減る! 何かと便利なExcelの[テーブル] | EX-IT


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


3 操作

Excelの操作が速くなると、効率化はすすみます。
といっても、ガンガンキーボードをたたけばいいものでもありません。
ショートカットキーを使い、マウスを有効に使うことが求められます。

そして、マクロ

上記の基礎を学びつつ、マクロも使えるようになると便利です。
Excelの通常の機能では、なかなか難しいシートの処理(複数のシートをまとめる、1つのシートから複数のシートを作る)は、マクロが得意とします。
繰り返しや大量のデータをミスなく処理する場合もマクロがかかせません。

本書では、ボリュームの関係から、ほんの少し紹介するだけにとどめています。
機会があれば、マクロの本も書きたいところですが、現状はセミナーでマクロをお伝えしています。
(Excelの通常の昨日のセミナーも随時開催しています)

次回のセミナーは、4/27に開催します。
入門と初級に、レベルを分けていますので、入門のみでも入門と初級双方でもご参加いただけます。

・マクロ入門セミナー

・マクロ初級セミナー(入門セミナーを受講された方が対象です。同日受講が可能です)

ご興味あれば、ぜひご活用ください。





■スポンサードリンク
【編集後記】

昨日は、午前中に「経理プロフェッショナル養成講座 Excel入門編」の講師をつとめました。
その日に重版の連絡をいただき、不思議な感じです(^^)
次回は6月8日(金)に開催されます。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###