多くの視点を取り入れるのに最適なのは読書

「学ぶ」ときには、多くの視点を取り入れると、効率よく学べます。
これができるのが、読書のいいところでもあります。
※写真は昨日のランレッスンの様子です。私はどれでしょう?
ランニングレッスン

結論は同じでも、過程や視点が違う

昨日、ランニングのレッスンを受けました。
スポーツでいえば、ラン、バイク、スイムそれぞれレッスンを受けています。
以前は、テニスレッスン、話し方、書き方、読み方などのレッスンを受けたこともあります。

がむしゃらに自分でやるよりも、やり方を学んだ方が効率がよく、楽しめるからです。
何事も理屈がわかると、面白くなります。

ランニングのレッスンも、複数のレッスンを受けています。
それぞれ結論は同じようなところに行き着くのですが、説明方法や、たとえ方、ポイントが異なります。
浮気するだけはだめですが、1つ1つを取り入れつつ、しっかりこなしていくと、多くの視点を取り入れることができます。

不思議なことに、同じ結論のことでも、自分にすっと入ってくる、しっくりくるものがあったりなかったりするのです。

結論が違うことも

ときには、結論自体が違うこともあるでしょう。
・手をふった方がいい ふらない方がいい
・手を伸ばした方がいい、少し曲げた方がいい

その他の物事でも、
・多読がいい、精読がいい
・手書きがいい、デジタルがいい
・速くやった方がいい ゆっくりやった方がいい
・英語はやるべき 英語はやらなくていい
・このツールは使える、このツールはもう時代遅れ
などといったことがあります。

「右に行け」というのが流行ったと思ったら、今度は「左に行け」「上に行け」「下に行け」といわれます。

結論が違うことこそ、多くの視点を取り入れるべきでしょう。

視点を取り入れる読書

今回のようなレッスンで、多くの視点を取り入れようと思ったら、時間とお金がかかります。
われわれのような税理士については、顧問契約があれば、なかなか他の視点を取り入れることは難しいこともあります。
(単発の相談を利用する方法がありますし、私も受けています)


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


「他の意見を聞くなんて!」と気分を害する方もいらっしゃるかもしれませんが、「信用している」ということと、「他の視点を取り入れる」のは、また別のことです。
医者のセカンドオピニオンのように、他の視点、結論を聞くことは重要といえます。

視点を取り入れるのに、最適なものは読書です。

「他の著者の本を読むなんて!」と気分を害することも少なく、時間もお金もそれほどかかりません。

昨日の記事で書いたように、自分の専門、好きなことは、可能な限り複数の著者の本を読みます。
新たに調べたいこと、身につけたいことがあったことはなおさらです。
読書

ーーーまとめーーー
「視点を取り入れる」という観点で考えると、ちょっと変わった視点が好ましいです。
極端な視点の方が、学ぶことが多くなります。

視点=こだわり・強みともいえますので、その観点からも多読や複数の方から学ぶのが好ましいでしょう。

これは、書く側、サービスを提供する側にとっても意識すべきです。
このブログでも、税理士業でも、セミナーでも、コンサルでも、本でも、「ちょっとかわった視点」を提供するように心がけています。

学校の授業は1つの視点のようですが、テキスト(教科書)と教師(講師)という少なくても2つの視点があります。
税理士受験もそうでした。
だから私は、教科書通りの授業をする講師は大嫌いだったんでしょうね。。





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日のランレッスンは、5名でやりました。
私以外は、1人を除いて、すべてなんらかのお客様(セミナー、コンサル含む)です。
こういったつながりで集まれるのはうれしいですね。

※冒頭の写真、左から2人目が私です。

■スポンサードリンク



■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###