VLOOKUP関数でどうしても#N/Aエラーが出る場合の解決方法

VLOOKUP関数は便利なのですが、エラーも起きやすいです。
「VLOOKUPで一致しているはずなのに、エラーが出る!」ということもあります。
事例を挙げてその対策をまとめてみました。

スクリーンショット 2013 08 09 11 55 14

VLOOKUP関数とは

「VLOOKUP関数って何?」という方はこちらの記事を参考にしてください。

最重要関数の1つVLOOKUP関数のしくみ | EX-IT

VLOOKUP関数の事例と注意点ー摘要と科目ー | EX-IT

IFを使わずにVLOOKUP関数の ”#N/A”エラーを処理する方法ーIFERRORー | EX-IT

VLOOUP関数の「V」はVertical(垂直)、「LOOKUP」は探すの意味です。
垂直に目的とするものを探して、一致していたら、その行にある値を表示します。

スクリーンショット 2013 08 09 11 55 14

この場合は、「宮崎県」と一致する「宮崎市」が表示されます。
スクリーンショット 2013 08 09 11 55 54

VLOOKUP関数のエラー事例

事例では、オレンジ色のセルに入力したものが、黄色い列にない場合、「#N/A」というエラーがでます。
探しても見つからなかったという意味です。
スクリーンショット 2013 08 09 11 57 17


■スポンサードリンク


見た目は、一致しているのに、エラーが出てしまうこともあります。

・スペースが入っている

この場合は、「宮崎県 」とスペースが入ってしまっていることが原因です。
スクリーンショット 2013 08 09 11 59 07

スペースを取り除くか、E列(黄色い列)の方の「宮崎県」にスペースを入れれば一致します。
また、TRIM関数を組み合わせて、=VLOOKUP(TRIM(A2),E:F,2,FALSE)と入れて解決しましょう。
データベースから取り込んだデータに毎回スペースが含まれる場合に有効です。
スクリーンショット 2013 08 09 12 01 21

・半角・全角が異なる

これは見た目も異なるわけですが、半角と全角の違いもエラーの原因です。
スクリーンショット 2013 08 09 12 04 30

無理やり直すには、JIS関数(半角を全角にする)を組み合わせる方法があります。
スクリーンショット 2013 08 09 12 05 52

・文字と数値の違い

これは先日のExcel勉強会であった事例です。
見た目は同じ数字で、問題ありません。それでもVLOOKUP関数でエラーが出ます。
スクリーンショット 2013 08 09 12 08 23

ただ、気になるのは、セルA2の左上の三角。これはなんらかの警告を表しています。
この場合は、「数字が文字列で入ってるけど、大丈夫か?」という警告です。
483910411という数字ではなく、文字で入っているため、文字の483910411と数値の483910411を違うものとみなしてしまいます。

これも数式内で修正するならば、VALUE関数(文字列を数値に変換する)を使います。
スクリーンショット 2013 08 09 12 09 02

ちょっとわかりにくいエラーですが、VLOOKUP愛好家の私は、何度も経験しました(^.^)

Vlookup関数のエラーの理由がどうしてもわからないときは

VLOOKUP関数は、非常に繊細です。
まあ、適当に一致されても困るので、繊細であるべきですけどね。

名前だと、「高橋」と「髙橋」、「渡邊」と「渡邉」といった違いにも注意です。
どうしてもわからないときは、リスト(事例だとE列)に、対象のセルをコピーして貼り付けてみましょう。
貼り付けてエラーが出なくなれば、何かが違うはずです。

こんな記事も書きました。





■スポンサードリンク

【編集後記】
昨日の夜、Excel活用術の第3章の執筆に入りました。
文章はともかく、やっぱりサンプルデータを作るのが大変です。
実際のデータを使うわけにもいかないのですが、困ったら自分のデータを加工して作っています(^_^;)