[Excel超入門]関数で使う「数値」と「参照」 

Excelの関数では、[数値]という言葉が出てきます。
セルで指定するのではなく、数値を入れなければいけないのですか?」と質問を受けました。
この理由を理解するには、Excelのしくみをしっかり把握しておく必要があります。
SUM 数値

SUM関数の[数値]

合計する関数、SUMの説明にはこう書いてあります。
(SUM関数を入力する際のヘルプにも表示されます)

=SUM(数値1,数値2,・・・)

「数値1、数値2……を合計する」という意味です。

=SUM(1,2,3)

と入れれば、6と表示されます。

セルB1に「1」、セルB2に「2」、セルB3に「3」がある場合、

=SUM(B1,B2,B3)

と入れれば、「6」を表示されます。

「数値」と書いてあるのに、なぜB1やB2が入るのか?というのは確かに不思議です。
この理由は、Excelのしくみにあります。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


数値の参照

たとえば、セルA1に「1」とある場合、セルA2に「1」を入れる方法は、3つあります。

①直接入力する方法。

②「=A1」(A列の1行目)と数式を入れる方法。参照といいます。

③コピーする方法です。

いずれの方法を使っても、セルA2には、数値の「1」が入ります、

いちいち数値を入力していたら大変なので、Excelでは、できる限り②や③を使うべきです。

SUM関数でいう「数値」とは、上記①と②の両方をいいます。

=SUM(1,2,3)
でも
=SUM(B1,B2,B3)
でも
=SUM(数値1,数値2,・・・)
というルールは破っていません。

=ROUNDDOWN(数値、桁数)
=ROUND(数値、桁数)
=INT(数値)
なども同様です。

関数に、直接数値を入れることはほどんどありません。
いずれかのセルを参照することになります。

■スポンサードリンク

Excelでは参照をうまく活用する

Excelでは、この参照をうまく使えるかどうかが鍵です。
Excel上にある数値はすべて利用するイメージで、データや表を作ってみましょう。

電卓をたたいて、その計算結果をExcelに入力するというのは禁止です(^.^)
(検算ならかまいませんが)

・Excel上達のために電卓を我慢してみる | EX-IT





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日の夜は、友人夫婦と皇居ラン。
2人ともはじめての皇居ランでした。
ペースをおさえつつ、ゆっくりと1周(5km)。
若干雨も降りましたが、比較的涼しくてよかったです。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』