AIタクシーDiDiレポート。AIが自分のビジネスモデルを変える可能性。

大阪でAIタクシーを体験してきました。
体験するといろいろと考えることできます。

IMG_0233

※大阪にて iPhone X

AIタクシーDiDiを大阪で体験

DiDi(ディディ)とは、中国のDidi Chuxing(滴滴出行=ディディチューシン)とソフトバンクがつくったDiDiモビリティジャパンが提供するサービスです。

記事執筆現在、大阪の特定のエリアで利用できます。

・スマホでタクシーを呼べる
・登録済みのクレジットカードで決済
というしくみ。

Uber(ウーバー)と同じようなサービスです。
Uberは、もともと自家用車を使ってタクシーサービスをするものですが、日本はそれが禁止されています。
そのためそれほど普及していません。

このDiDiは、タクシー会社と連携するスタイルで、世界各国で普及しています。
「5.5億人が使っている」というコピーです。

そして、DiDiは、AI(人口知能)で配車しています。
タクシーに乗りたい人がスマホで呼ぶと、その近くにいるタクシーに連絡が行き、そのタクシーが向かうというしくみです。
運転手さんによると、2㎞以内のタクシーが呼ばれるとのこと。

今回、使ってみました。


■スポンサードリンク

アプリの画面。
近くにタクシーが走っているかどうかがわかります。


現在地(乗る場所)と行く場所をスマホアプリで指定します。

IMG_0239

乗る場所を細かく指定します。
運転手さんによると、この指定があいまいなことが多いとか。
道路の逆側を指定されると大変との話でした。
(ハワイのUberはその地点についてから料金をカウントしていましたが、DiDiはそうではないようです)

IMG_0241

乗る場所を確定。
ホテルからタクシーに乗れたのですが、これを体験したくてあえて呼ぶということを……。

IMG_0242

確定後、タクシーを探してくれます。

IMG_0243

タクシーが見つかると、どの地点にいてどのくらいで来るかがわかりますので、安心です。
車種や色、ナンバーがわかるので、こちらから見つけて手を挙げるといいでしょうね。
Uberの場合、日本だとメッセージが届きましたが、今回は来ませんでした。

ex1

徐々に近づいてくるのがわかります。

ex2

タクシー到着。
タクシーにもこのようなステッカーが貼っていました。
書いてあるとおり、クーポンのキャンペーンがあります。
タクシーには、タブレットが設置してあり、それがDiDIのサービスとつながっていました。
カーナビは、スマホ。
たまにレンタカーで運転するときも感じるのですが、カーナビよりも断然スマホが楽で性能がいいと感じます。
カーナビというビジネスは、もう必要ないのではというくらい。

IMG_0248


■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール

そして到着。
アプリにクレジットカードを登録していれば、決済も楽です。
Uberと違い、その場で支払うこともできるようでした。

通常のタクシーメーターもあり、そこに出た金額をDiDiと連携しているタブレットに入力。
「入力しなきゃいけなんですね?」と聞くと、「そんなんすです。連動してなくて」と。

その後、レシートも受け取れます。
(ぐちゃぐちゃになっちゃいましたが)
IMG_0299

メールにも明細が届きます。
1000円オフのクーポンを使ったので結果0円です。
image

AIがタクシー会社のビジネスモデルを変えた

移動中、運転手さんに、いろいろ取材しました。
今回利用したタクシー会社は、もともと流し=配車をしていなかったとのこと。
配車は、いいようで、予約が入るとその30分前くらいには指定場所に行く必要があり、時間のロスも大きくなるようです。

DiDiを使うようになり、配車を取り入れました。
DiDiなら、通常の配車よりも時間のロスを抑えつつ、配車する人件費(とともに場所のコスト)もかかりません。

AIを活用することで、ビジネスモデルが変わり、新しいメニュー=スマホで配車予約が生まれました。
配車料金もかかりません。

利用者もスマホ予約で楽です。
それでいて、DiDiだと通常料金と変わりません。
(距離によりどうなるかですが)
Uberだと、日本の場合、ちょっと割高になります。

認知度はまだ低いようで、DiDiのお膝元、中国からの観光客がメインとのことですが、日本人の利用も増えているそうです。

自分のビジネスがAIで変わる可能性

テクノロジーにより、自分のビジネスが変わるということは、これからもありましたし、AIによりますます増えるでしょう。

お客様と双方が楽で、コストも下がるのであれば、こんなにいいことはありません。

例えば、税理士業で言えば、預金通帳を渡して、それを入力する仕事がありました。
今は、ネットバンクにして、会計ソフトに連動させれば、そんな仕事はなくなりつつあります。
私はすでにやっていません。

AIをはじめとするテクノロジーの波が来て、自分のビジネスモデルに影響が出てくるのを待つか、自分からビジネスモデルを変えていくか。
その鍵は、そのAIをはじめとするテクノロジーをどれだけ知っているか、使えるかにもよります。

自分の業界だけ見ていては、その変化に気づけません。
視野を広げていろんなテクノロジーを体験しておきましょう。

このDiDiは、1500円オフのクーポンがありますので、ぜひ試してみていただければ。
現状使えるのは大阪の一部のみですが。

https://d.didiglobal.com/qMm5zhmxl5tce?shareChannel=inviteCode


■編集後記

昨日は、引き続き大阪。
友人と7時半から大阪城ラン。

ホテルから3㎞だったのでランでいき、大阪城付近を7㎞ほど走って、また3㎞ラン。
いろんな話もでき、楽しめました。
その後、その日に新幹線で来た家族と合流し、USJへ。
1.5日パスで、まずは半日楽しみました。

■昨日の1日1新
※詳細は→11新」

ユニバーサルポートヴィータ
大阪城ラン 行ったことのないコース
AEN
DiDi

■昨日の娘日記

ホテルでいったん合流。ホテルの電話やお風呂、窓あたりで喜んで遊んでました。
USJでは、ミニオン、おさるのジョージでおおはしゃぎ(サルが好きなので)。
夜は、「きらきらみる~!」と光る観覧車を見たがり、ホテルに帰りたがらないことも


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』