成果につながらないことができる自由

成果につながらないことを続けていいのかどうか。
自問自答することもあるでしょう。
ただ、その成果につながらないことができるのが、独立後でもあります。

※YouTubeの画面 by Leica M10

成果主義

成果主義というものが、独立前にはありました。
制度としてあったのは、IT企業に勤めていたときだけです。
あとの公務員、税理士事務所3つにはありません。

IT企業のときも、成果主義というには、ほど遠く、上司に好かれるかどうかで決まっていましたけど。
(私は幸い直属の上司には好かれていたのですが)

組織として、拡大していくとなると(維持していくとなると)、やはり成果は必要でしょう。
成果につながらないことをやっていると怒られます。

独立後も、成果がまったくなければ食べていけないわけです。
成果につながることの優先順位は高いわけですが、成果につながらないことができる余地は、独立前よりもあります。

1円にもならないYouTubeを3か月続けた成果

このブログも、毎日書いて4829日。
成果につながっていないことはありませんし、このブログのおかげで食べていけているわけです。
ただ、独立前だとここまでやらせてもらえなかっただろうなとつくづく思います。

そこに投下した時間から考えると、求める成果が出ていると判断されない可能性もあるからです。

また、すぐに成果が出たわけではありません。
成果が出ずにひたすら書いていた時期もあるわけです。
拡大しない私としては成果であっても、見方によっては今だって毎日十分な成果があるわけではありません。
(成果の金額を問わなければ毎日売上はたっていますが)

ブログだけではなく、メルマガも平日毎日やってきたYouTubeも同様です。
YouTubeは、3か月ほどになりました。

ひとり税理士井ノ上陽一の自宅仕事術 – YouTube

この3か月で1円も成果は発生していません。
ただ、
・チャンネル登録者数の増加
・YouTubeネタを練り、それを形にするスキル
・動画収録のスキル
・動画編集のスキル
・IT仕事術関係の知識・スキルの整理
・YouTubeでニーズがあるテーマの把握
・YouTubeをアップするというメンタル
などといった成果はあります。

特に、動画編集のスキルは上がり、10分のYouTube動画を収録から編集するまで2時間から3時間かかっていたのが、最近は60分弱でできるようになりました。
もうちょっと縮められそうですが。

そのノウハウは、オンラインセミナーや動画教材販売にも活きています。

お金につながることが成果とするなら、成果はゼロですが、そうでないなら成果はあるわけです。
この考え方は、ブログをはじめようとされる方にも、いつもお伝えしています。
成果やメリットをお金だけで考えると続けることもできませんし、結果的に「成果」につながりませんので。

こういった成果につながらないことができるのが、独立後のいいところだなぁと思っています。

成果につながらないことができるのが独立後

他にも、
・仕事の改善をする
・今後に向けて勉強する
・知識やスキルをまとめてみる
などといったことも成果につながりません。

独立前だと、そんなことやっていないでこれをやってくれと怒られる可能性があるでしょう。
私は黙ってやっていましたが。

独立後は、成果につながらないことも、誰の許可もなくできます。
今、食べていけていればという条件がつきますが。
将来も食べていくため、つまり「将来の」成果につなげるために、「今の」成果につながらないことをやることも大事かなと思っているのです。

とはいえ、前述のとおり、お金以外の成果はあります。

ひとまず食べていくことができていて、自分がやりたいことがあるなら成果に関係なくやってみればいいのではないでしょうか。
そのくらいの自由は独立後にあります。

というわけで、YouTubeも続けてみようかと思っていますが、頻度は変えます。
別の成果につながらないことを、新しくはじめたくなったので、そのバランスを調整するためです。

 



■編集後記

昨日は、いろいろとタスクをこなしつつ、セミナーの準備も。
急遽行かざるを得ない用事もありつつ、なんとか。
なんだかんだトラブルはあるものです。

「1日1新」
とあるところ
とある教材購入

■娘(3歳6ヶ月)日記

またこんなに散らかして―と、私の部屋に入ってきます。
昔に比べるとだいぶ片付いてはいるのですが……。
そして、何も言わずにカメラの防湿庫のライトをつけていきます。
(普段は、ドアを開けたときにライトがつく設定)

■YouTube更新情報
データ共有できるDropboxの同期のしくみ – YouTube