限られた時間で稼ぐためにやっている3つのことー頭の回転・仕事化・心身ー

限られた時間で成果を出すにはどうするか。
時間の密度を上げるために、やっていることから3つを挙げてみました。
IMG 5385
※日テレにて。宮崎駿さんデザイン。iPhone 6s

ひとりでの稼ぎには限界がある

ひとりで仕事をする場合、稼ぐには限界があります。
時間が一定、ひとりでできることも限られているからです。

稼ぎを増やすには、何か考えなければいけません。

今の稼ぎを増やすことだけを考えるなら簡単です。
一時的にでもひたすら働けばすみます。
ただ、今後5年、10年を考えるなら、限られた時間で成果を出す、つまり稼ぐ術を身につけなければいけません。

身につけるというよりも、日々やり続けるべきことです。

前提としての単価

限られた時間で成果を出す術の前提、というよりも並行して考えなければいけないのは単価です。
単価を日々考え続け、どう設定していくかは時間効率に影響します。
同じ時間でやった仕事がいくらかで、情勢はがらりと変わるからです。

単価を上げるメリット及びデメリットは仕事が減ること。

単価を上げれば仕事の件数は減ります。
メリットは、時間ができることであり、デメリットは減りすぎると売上を維持できないことです。
そのバランスをとりつつ、単価を考えていきましょう。
バランスをとるには、様々な単価のサービス、商品を設定するのがおすすめです。
私は単価順に、
・無料 ブログ、メルマガ
・9,800円 メールコンサルティング
・1万円〜6万円 セミナー
・5.4万円 コンサルティング
・月12万円(毎月の場合)+決算料 顧問契約
という設定をし、さらに書籍(1,500円〜2,000円程度)もあります。

限られた時間で稼ぐためにやっている3つのこと

限られた時間で稼ぐためにやっているのは次のようなことです。

1 頭の回転を上げる

限られた時間で仕事をこなすには、効率化ももちろん大事ですが、自分自身の頭の回転を上げることを意識しています。


■スポンサードリンク


これは、税理士受験のときからやっていることです。
税理士の試験は2時間。到底終わらない量の問題が出ます。
その問題を解き、上位10%程度に入れば合格という試験です。

私は電卓が遅く(今でも)、字を書くのも遅く、字が汚く(今でも)、圧倒的に不利でした。
そこで考えたのは、頭の回転を上げること。
問題が出てきたときに、解ける問題かそうでないかをすばやく的確に判断し、迷わず解けるようにトレーニングしてきました。
(すべての問題を解かなくても確実に点をとれば上位10%に入れます)

問題を解くときの時間ロスは、迷ったり、何度も繰り返したり、固まってしまったりすることだと思うのです。

仕事も、迷いやミスがロスになります。
ロスがないようにするやっているのは、
・マニュアル、チェックリストを活用する
・任せられるところはPC、ITに任せる
・集中力を極限まで高める(『ドラゴンボール』の気、『ガンダム』のニュータイプ、『聖闘士星矢』の小宇宙のノリ)
・邪魔を徹底して排除する
・ブログや、やらないことリストで自分の判断軸を作る
【関連記事】独立を最初からやりなおすとしても、やはり「やらないことリスト」を作る理由 | EX-IT
リンク

といったことです。

PCやITが全盛の今でも、人の頭の回転が寄与する部分は多いと思っています。
頭のよさというものでもなく(私もないので・・)回転です。
どれだけ動いているかを大事にしています。

集中力を高めるには、ポモドーロもおすすめです。
【関連記事】EX-IT | ExcelとITで効率化して、仕事と人生を楽しもう[税理士 ブログ]
リンク

2 やっていることを仕事にする

仕事=稼ぐ、お金を得ることと考えると、自分がやっていることをすべて仕事にした方が効率的です。

・どういった時間を過ごしているか
・どういったお金の使い方をしているか
・どういった仕事のやり方をしているか
・日々何を考えているか
・食べていくためにどんな工夫をしているか
などは、仕事にできます。

【関連記事】フリーランスのための一生仕事に困らない本 | 井ノ上 陽一 | 本 | Amazon.co.jp
リンク

【関連記事】ひとり税理士の仕事術―雇われない・雇わない働き方 仕事も人生も楽しむ税理士 | 井ノ上 陽一 | 本 | Amazon.co.jp
リンク

自分がやっていないこと、できていないことは仕事にできません。
(している人もいますが・・それはそれですごいと思います。)

自分がやっていること、できていることは仕事になります。
仕事をしてお金を得て、その仕事自体を仕事にできると強いです。

ただ、その「やっていること、できていること」が珍しいもので、他人と違うものでなければいけません。

他人と違うことを、より早く、より深くやっていれば必ずチャンスは来ます。

24時間のうち、どれだけを仕事のネタに変えられるか。
ここに、限られた時間で稼ぐ秘訣があります。
睡眠すらも早起きをしていれば仕事になる可能性がありますし、3度の食事も仕事になる可能性があるのです。
ましてや仕事をしている8時間をどう過ごすかは大事で、目の前のお金を得るためだけにやっているとどこかで必ず限界は来ます。

3 心身のコンディションを整える

最後は、心身のコンディション。
精神(メンタル)と体力(フィジカル)のコンディションをどう整えるかが大事です。

限られた時間で稼ぐには、心と体の状態で差が付きます。
よほどの能力があれば関係ないかもしれませんが、私は心と体の状態でばらつきがあるので、より注意しているのです。

心のコンディションでは、
・いらいらしない
・落ち込まない
・不安になりすぎない
ため、新聞、TVの余計な情報、SNSの余計な投稿はシャットダウンしています。
合わない人と会わない、そういう場に行かないことも徹底していることの1つです。

混雑しているところに行かないようにもしています。

体のコンディションで気をつけているのは、
・いいものを体に入れる
・3回の食事をきちんととる
・睡眠はきっちりとる
・深酒しない
・適度な(適度じゃないときもありますが・)運動をする
・体のメンテナンス(ストレッチ、整体など)を欠かさない
などです。

このコンディションが整っていないと、時間を無駄に使ってしまいます。

まとめ

「限られた時間で稼ぐ」となると、効率化も大事なのですが、自分の限られた能力を最大限発揮することも大事にしています。
能力90の人が60%しか発揮してなければ、54。
自分が能力70でも、90%発揮すれば63。成果では勝てます。

前提となる効率化の記事はこちらを参考に。
【関連記事】効率アップ!IT仕事術 | EX-IT
リンク





【編集後記】
昨日はアポがない日だったので、レスパスで温熱整体に行って、月島のプールで泳いで、レスパスでヨガ。
地道にいろいろやってきたので、クロールの腕が軽いです。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

日本橋 長崎五島列島の小値賀町