やりたいことは、すべて「緊急かつ重要」

緊急度・重要度で、何をやるべきか考え、「緊急でない・重要なことをやろう」というのはよく聞く話です。
何かと話題にされるこの話、疑問を感じています。

EX IT SS 3

※ExceLで作成。スクリーンショット

時間管理のマトリクス

時間管理のマトリクスというものがあります。
ご存じの方も多いでしょう。

どう時間を使うか?を緊急度と重要度でわけたものです。

EX IT SS

『7つの習慣』でとりあげられるこのマトリクスは次のような例があります。

Ⅰ 緊急かつ重要

・トラブル
・事故
・病気
・クレーム対応
・締め切りが近い仕事
など、すぐに対応しなければいけないことです。

Ⅱ 緊急でないが重要

・人間関係
・予防
・自分を磨く
・準備、計画
・息抜き、休息
など、すぐやらなくてもいいけど、人生にとって重要なことです。

Ⅲ 緊急だが重要ではない

・その場での対処
・必要でないメールや電話での対処
・SNS
・付き合い
・会議
・事務作業
など、ついついやってしまい時間を費やす一方でさほど重要でないことです。


■スポンサードリンク


Ⅳ 緊急でなく重要でもない

・ひまつぶし
・だらだら
・世間話
など、すぐやらなくてもいいし、重要性もないことです。

1日の過ごし方は、緊急

上記の時間管理マトリクスについていわれるのは、
・緊急性の高いこと(ⅠとⅢ)に振り回されている
・緊急ではないが重要なこと(Ⅱ)に時間を費やそう
ということです。
EX IT SS 2 8 21 29
なにかと取り上げられる、この時間管理のマトリクス。
なるほどとは思うのですが、少々飽きましたし、飽きている方も多いのではないでしょうか。
(7つの習慣に異論を唱えるつもりはありませんが)

一生涯のうちの1日は誰にとっても重要なもので、1日をどう過ごすかはすべて緊急だと思うのです。
日々の積み重ね、習慣が、人を作ると考えると、すべてのことは、緊急かつ重要という考え方もできます。

「緊急でない」と思うから、習慣にしたいこと、やりたいことができないのではないでしょうか。

すべて、「緊急かつ重要なこと」と考える

いっそ、やりたいこと、続けたいことは、すべて、「緊急かつ重要」と思った方が楽です。

EX IT SS 1 8 21 29

お金も稼がなきゃいけないし、自由な時間も欲しいし、遊びたいし、休みたいし、食べたいし、プライベートの予定もあるし、仕事もしなきゃいけないし、運動もしたいし・・・という繰り返されるジレンマの中で、やりたいことをやるには、緊急度を上げるしかありません。

緊急でないけど・・・と考えていると、何もなしとげられません。
仕事の重要度が高く、プライベート・遊びの重要度が低いというわけでもないです。
遊びから得られるものも多いですし、仕事がすべて自分の糧になるわけでもありません。
ワークライフバランスを実現するためにも、すべての緊急度・重要度を上げるのがオススメです。

今日やることが、将来の自分の一部だと考えて、このブログも日々やっています。
毎日新しいことをやる、1日1新も、緊急度の高いものです。
睡眠時間をしっかりとるのも、おいしいものを食べるのも緊急かつ重要なことと考えています。

重要度を上げるとともに、緊急度も自主的に上げてみましょう。
やるべきこと・やりたいことは、緊急かつ重要なことと考えた方がシンプルです。
全部やろうとすれば、時間もお金も足りないので、やらなくていいこと・やりたくないことが見えてきます。

EX IT SS 1





【編集後記】

年末年始、今年も普通に過ごします。
休みのうちに・・というのはやめました。
【関連記事】年末年始にまとめてやろうとせずに、習慣化する。今日(12/20)か月曜日(12/22)から始めましょう | EX-IT
リンク

28は普通に仕事、29、30はオフ、31はセミナー開催。1は祝日なのでオフ。2,3は土日なのでオフという感じです。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

オートビズ 配信数増加手続き
OmniOutliner体験版
Macアプリのマインドマップソフト比較
新しいコースでラン