Excelのスライサー。テーブル・ピボットテーブルのデータをタッチで瞬時にフィルタリング

Excelのスライサーという機能を使うと、データを瞬時に取り出せるので便利です。

※カフェにて iPhoneX

Excelのテーブルでスライサーを使う

Excelのスライサーは、データをフィルタリング、絞り込むことができる機能です。

スライス(薄く切る)という名のごとく、データをいろんな角度から切ることができます。

導入しているお客様にも好評です。

スライサーの使い方

左がテーブルで、売上データが並んでいます。
右がスライサー。

売上データのうち、商品、店舗、商品種別といった項目が並んでいます。

EX-IT_No-04

たとえば、「商品」のスライサー(左)で「iPhone11」(架空)をクリックすると、左側のテーブルでは「iPhone11」のデータのみが表示されるわけです。

■スポンサードリンク

EX-IT_No-05

さらには、「店舗」のスライサー(中央)で、「大阪」をクリックすると、左側のテーブルでは、「iPhone11」かつ「大阪」のデータを絞り込めます。

EX-IT_No-06

それぞれのスライサーは、複数選択することも可能です。

EX-IT_No-07

スライサーのつくり方

スライサーは次のようにしてつくります。

テーブルのいずれかの場所を選択するとリボン(上部のメニュー)に表示される[テーブルツール]の[デザイン]から[スライサーの挿入]をクリックしましょう。

その後、ボックスが出てくるので、

InkedEX-IT_No-09_LI

スライサーにしたい項目にチェックを入れ、Enterキー(OKをクリック)で、

EX-IT_No-10

チェックした項目のスライサーができあがります。

スライサーは、このように並んでいてこれはこれで使いやすいのですが、

EX-IT_No-11

整列させてもかまいません。

EX-IT_No-12

さらに、通常のオートフィルターも使うことができます。
ただ、スライサーを使うと、オートフィルターのショートカットキー(Ctrl+Shift+L)は使えなくなるので、注意しましょう。
フィルター解除でもこのショートカットキーを使うので、私はちょっと不便に感じます。

(スライサーとフィルター、何かしら関連性があるのでしょう)

autofilter

スライサーは、フィルターのクリア(Alt+C)で、選択をクリアでき、

フィルター

複数選択(Alt+S)をクリックすれば、クリックするたびに選択が増えていきます。
Ctrlキーを押しながらクリックでも同様の効果です。
Shiftキーを押しながらクリックすれば、連続した範囲の項目をクリックできます。

alts

スライサーを選択し[スライサーツール]の[デザイン]で、好きな色に変えることもできるので、変えてみましょう。

InkedEX-IT_No-14_LI

Excelのピボットテーブルでスライサーを使う

そして、このスライサーは、ピボットテーブルでも使えます。
むしろこちらのほうが本命です。
データを抽出して、そのデータの合計がわかりますので。

EX-IT_No-17

たとえば、2017年の東京店でのPCの売上がこのようにわかるわけです。

EX-IT_No-14

2017年1月、

EX-IT_No-23

2017年1月と2月

EX-IT_No-24

2017年の1月と2月と3月といって見方もできます。

過去の3か月、夏、秋なんて集計も面白いでしょう。

EX-IT_No-25

Excelのピボットテーブルでスライサーをつくる

ピボットテーブルでスライサーをつくる方法を、データ→ピボットテーブルの流れも含めてまとめておきました。

データのいずれかのセルで、Ctrl+T→Enter(CtrlとTを同時押し、その後Enter)でテーブルができます。

途中こういったボックスが出ますが、Enterを押しているうちに消えてなくなりますので、気にしなくて大丈夫です。
(ただし、データの途中に空白行がないきれいないデータであることが前提です)

EX-IT_No-21

テーブルにしたら、Alt→N→V→Enterで。

EX-IT_No-22

ピボットテーブルができます。
ピボットテーブルのショートカットキーはキーが多いので、このクリックアクセスツールバーを設定するのがおすすめです。

EX-IT_No-19

ピボットテーブルの右側の項目で、[商品]、[売上高]、[商品種別]をチェックし、並べ替えると、このような表になります。

EX-IT_No-20

ピボットテーブルを選択し、[ピボットテーブルツール]→[分析]の[スライサーの挿入]で、

ex-it22

スライサーができます。

EX-IT_No-17

ピボットテーブルは、ぜひとも身につけていただきたいスキルです。 便利で、触っているだけ楽しめます。
先日こういった記事を書いていただき、感激しました。
データを表にすることを楽しめるツールがピボットテーブルです。

タッチ操作が楽しいスライサー

このスライサーは、WindowsのExcel2010からの機能です。
2013、2016とバージョンがあります。
(常に最新版となるOffice365もあります)

MacのExcel2016でも使えます。

Windowsでタッチ操作ができるPCなら、タッチ操作でスライサーを使うと楽しめるのでおすすめです。

EX-IT_No-01

Macだと残念ながらタッチ操作はできません。

iPadで開いてみるとタッチできるかどうか。

これも残念ながらできません。

表示はできるのですが、1つの図形として表示されタッチ操作はできないのです。

EX-IT_No-03

スライサー、まずは触ってみることからはじめていただければ。

サンプルはこちらです。

EX-ITサンプル スライサー.xlsx


【編集後記】
金曜日名古屋、土曜日に大阪へ行きます。
セミナーの懇親会を昨日予約。
大阪、名古屋の土地勘はまずまずなのですが、東京ほどではなく。

こういうときにネットの地図で表示して検索できるのは便利です。

電話しなくていいし。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」
大崎ファミマ セルフレジ
Woocommerce+AmazonPay

【昨日の娘日記】
昨日は保育園の送り迎えともにベビーカーに乗りたがらずだっこ。 いっそ抱っこひもで行こうかと思うくらいです。 眠そうでしたけど、ご飯を食べてたら復活して元気に。 21時過ぎまではしゃいでました。

■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』