Excelで所得税を計算するには、IF関数よりもVLOOKUP関数のTRUE

Excelで所得税を計算するには、VLOOKUP関数を使うと便利です。
IMG 5376
※自宅にて DSC-RX100M3

所得税の税率のしくみ

所得税は、その所得によって税率がかわります。
稼いでいる人ほど、税金が高くなるのです。

ただ、よくいわれているように、「稼ぎの半分を持って行かれる!」というのは間違っています。
こちらの記事を参考にしていただければ。
【関連記事】年収1,000万円の場合の税金は約15%。年収と所得の違い、税率の考え方、誤解されやすい税金のしくみ | EX-IT
リンク

所得税は次の表で計算されます(平成27年分以降の場合)。
EX IT SS 1

所得が500万円だったら、330万円超695万円以下なので、
500万円×20%ー427,500円=572,500円

所得が700万円だったら、695万円超900万円以下なので、
700万円×23%ー636,000円=974,000円

所得は、収入、年収、手取り、額面とは違いますので注意しましょう。
【関連記事】年収1,000万円の場合の税金は約15%。年収と所得の違い、税率の考え方、誤解されやすい税金のしくみ | EX-IT
リンク

この計算を、Excelでやってみます。

Excelで所得税を計算する場合にIF関数を使うデメリット

こういった条件ごとにExcelで計算する場合、まず思い浮かぶのがIF関数です。
IFなら、条件ごとに計算ができますが、おすすめしません。

IFで書いてみると、このくらい長い式にになるからです。
EX IT SS 3


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


正確に計算はできるのですが、
・入力するのに手間がかかる
・入力をミスする可能性が高い
・表がかわったときに、メンテナンスがめんどくさい
といったデメリットがあります。

そこで、このような場合には、VLOOKUP関数を使ってみましょう。
このくらいシンプルになり、メンテナンスも楽です。

EX IT SS 9

Excelで所得税を計算するなら、VLOOKUP関数

VLOOKUP関数のしくみ

VLOOKUP関数は、V(Vertical。垂直に)+LOOKUP(探す)機能がある関数です。
基本的なしくみはこちらを参考にしていただければ。
【関連記事】最重要関数の1つVLOOKUP関数のしくみ | EX-IT
リンク

今回の場合、所得が500万円なら、500万円のときの税率を探して計算できます。
ただし、この表からは探せません。
EX IT SS 1

探すのは、あくまで「5,000,000」という数字だからです。
そこで、表をこのように作ります。

EX IT SS 10
これなら、500万円のときは、330万円超695万円以下で、
5,000,000×20%ー427,500=572,500
です。

こういった数式を入れます。

EX IT SS 9

5,000,000×20%ー427,500=572,500
は、
G3×20%ー427,500=572,500
です。
この20%と427,500をVLOOKUP関数で探してきます。

■スポンサードリンク

[20%]は、G3(5,000,000)を、表(A14からC20の範囲)から探し、2列目を表示するので、
VLOOKUP(G3、A14:C20、2、TRUE)
です。

[TRUE]にするのは、探している数値(この場合、5,000,000)の数値に近いものを探し出すためです。
(指定しない場合もTRUEになります)
[FALSE]だと、完全に一致しているものを探し出します。

5,000,000の場合、3,300,000を超えていて、6,950,000は超えないので、3,300,000の行の[20%]を探し出してくるというしくみです。
「近いもの」(近似値)というのは、「探している値を超えていないもので最大の値」と意味します。

EX IT SS 12
[427,500]も同様です。

では、表の数値と一致する3,300,000のときはどうなるのでしょう。
この表で考えると、195万円超330万円以下で、3,300,000×10%ー97,500円=232,500円となります。
EX IT SS 1

厳密には、VLOOKUP関数で使う表は、こうなるのですが、
EX IT SS 13

3,300,000×10%ー97,500円=232,500円
でも、
3,300,000×20%ー427,500円=232,500円
でも結果は変わらないので、この表を使っています。
EX IT SS 10

VLOOKUPの結果も232,500円です。
EX IT SS 11

会社員の場合のExcel所得税計算

会社員の場合は、給料(賞与含む)の額面金額(給与明細の支給金額の合計。交通費は除く)から、給与所得控除という経費を引きます。

この給与所得控除の計算に使うのもVLOOKUP関数です。
このように計算します。
EX IT SS 15

給与収入500万円の場合、180万円超360万円以下の区分なので、500万円×20%+54万円=154万円が給与所得です。

給与収入500万円から給与所得控除154万円を引いたものが、346万円。
さらに、社会保険料(健康保険、年金など)、生命保険、扶養、基礎(誰にでもある38万円の控除)の合計(所得控除113万円)を引いたものが、課税所得(233万円)です。

この課税所得に、前述のVLOOKUP関数を使えば、所得税(13万5,500円)を計算できます。
EX IT SS 16

なお、給与所得控除は、今後変更されていくので注意しましょう。
要は、ちょっとずつ増税されているのです。
平成28年分からは、年収1,200万円以上の人、平成29年分からは、年収1,000万円以上の人が増税となります。
VLOOKUP関数の対象範囲も変更しなければいけません。
(自動的に変更できるしくみもありますが、今回は入れていません)
EX IT SS 17

個人事業主(フリーランス)の場合のExcel所得税計算

個人事業主(フリーランス)の場合は、まずは、事業の収入、つまり売上高(500万円)から経費(300万円)を引き利益を出します。
さらに、青色申告の場合は、最大65万円の控除(控除後がマイナスになるなら、0になるまでしか引けない)をひいたものが事業所得(135万円)です。

その後、所得控除(113万円)を引き課税所得(233万円)を計算したら、VLOOKUP関数で所得税(1万1,000円)を計算できます。

EX IT SS 20
※サンプルでは、課税所得が0だったら所得税は0というIFを入れています

以上のしくみをExcelで作ってみると、税金のしくみが理解でき、試算・シミュレーションに使えるので便利です。

VLOOKUPのTRUEは、他の条件分けにも使えますし、
【関連記事】IF関数よりもかんたんなVLOOKUP関数で条件を判定する方法 | EX-IT
リンク

毎月の源泉所得税計算にも使えます。
【関連記事】ひとり社長のExcel給与計算。源泉所得税はVLOOKUP関数で計算 | EX-IT
リンク

サンプルはnoteで販売中です。

EX-ITサンプル 所得税試算.xlsx





■スポンサードリンク
【編集後記】

昨日は、午前中、ソフマップにいろいろ引き取りに来てもらいました。
ディスプレイ2台、プリンタ、プロジェクタースクリーンです。
スッキリしました。
買取でいい値段がつくといいのですが、まあ引き取ってくれるだけでもありがたいです。

午後からは、個別コンサルティング。
個人事業主の方のfreeeの設定、確定申告準備をメインに。

夕方に友人とお茶して、夜は、俺の揚子江に行ってから、レスパスでやせる護身術。不思議な先生でした(^_^;)

※2/28のWordPressブログ入門セミナー、日付を誤っていました。
2/28(日)に開催します。
http://www.ex-it-blog.com/wordpressseminar/

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

俺の揚子江
レスパス やせる護身術




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』