Excel2016(Windows)レビュー。Excel2013との違い・改善点

Windows版の新しいOffice、2016のうち、Excel2016の製品版について、気づいた点を書いてみました。

EX IT SS 19

Excelのバージョン

Windows版のExcelのバージョンは、
2003
2007
2010
2013
とあり、今回の最新バージョンは、2016です。

これがExcel2013で、
EX IT SS 28

これがExcel2016。
標準の色の設定が変わったので、Excel2013は画面上部が白、Excel2016は緑になりました。
EX IT SS 29

ちなみにMac版Excelの最新バージョンも2016です。
EX IT SS 34

Mac版は、2004→2008→2011というバージョンがあり、Windows版よりも後に発売されていましたが、今回はMac版も2016になりました。
(名称が同じでややこしいのですが)

【関連記事】Mac版Excel2016レビュー。Excel2011とはここが違う! |EX-IT
リンク

Excel2016の新機能で気になったもの

Excel2016の新機能で気になったものを挙げてみました。
このほか、データ連係がやりやすくなっています。

[開く]が使いやすく

開く(Ctrl+O)のメニューが見やすくなりました。
ここには、最近使ったブック(ファイル)が表示されます。
Excel2013はこうでした。
EX IT SS 11


■スポンサードリンク


Excel2016は、このように、[固定]、[今日]、[先週]、[しばらく前]と区分けされて見やすいです。
赤囲みのピンをクリックすれば、固定表示できます。
よく使うファイルは、固定しておきましょう
EX IT SS 10

ピボットテーブルに検索窓

大好きなピボットテーブルは、毎回ちょっとずつ改善されています。
今回も改善されていました。

Excel2013にはなかった検索窓が、
EX IT SS 5

Excel2016につきました。
ここでフィールド(項目。日付、顧客名など)を検索して追加できます。
このくらいの量のフィールドなら問題ありませんが、かなり大量のフィールドがある場合、検索できると楽です。
EX IT SS 4

ピボットテーブルで日付データが使いやすく

Excel2013では、日でピボットテーブルを作り、これを月や年にするには、グループ化という操作が必要でした。
EX IT SS 7

【関連記事】Excelピボットテーブルで、日々のデータを、年月別・期(事業年度)別に集計する方法 |EX-IT
リンク

Excel2016では、このように自動で月別に表示され(年のデータがあれば年別に)、
EX IT SS 6

クリックすると、詳細を確認できます。
操作の手順が減り、楽です。
EX IT SS 40

ピボットグラフでドリルダウンできるように

Excel2016では、ピボットテーブルからグラフを作り、そのグラフ上で、詳細データに切り替えることができます。
年別のグラフを、
EX IT SS 8

月別にできるのです。
この逆も可能です。
EX IT SS 9

操作アシスト(Tell Me)

日本語では、[操作アシスト]、海外版では、[Tell Me]という機能がつきました。
(ショートカットキーはAlt+Qです)

「グラフ」と検索すると、該当のメニューがでてきて、クリックすれば実行できます。
EX IT SS 14

「書式」と検索したり、
EX IT SS 15

「マクロ」と検索したりするとこんな感じです。
これまでどおりヘルプを検索することもできます。
EX IT SS 16

スマート検索

上記の操作アシストで、さらにスマート検索をクリックすると、ネットから情報を検索できます。
EX IT SS 17

新しいグラフ ウォーターフォール

新しいグラフが追加されました。
上がExcel2016、下がExcel2013のメニューで、グラフのアイコンが増えています。
EX IT SS 38

ウォータフォール。
EX IT SS 41

このように、増減を示すグラフを作れます。
損益計算書で作ってみました。
・売上が減ったけど、売上原価も減って、売上総利益が増え、
・人件費、消耗品費などは減り接待交際費・支払手数料はちょっとだけ増え、経費全体が減り、
・結果的に営業利益が増えた
という流れを読み取れます。
EX IT SS 12

株価のチャートも作れるようになりました。

新しいグラフ サンバースト

サンバースト。
階層になっている表をグラフにできます。
内側は月別の売上、外側は、種類別の売上です。
見やすいのかどうか微妙ですが・・・。
使い方は要研究です。
EX IT SS 25

新しいグラフ ツリーマップ

ツリーマップ。
EX IT SS 22

階層になったデータを面積で表現してくれます。
いろいろと試してみましたが、これもちょっと微妙で、要研究です。。。
EX IT SS 13

予測シート

このように1月から8月までの売上のデータを準備し、[データ]→[予測シート]をクリックすると、
EX IT SS 1

メニューがでてきて、
EX IT SS 2

設定後、このような予測を表示してくれます。
EX IT SS 3

[濃い灰色]がより濃く

Excel画面の色は、オプション(Alt→T→O)の[基本設定]→[Officeテーマ]でへこうできます。
Excel2013は、[白]、[薄い灰色]、[濃い灰色]でした。
標準は[白]です。
EX IT SS 27

Excel2016は、[カラフル]、[濃い灰色]、[白]で、EX IT SS 31

標準は[カラフル]で、こうなります。
EX IT SS 29

[濃い灰色]は、Excel2013ではこんな感じでしたが、
EX IT SS 33

Excel2016では、より濃くなりました。
EX IT SS 30

[共有]ボタンが付いた

Excel2016は、右上に[共有]ボタンが付き、クラウド上に保存していれば、より簡単に共有できるようになりました。
設定すれば編集もできます。
EX IT SS 36

標準のフォントが変わった

標準のフォントが変わりました。
Excel2013(左)では、[MS Pゴシック]、Excel2016(右)では[游ゴシック]です。
EX IT SS 42

ただ、Windowsによっても見た目が違います。
同じExcel2013でも、左がWindows8.1、右がWindows10です。
EX IT SS 43

Windows8.1で比較すると、左がExcel2016、右がExcel2010。
やはりWindows8.1よりWindows10、Excel2013よりExcel2016がきれいです。
EX IT SS 44

Excel2013との併用は?

Excel2013とExcel2016を併用することはできるのでしょうか。
通常なら併用する必要はありませんが、私の場合は、セミナーや書籍、ブログの関係で両方が必要です。
Excel2007、2010、2013、2016を入れています。
EX IT SS 35

結論からいうと併用できますが、同時に使うことはできません。
Excel2013を立ち上げた状態で、Excel2016のアイコンをクリックすると、Excel2013が立ち上がり、Excel2016を立ち上げた状態で、Excel2013のアイコンをクリックすると、Excel2016が立ち上がります。

Excel2016を使っていてExcel2013を使いたいときは、Excel2016を終了させましょう。
Excel2013を使っていてExcel2016を使いたいときも同様です。
Excel2007やExcel2010は併用できます。
(Excel2013から少し仕様が変わったのがその理由と考えられます)

Excel2016を使うなら定額制(1年分なら11,581円。月額も可)のOffice365、

ダウンロード版(最も安くて29,800円)があります。





【編集後記】
11月はじめに行くロタ・トライアスロンの書類が届きました。
一度行ってみたいと思ってまだだったロタ(グアムの近く)。
海がきれいだということで楽しみです。
帰りにはグアムに寄ってきます。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

Amazonパントリー
TAVERNA UOKIN

■スポンサードリンク

■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』