Excelマクロを書くときに便利なショートカットキー

Excelマクロ(VBA)を書くときは、ショートカットキーを使うと便利です。
効率化を目指すなら、効率的な操作を目指しましょう。
IMG 2640
※コワーキングスペースにて iPhone 7 Plusで撮影

Excelマクロはキーボード入力

Excelマクロ(VBA)は、プログラミングであり、文字を打っていくものです。
このように、VBEというソフトで、ひたすら打っていきます。
(コピーやスニペットを使うこともありますが)

EX IT 18

キーボードで入力する以上、キーボードで操作を完結させたほうが効率的です。
マウスに手を伸ばすと、その分のロスがあります。

マウスで選択しようとすると、きれいに選択できないことも多いです。
ショートカットキーを使うくせをつけましょう。

EX IT 19

Windowsキー+←(→)で見やすく

まずは、Windowsキー+←(→)がおすすめです。
このショートカットキーは、ウィンドウを左や右にそろえてくれます。

この状態(マクロを書くVBEにカーソルがある)で、Windowsキー+←を押せば、

EX IT 20

マクロを書くVBEが左側に寄ります。


■スポンサードリンク


EX IT 21

(後述するAlt+F11でExcelへカーソルをうつし、ExcelもWindowsキー+→で右に寄せれば、

EX IT 22

このように、マクロを書くVBEとExcelがきれいにそろうのです。
Excelを確認しながらマクロを書くことができます。

EX IT 23

デュアルディスプレイを使っていれば、ディスプレイとPCにそれぞれ表示させるとより書きやすくなりオススメです。

Excelマクロを書くときに便利なショートカットキー

Excelマクロを書くときに私が使っているショートカットキーには次のようなものがあります。

※ +は同時押し、→は1つずつ順番に押す

Alt+F11 VBEの起動 VBE→Excelの切り替え
Alt→I→M 標準モジュールの挿入
F5 マクロの実行(一括)
F8 マクロの実行(1行ずつ)
Home→Shift+↓ 行の選択[※1]
Ctrl+C コピー
Ctrl+X 切り取り
Ctrl+V 貼り付け
Ctrl+y 1行削除(やり直しがきかない)
Tab インデント設定(一段階) 候補の決定
Shift+Tab インデント解除(一段階)
ESC マクロの中断
Alt→T→O オプション
Alt→R→R マクロ実行のリセット
Ctrl+S 上書き保存

※1 HOMEキー(ない場合はfnキー+←)を押せば、カーソルがプログラムの先頭→行の先頭に移動します。
EX IT 24

行の先頭でShift+↓を押せば、きれいに行を選択できるのです。
EX IT 27

さらに下を押していけば、複数行を選択できます。
コピー、切り取り、タブをつけるときなどに便利です。

EX IT 28

Excel側で使うショートカットキーもマクロを書くときに役立ちます。

Ctrl+S 上書き保存
F12 名前をつけて保存
Ctrl+Tab Excelのウィンドウの切り替え
Alt+F8 マクロの表示
Ctrl+Pageup(Pagedown) シートの切り替え

マクロの実行を好きなショートカットキーに割り振ることもできます。

Excelからマクロを書くには、

1 Alt+F11 でVBEを起動

2 Alt→I→M で標準モジュールを挿入

3  マクロを書く または コピーする

という流れです。

この初期設定もすませておきましょう。


【編集後記】

近くの区民プールが100円値上げになり、500円となりました。
きれいですしすいているし、しかたありません。
が、冷たいシャワーは改善してほしいなぁと。。思っています。
なかなか温まりません。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

セガフレード 台場店

【昨日の娘日記】

あやしているうちに寝てしまって静かだと、「大丈夫かな?息しているかな?」と心配になることがあります。
慣れなんでしょうけど、いまだにドキッとすることも。。

■スポンサードリンク

■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』