「知ってもらう」ためだけにブログを毎日やる

食べていくには、買っていただかなければいけません。
その前提として、「知ってもらう」ことだけを考えて毎日を過ごしています。
IMG 4307
※大阪のホテルにて iPhone 7 Plusで撮影

「買ってもらう」よりも「知ってもらう」

「買ってもらう」
自分が提供するモノ・サービスとお金を交換していただくことです。

食べていくにはお金が必要であり、買ってもらうことが欠かせません。

ただ、
「買ってください!」
「おすすめです!」
「絶対損しません!」
というのは、好みではありませんし、自分が逆の立場だったら買う気がなくなってしまいます。

そもそも買っていただく前にやることがあるはずです。
それは、「知ってもらう」こと。

買う前に、知ってもらっていないと、買うまでにも至りませんし、売っていない、もっといえば、独立していないのと同じです。

だからこそ、知ってもらうことだけを考えています。
このブログも、「知ってもらう」の一環です。

自分・メニュー・必要性を知ってもらう

じゃあ、何を知ってもらうのかと考えると、次の3つのものがあります。

1 自分

自分がどういう人間で、何を考え、何をしているか、何を知っているか、何ができるかということを知ってもらわなければいけません。

期待値を上げすぎてもいけないですし、期待値がなさすぎてもいけないものです。
・プロフィールを細かく書く(何ができるかを冒頭に)
・自分の考えをスパッと書く(他人の考えではなく)
・自分の行動も織り交ぜて書く
といったことを意識しています。


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

まとめると「こういうやつだ」ということを直接ブレなく伝えるということです。

2 メニュー

何を提供していて=売っていて、いくらなのか、どういう内容なのかを知ってもらわなければいけません。
よっぽどの有名人なら、メニューを提示しなくても、仕事が来ます。
ただ、そうでなければ、何をいくらで買えるのかを示さないと、買われないでしょう。
私も有名児ではないので、地道に提示しています。

自分を知ってもらったとしても、じゃあ、どうやって頼めばいいのか、何を頼めばいいのか、いくらなのかがわからないと、面白い人、ためになる人で終わってしまいます。

ただ、売り込みはしません。
知ってもらうだけです。
無理に買ってもいただいても、意味がありませんし、長くは続きません。

おいしいお菓子があり、おすすめのものがあったときに、「これ、おいしいから食べて!食べて!」と相手の口に放り投げるような商売もあります。
私が意図するのは、そうではなく、おいしいお菓子がなぜおいしいか、なぜおすすめなのか、どういう人におすすめなのか、いくらなのかなどを説明して置いておくようなものです。

ただし、確実に知ってもらうようにしています。
画面上部にメニュー(固定ページを作り、[外観]→[メニュー]で設定)
EX IT

すべての記事の下部にあるメニューも知ってもらうためにやっていることです。
EX IT 2

このメニューは、WordPressのプラグインQuickAdsenseを使っています。
プラグインを入れ、有効化し、ダッシュボードの[設定]→[QuickAdsense]で、たとえば、「Ad2」を「End of Post] (記事の下)に表示すると設定し、
EX IT 3

Ads2の欄に文章やコードを入れれば、今まで投稿したすべてに挿入できる機能です。
※Ads2は私がそうやっているだけで、通常はAds1で大丈夫です。
また、欄の右にある、alignmentは、標準では「中央」になっています。中央揃えという意味ですので、「なし」にしておきましょう。

EX IT 4

コードを打つのは大変なので、ダッシュボードの[投稿]→[新規追加]で記事を書くようにして挿入したい文章やメニューをビジュアルタブで入力し、
EX IT 5
テキストタブにあるコードを貼り付けましょう。
EX IT 6

こうすれば、最新のメニューをブログの全記事へ表示できます。
蓄積している記事、そして読まれる確率(検索)を上げておけば、知ってもらえる機会は飛躍的に増えていくでしょう。

3 必要性

1の自分、2のメニューが自分にとって必要かどうか、買うに値するかどうか。
そして、買わなくてもいいかどうかの判断材料は必須です。

これは日々の記事の中で、文章として表現していきましょう。
私もこういうことを知っている、こういうことをやっている、だからお役に立てる可能性がある、またはお役には立てませんということを示しているだけです。

知ってもらうための工夫を毎日やる理由

知ってもらうためなら、広告を出したり、紹介を頼んだりすればいいのでは?と思われるかもしれません。
広告や紹介はブレがあります。
意図せずして売れてしまうこともあり、そうなってしまうとお互いにとってよくありません。
だからこそ私はブログを選んでいます。

しかも毎日やるのは理由があるからです。
それは自分を知ること。

「自分を知ってもらう」といっても、そもそも自分が自分のことを知っているかどうか。
何が得意で、何が好きで、何が嫌いで、何ができて、何を知っているかを自分が知っていなければ、知ってもらうことなどできません。

文章を書いていれば、「あれ、これって本当に好きなのか?」と気づいたり、「あ、これは自分が好きなことだな」と感じたり、「うーん、昔は好きだったけどもう好きじゃないな」と思ったりすることもあります。

この自分の変化に気づかず、ずっと同じメニューを売っていれば、そこにミスマッチが起きるのは当然です。
自分のことを知るためにも毎日やる価値はあります。

自分をある程度知った上で、知ってもらうのと、そうでない状態で知ってもらうのとでは、出すものや出し方が変わってくるはずです。

「知ってもらう」というのは、数を増やす・有名になるというのではなく、知ってもらう精度を高めることだと思っています。
意図しない仕事が来るのは、その精度が甘いからです。
精度を高めることを意識するようになって、仕事の依頼の精度は間違いなく上がりました。

「買ってもらう」を考えすぎると、ブログは続かなくなり、「知ってもらう」がおろそかになってしまいます。
「知ってもらう」を、自分に合った方法で、毎日徹底的にやっていきましょう。


【編集後記】

昨日の朝、大阪城近くのホテルから、新大阪へ向かい新幹線で東京へ。
そのまま私は品川で仕事して、その後、個別コンサルティングでした。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

ホテルニューオータニ大阪 朝食ビュッフェ
娘と新幹線
塚田農場の弁当
品川 カフェTAMEALS
PSVR Farpoint

■スポンサードリンク

【昨日の娘日記】
大阪遠征、行きはセミナー開催のため先に向かったので別々。帰りは娘も一緒に新幹線で。
おとなしくしてました。

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』