人生を変えるための攻めのスキル【プレゼン】〜『最大のチャンスと最高の評価を手に入れる!小室淑恵の人生プレゼン術』〜

ワークライフバランスを提唱する小室淑恵さんの本はよく読みます。
今回読んだ本をおもしろい本でした。
特に会社員の方へおすすめです。
DSC01510

こつこつやっても評価されない

会社にいると、それなり不満はありますし、おかしいと思うことはあります。
それでも会社に(上司に)評価されないと、その不満やおかしなことを変える力は身につきません。

『踊る大捜査線』で、「(警察を)変えたいなら、えらくなれ!」という台詞がありましたが、まさにそのとおりだと思います。
今は脱線してしまいましたが、会社に勤めていたとき、私も、評価される、えらくなる、権限をもつことを常に意識していました。
ただし、【評価を得る】というと、ご機嫌をとったり、よいしょしたりするわけではありません。
あくまで仕事で評価を得なければ意味がないですし、自分の力にならないでしょう。

仕事での評価を考えたとき「こつこつやっていれば誰かが評価してくれる」と思っていても現実は厳しく、決して評価はされません。
(これは独立している今はより強く感じます。)

『最大のチャンスと最高の評価を手に入れる!小室淑恵の人生プレゼン術』でも、

「自分が意思決定に関わるチャンスを得るには、とにかく失敗せず、上に好かれるように、我慢のときを過ごすしかない」  こんなふうに考え、“〝順番”〟を待っている人もいることでしょう。すると当然、行動も守りに入り、保守的になります。上の機嫌を窺いながら「待ち」の人生を重ねることで、最も大切な希望や情熱を失ってしまうことにもなりかねません

と書かれてみました。
「待ち」ではなく、「攻め」が必要なのです。
「責め」ではありません。会社や上司だけを攻撃しても何も変わりません。

自分自身をプレゼンする

では、「攻め」といっても、どうすればいいのでしょうか?

あなたが自分自身を上手にプレゼンできるようになれば、どんな組織にあっても、あなたの有能さは正しく評価され、やりたいことに大きく近づけるはずです。

とあるとおり、自分自身のプレゼンが必要です。

プレゼンというと、商品やサービスの説明を意味し、普通に働いていたらいらないと思われるかもしれませんが、誰しもが身につけるべきスキルといえます。

・自分に何ができるのか
・何ができないのか
・何が得意なのか
・何が苦手なのか
・どういう仕事がしたいのか
などを、うまくプレゼンし、上司に伝える必要があります。

ちょうど、先日、働いている税理士受験生限定のセミナーを行いました。
そこでも、上司へのプレゼン方法について話したところです。
話した手法は、A4用紙1枚で、自分の知識やスキルをまとめること。
わかりやすくまとめる、解説するには、1枚にまとめるクセをつけておくと便利です。

人生のうち仕事に費やす時間は長い

人生のうち、仕事に費やす時間は長いです。

8時間働くなら、24時間のうち3分の1
週5日働くなら、7日のうちの7分の5
365日あるうちの約200日〜300日
80年生きるとしたら、約40年

「どんな人生をいきたいか」と考えると、「どんな仕事をしたいか」を考えざるをえません。

やりたい仕事をし、仕事を楽しむためには、プレゼンスキルは必須なのです。

まずは、今の会社で、プレゼンし、それでもダメなら他の会社にいくしかないでしょう。
それでもダメなら。。。私がいるこちらの世界をおすすめします(^_^;)
こちらの世界でも、やはり自分プレゼンは大事です。

SFT(社会不適合)を自覚していたら、何か行動を起こすべき | EX-IT





【編集後記】
アイアンマンに向けて、念のため歯も治療しておこうと歯科へ。
引越後で、はじめていったところでしたが、いい感じでした。
夜は、チームメイトと出陣式。
アイアンマンまで、あと5日!

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

自宅近くの歯医者
ちょっと離れた駅から歩いて帰った
自宅近くのベローチェ
うしごろバンビーナ
カルビープラスのポテチ