疲れない・効率UP!トラックボールマウスMXTB1s(MX ERGO)・M570tの比較

554

トラックボールマウスの新型が出ました。
お気に入りのロジクールM570tの後継機です。
IMG 0534
※自宅にて iPhone 8 Plus

トラックボールを使う理由

マウスを使うなら、トラックボールマウスを使います。
というよりも、トラックボールしか選択肢にありません。

その理由は、操作性です。

ボールで操作するトラックボールマウスは、すばやくカーソルを操作できます。
IMG 0400

手でマウスを動かすよりも、格段に速く、そして負担がありません。

疲れがないというのもマウス選びのポイントです。

トラックボールMX ERGOとM570tの比較

これまでのベストマウスは、ロジクールM570t。
その後継機ともいえるマウス、ロジクールMXTB1s(MX ERGO)が2017年9月に誕生しました。

左が新型のMX ERGO。右が旧型のM570t。
この2つを比較してみます。
IMG 0541

価格

まず価格を比較。

新型MX ERGOは、Amazon価格で12,644円。
旧型M570tは、Amazon価格で4,104円。
その差は、約8,500円。

結構な差です。
これから買う方は悩むことでしょう。

ただ、私は、両方使ってみて、この8,500円差を出してでもMX ERGOをおすすめします。
M570tを持っている方も、これから解説するポイントが気に入れば、買い替えてみましょう。

日々使うPC。そのPC操作に投資する価値は十分あります。

Bluetooth

MX ERGOは、Bluetooth接続になりました。
(USB接続もできます)

このレシーバーがいらないんです。
これだけでも、MX ERGOを選ぶ価値、M570tから買い替える価値はあります。
USB端子が少ないPCもありますし、MacBookは、USB端子がTypeCで、通常のUSB機器はアダプター無しでは使えません。

IMG 0542

Bluetoothで使えるほうが便利なのです。
USB端子が使えるとしても、このレシーバーを差しているのかっこよくありません。
レシーバーをなくすリスクもあります。

Bluetoothなら、PCを立ち上げればすぐに使えるようになり、快適です。
(最初だけ設定=ペアリングが必要です)

充電式

MX ERGOは充電式です。
1回の充電で4ヶ月持ち、1分の充電で1日使える高速充電にも対応しています。

M570tは、電池式でした。
エネループを使うとはいえ、充電式のほうが気軽です。

角度変更

MX ERGOは、マウスの角度を変えることができます。

裏側にこういう鉄製のパーツがあり、
IMG 0555

マグネットでつけて、角度を0°と20°で変更できるのです。
IMG 0556

これが0°で、
IMG 0537

20°だとこうなります。
微妙な違いですが、20°のほうが、ボールを操作しやすく、右手の右側に重心があるので手が楽です。
IMG 0539

前から見ると、このくらい傾いています。
IMG 0540

大きさ・重さ

MX ERGOは、大きくなりました。
横から見ると結構な差です。
重さはMX ERGOが440g,M570tが277g。
重くなっているは確かです。
IMG 0557

この大きさと重さがネックになる可能性もあるので、実物を確認したほうが無難でしょうね。

もし、小さくてBluetoothのトラックボールマウスで、操作性もいいものを使うなら、このDigio2 Q 極小 トラックボールもあります。
カラーバリエーションも豊富です。
Amazonでは6,000円程度で売っています。
IMG 0543

スクロールボタン

MX ERGOのセンターのスクロールボタンは、M570tよりも多少良くなったとはいえ、ベストではありません。
ここは妥協点でしょう。

ただ、このボタンを左右に押すことで、左右スクロールができるようになりました。
IMG 0554

ゆっくりモード(プレシジョンモード)

トラックボールマウスは慣れるまでは大変で、ゆっくり動かしたい、細かく指定したいときにも慣れが必要です。
MX ERGOのプレジションモードにすれば、カーソルがゆっくり動くようになります。
ボール上のボタンがそのボタンです。
IMG 0549

2台のPCを操作できるFLOW

MX ERGOは、2台のPCを操作できるFLOWという機能も使えます。
左がMacBook、右がSurface Laptop(Windows)。
右のSurface Laptopにカーソルがある状態で、左側へ動かしていくと、
IMG 0546

右のMacにカーソルが移ります。
IMG 0547

動画も撮ってみました。

このFlowを使うにはロジクールのサイトからソフトのダウンロードが必要です。
http://support.logicool.co.jp/ja_jp/product/mx-ergo-wireless-trackball-mouse/downloads#macPnlBar

このソフトで、ボタンの機能設定や、スクロールのスピードを変えることもできます。
EX IT

キーボード×マウス

性能のいいマウスに投資するのは、「マウス」の操作性を上げるためです。
PC全体の操作効率は、キーボードとマウスで決まります。

マウスに投資しつつ、キーボードスキルにも磨きをかけましょう。
・タッチタイピング(両手の5本指でキーボードをみないで打つ)
・ショートカットキー(キーボードの組み合わせで操作する)
への投資は欠かせません。

あくまで、キーボード×マウスで決まることを意識しておきましょう。

キーボードだけですべての操作ができればいいのですが、そうもいかずマウスを使う場面もあります。
その限られた場面の操作性を最大限に上げるためにも、トラックボールマウスへの投資はおすすめです。


【編集後記】

昨日は、朝、豊洲のレンタカー屋へトライアスロンバイクでトレーニングがてら。
日曜日のトライアスロンのためにレンタカーを視察してきました。
家族で車で行きます。

その後、ランで銀座へ行き(7km)、AppleStore銀座でセミナー受講、その後目黒で個別コンサルティングでした。
ブログを書くのに時間がかかりすぎましたが、なんとか。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

九段下 爽
Today at Apple iPhoneとiPad中級
銀座松屋 古市庵

【昨日の娘日記】
一時期、ほっそりしてたのですが、離乳食をよく食べるので、再びふっくらと。
まあ、よく食べるのはいいことです。

Spread the love