MacBook (12インチ・Retina)。うすさ・かるさ・うつくしさの犠牲となっている6つのこと

920gで薄い新しいMacBookのレポートです。
その軽さと薄さとその美しさの犠牲になっているものは、確実にあります。
MacBook4

軽くてうすい!MacBook

新しいMacBookは、薄くて軽いのが特徴です。

・高さ(厚み) 0.35cmから1.31cm
・重さ 0.92kg(920g)
MacBook5

それでいて、12インチでかつ、Retinaディスプレイ(高解像度で、細かくきれいに表示できる)です。

11インチのMacBookAir(厚み 0.3cm〜1.7cm)、重さ1.08kgと比べると、わずかな差ですが、かなり軽く、薄く感じます。
通常のディスプレイのMacBookAirは、画面が小さく、特に縦がせまく感じるのですが、MacBookではそんなことはありません。
Retinaディスプレイはやはりきれいです。

色は、ゴールド、スペースグレイ、シルバーの3つ。
グレイとゴールドで悩んだ末、ゴールドにしましたが、やはり美しいです。

処理速度もまずまずで、Parallels Desktopを使って、Windowsを入れて使っています。
(Windows10とExcel2013)
スクリーンショット 2015 05 04 5 56 36

うすさ・かるさ・美しさの犠牲になっている6つのこと

ただ、その軽さ・薄さ・美しさで、犠牲になっているものがあります。

1 値段が高い

消費税8%込みで160,704円というのは、やはり高いです。
・5万円安く(111,024円)けど性能が低い11インチMacBookAir
・大きくて性能がいいけど、8万円高い(242,784円)の15インチMacBookPro
などと悩むかもしれません。

今回は品薄だったため、いつものヤマダ電機(10%ポイント還元)ではなく、ヨドバシカメラ(5%ポイント還元)で買いました。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


2 USBはTypeCだけ

MacBookには、通常のUSB端子がありません。
USBのTypeCという新しい規格の端子が1つだけです(ヘッドフォン端子はあります)。
IMG 2309

電源の端子すらなく、USB-C端子とケーブルとアダプターをつないで充電します。
このアダプターは、通常のACアダプターよりも小さく、便利といえば便利です。
MacBook2

ただ、通常のUSB端子がないのはいろいろ困ります。
・iPhoneを充電できない
・iPhoneから写真を取り込めない(Wi-Fi経由かメール送信など)
・プリンターを有線でつなげない
といったデメリットがあります。

通常のUSBかUSB-Cへの変換ケーブルが売っているので(2,000円ちょっと)、買っておいたほうがいいかもしれません。

USBメモリが使えないというデメリットもあります。

3 SDカードスロットがない

SDカードスロットもありません。
(Airにもありませんが)

デジタル一眼カメラから写真をさっと取り込みたいときに不便です。
(Wi-Fi経由で取り込むしかありません)

4 Thunderbolt端子、HDMI端子がない

Thunderbolt端子もないので、
・プロジェクターにつなげる(変換アダプタは必要)
・デュアルディプレイができない
・有線LANでつなげない
ということになります。

HDMI端子もないです(Airにもありません)。
同様に、プロジェクター、デュアルディスプレイにつなげません。

使うなら、Wi-Fi経由でディスプレイにつなげる方法があります。
AppleTVを使えば、できますが、処理速度の問題で、MacBookだと反応がちょっと遅れます。
(別途レポートします)

■スポンサードリンク

HDMIなどをつなげるアダプタもありますが、1万円弱です。

5 キーボードがうちにくい

キーボードはこんな感じで、薄いです。
凹凸が少なく、キーボードの幅もせまいのですが、すぐ慣れました。
MacBook1

人によっては、つかいにくいと感じるかもしれません。

6 処理速度が遅い

CPU性能、メモリ性能がそれほど高くないため、やはり処理速度は落ちます。

スペックからすると「意外とはやい」とは思いますが、
・サイズの大きなファイルを開くとき
・Excelマクロで、ちょっと重い処理をするとき
・ネット(ブラウザでサイトをみる)
といった場面で、一瞬の遅れを感じることも多いです。

ただ、これは、私が普段フルスペックのMacBookProを使っているからであって、実用レベルではあります。

(前述のとおりParallels DesktopでWindowsも動きます)

こんな方におすすめ!

メインPCとしては、やはりおすすめできません。
・他のメインのPCがあって、Macを体験してみたい
・外で使う用にしたい
・とにかく軽くて薄いのがいい
という方なら、

軽さ・薄さ・美しさ > デメリット

となるかと思います。

軽くて薄いMacで比べるなら11インチのMacBookAirと悩むところですが、画面のうつくしさ・大きさから考えると、12インチのMacBookがおすすめです。
(高くなり、デメリットはありますが)
※品薄ですが、ヨドバシ.comで注文していたら届きました。AppleStoreよりもはやいかもしれません。
スクリーンショット 2015 05 04 5 55 10

こちらの記事も参考にしてみてください。

【関連記事】MacBookより1kg重いけど、仕事にはMacBookPro Retina15インチが断然おすすめ。 | EX-IT
リンク





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日から富士山の裾野で、1泊2日のトライアスロン合宿です。

なかなかハードな1日が終わりました。。
5時に起きてロビーでブログを書いています。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」
トライアスロン 富士合宿




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』