新しいメニューをつくるなら、自分が欲しかったメニューをヒントに

新しいメニューをつくりたいけど、なかなか・・・と思う方向けに、「自分が欲しかったメニュー」をヒントにしてみてはどうだろう?という記事を書いてみました。

※カフェにて iPhone 7 Plus+Photoshop

新しいメニューをつくらなきゃ

このままでいいのかな
何か新しいメニューをつくらなきゃ
と思っている方も多いでしょう。

私も常にそう考えています。

AIとやらがどうなるかわかりませんし、法律改正に影響があるかもしれませんし、画期的なサービスが生まれる可能性もあります。

吹けば飛ぶ「ひとりしごと」。
様々な可能性を考えて、リスクを減らしておくべきです。

・市場にないもの
・自分にしかできないもの
・機械にできないもの
・大企業じゃできないもの
そして、
ニースがある、つまり欲しいと思っていただけるものを新たに提供していかなければいけません。

自分が欲しかったメニューをヒントにする

とはいえ、どんなメニューをつくればいいか。
悩んでしまいます。

私が新しいメニューをつくるときに、ヒントにしていることの1つは、自分が欲しかった・欲しいメニューです。

過去の自分や今の自分が欲しいメニューを自分で提供すれば、その気持ちがわかりますし、メニューを提供するときにも役立ちます。

昔、こういった投稿をしていました。
(FacebookとTwitterに)
EX IT


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

2011年10月20日の投稿です。
当時はブログをアメブロでやっており、いま運営しているWordPressへ移行しようと考えていました。
投稿自体は、10月ですが、8月ごろから研究は続けており、結果的に移行したのは11月8日。
わからないことも多く、「教えてくれるようなセミナーないかな」と考えていました。

セミナーやコンサルティングを探しに探したんですけど、なかったのです。
WordPressでブログをやっている人はいましたが、セミナーはやっていませんでした。
本はありましたが、実際に運営している=ブログを書いている人が書いたものではないので、それほど参考になりません。
自分でやらざるを得ませんでした。

このときの思いがあるので、今のメニュー、WordPressブログ入門セミナーがあります。

一方で、自分が欲しかったメニューで、実際に利用したものも多いです。
セミナー、本、コンサルティング、動画教材、音声教材などを利用してきました。
そのときにいいと思ったからこそ、自分でも提供しています。

継続でお願いするのではなく、単発で必要なだけ教えて欲しいと思って利用してよかったので、今の個別コンサルティングというメニューができました。
本を出したり、ブログを書いたり、メルマガを書いたり、セミナーをやったりしているのも、「自分が欲しかった」「自分が欲しい」メニューだからです。

「この人に会ってみたいな」と思っても、メニューがなくて会えないケースも多く、残念に思うことがあります。
だからこそ、今後も、メニューは提供し続けるつもりです。
完全紹介制とか知る人ぞ知るってのもかっこいいかもしれませんけどね。

自分が欲しかったメニューは、そのメニューがなかった場合でもあった場合でも、自分のメニューのヒントになります。

自分が過去にどんなメニュー(モノ、サービス)を利用してきたか、思い返してみると、新たなメニューをつくるときに役立つので、やってみましょう。

そして、「今」欲しいメニューは、将来の新しいメニューになる可能性があります。
私のブログセミナーがそうだったように。
今欲しい、デザイン、写真関係は、私が将来メニューにするかもしれません。

メニューを出す店をもっておこう

新しいメニューをつくったら、それを知っていただかなければいけません。

飲食店なら、新しいメニューを出せばそれを注文してもらえます。
黒板にささっと書けばそれでメニューになるのです。

では、店がなければどうするか。
店を持てばいいのです。

このブログは、私の店です。
愛着があり、思いを込めていて、そしてメニューがあります。
新しいメニューをつくったら、ベージをつくってリンクを貼れば、その瞬間から注文していただけるというのは、まさに店といえるでしょう。

新しいメニューをつくる

新しいメニューを出す
というサイクルをすばやく回すことができるのは、ひとりかつ店を持っている者の特権です。

社内で会議して、根回しして・・ということをやらなくてもいいですからね。

実験的に出すこともできますし、実験的にえいやっと出したメニューほど当たったりもします。

・新しいメニューをつくる
・そのときに、自分が欲しかったメニューをヒントに
・メニューを出す場を持っておき、新しいメニューをすぐに出す
というサイクルをぐるぐる回していきまししょう。


【編集後記】
昨日は、ひとりしごと出版セミナーを開催。
出版という仕事、出版をやるべきか、注意点などをお伝えしました。
11月28日にも開催予定です。
(後日告知します)

【10/31までに300kmラン】
0km

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

ひとりしごと出版セミナー(という名称での開催)
グランツーリスモSPORT

■スポンサードリンク

【昨日の娘日記】
最近、抱っこをせがむのは妻ばかりで。。。
妻に抱っこされて私をニコニコ見るのがいいバランスのようです。
そういう時期がはじまったのかどうかですが。

■スポンサードリンク



■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

■1日1新 Instagram
@1day1new
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』