同じレースでトップを目指さず、自分なりのレースでトップを目指す

スポーツの世界でトップを目指すのは難しいです。
同様に、ビジネスの世界でトップを目指すのは難しく、「トップはとれない」と割り切っています。
IMG 8893
※お台場潮風公園にて

マラソン、トライアスロンでは、圧倒的な差をつけられる

スポーツでは、信じられないくらいの圧倒的な差をつけられます。

先日出た、ハーフマラソン。
2.1kmのコースを10周するもので、トップとは、3周以上の差をつけられています。
抜かれるときに目にするのは、信じられないスピードです。

同じ人間としてここまで差をつけられるのは、スポーツならではでしょう。

フルマラソン(42.195km)でも、私が必死に4時間を切っているところ、一般的な大会でトップは、2時間20分くらい。
42.195kmで、1時間半も差がつきます。

私がゴールする頃には、トップの選手は家に帰ってお風呂に入ってビールを飲んでいるのです。

全力を出し切った宮古島トライアスロン(スイム3.0km、バイク157km、ラン42.195km)。
13時間23分。制限時間7分までにぼろぼろでゴールしたレースで、トップは、7時間52分。

私がゴールする頃には、トップの選手は、お風呂入って遅めのランチをとってビール飲んで、夜ご飯食べて、もう寝る準備をしている頃かもしれません。

マラソン、トライアスロンは、こういったトップの選手と曲がりなりにも同じレースに出ます。
そこで圧倒的な差をつけられることは、いい学びです。


■スポンサードリンク


絶対に勝てない差はある

スポーツをやっていると、練習量が違う、センスが違う、才能が違うなど、様々な理由はあるにせよ、絶対に勝てない差というものを肌で感じます。

特に、順位や差を目で見て感じられる競争系のスポーツは、まざまざとその差を感じさせられるのです。

私の順位はだいたい真ん中からちょっと下くらい。
もちろん、そのタイムを上げる努力は続けますが、トップは到底目指せません。

無理にトップを目指そうとすると、力を出し切ってしまい、序盤でリタイアとなるでしょう。

世の中に、絶対勝てないものがあるということは常に意識しておいて損はありません。

自分なりのレースでトップを目指す

「ひとりしごと」は、ある意味、レースにほうりだされます。
・サービス
・商品
・価格
など、あらゆる競争が待ち受けています。

しかも、その相手は、大企業、中小企業、IT、AIなど様々です。

同じレースに出ていたら、トップは絶対とれません。
スポーツと同様、明確な差、絶対的な差はあります。

それなのに、独立当初の私もそうでしたが、トップをとりにいってしまいがちです。
トップをとらないと、少なくともトップクラスでないと、食べていけないと思ってしまいます。

トライアスロンをはじめた、2010年。
「スポーツでトップがとれない」ということを痛感し、仕事にあてはめてみました。

仕事でもトップをとれない。
でも、
スポーツと違って、仕事は自分でレースを作れる。
と。

マラソンもトライアスロンも、同じ場所で同じ時刻にスタートするから、圧倒的な差をつけられるわけです。

別の場所で、別の時刻にスタートすれば、競争しなくてすみます。
さらに、たった1人でレースを始めれば、競争しなくてもいいし、トップです。

まともにレースに出たらトップになれないと割り切り、競争を避ければ、気持ちは楽になります。

変にライバル視しなくてもすみ、
価格競争に巻き込まれなくてもすみ、
自分の好きなように工夫もできるようになるのです。

・税理士でトップ
・ブロガーでトップ
・Excelでトップ
といったものは目指していません。

税理士×ブロガー、Excel×税理士などといったレースを選んでいるだけです。
私のターニングポイントは、2010年。
トライアスロンをはじめたこともありますが、それにより「トップはとれない」と実感でき、仕事にあてはめたことも大きいターニングポイントでした。

自分なりのレースでトップをとれば、それはお客様の目にとまります。

自分なりのレースとは、強みをかけあわせた先にあるものです。
【関連記事】強みを100個書き出して、強みに気づき、強みを磨き、強みを増やそう
リンク

【関連記事】強みの組み合わせは可能性を広げるため。ワンピース×歌舞伎!
リンク

「トップになれない」というのを実感するためにも、マラソン、トライアスロンといったレースはおすすめです。
【関連記事】フリーランス・ひとり社長へのマラソンのすすめ&3大メリット
リンク





【編集後記】

昨日は、毎月のお客様との打ち合わせ。
社長がブログをスタートされていて、今後の更新が楽しみです。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

■スポンサードリンク

スタバ ネクタリンピーチフラペチーノ
自宅から田町までラン
コワーキングスペースのシャワー使用