PC故障リスクへの備え | スペア・バックアップ・環境設定スキル

昨日、メインPCのMacBookPro Retina15インチを修理に出しましたが、今日からサブPCで仕事ができています。
PC故障リスクには常日頃から備えておきましょう。
IMG 3794
※Appleストア銀座にて iPhone 7 Plusで撮影

PCは故障する

PCは機械。故障もあり、壊れるものです。
その理由には、トラブルもあれば、消耗もあります。

家電だと長く使えるものが多いものです。
TV、冷蔵庫、洗濯機。
こういったものと、PCは違います。
高性能、小型化を目指すゆえに脆い部分もあり、技術の進歩も家電と比べ物にならないくらい早いため、消耗も早いのです。

「高いお金払ったのに」
「長く使いたいのに」
と思わず、むしろ、壊れる可能性があるものと考え、そのリスクに備えましょう。

独立して10年弱。
これだけPCは壊れました。

・2008年 レッツノートY7 ディスプレイに映らなくなった
・2011年 MacBookPro データにアクセスできず
・2013年 MacBookPro トラックパッド不調 起動せず

ほぼ毎年、PCを買い替えているのも故障リスクに備えるためでもあります。
それでも10年で3回壊れました。

今回は、完全な故障ではなかったのですが、ディスプレイがこのように黄色くなります。
タイミングによってこれが広がってきたりもして、今後ますます悪化しそうでした。
IMG 3792

仕事には支障が少ないのですが、今後悪化することを考え、修理へ。
1週間ほどかかりますが(保証期間内で無料)、常日頃からPC故障リスクに備えていたので問題ありません。

PCが故障したときの対処方法

まず、PCが故障したときにどうすればいいかを確認しておきましょう。
・メーカーに問い合わせる
・販売店に問い合わせる
といった方法があるはずです。

保証期間もわかるようにしておきましょう。

Macの場合は、販売店ではなくすべてAppleで取り扱います。
提携の修理対応店舗(サービスプロバイダ)もありますが、直営店が近くにあれば、持ち込むのが早いです。
(電話やチャットで問い合わせてからでもかまいません)

Contact Customer Support

東京(銀座、渋谷、表参道)、仙台、名古屋、大阪のAppleStoreに行くなら予約してからいきましょう。
予約しないと平日でも待たされることもありますし、休日はほぼいっぱいです。
タイミングによってポコッと空くことがあるので、ちょくちょくみてみましょう。

スクリーンショット 2017 06 05 10 22 38

PC故障リスクへの備え

さらに、PC故障リスクに備えるため、次のようなことをやっておきましょう。

スペアを持っておく

できれば、スペアのPCを持っておくべきです。
修理の間、代車のように貸してくれるPCはありません。
その間、仕事ができないと大きな損失です。

PCを買い替えも売らずにとっておくのもいいでしょう。
今回、私は、MacBookPro Retina13インチを持っていたので、ほぼ問題ありませんでした。

iPadPro,iPhone 7 Plusだけで過ごしてみるか!とも考えましたが、必須のタスク管理をExcelでやっているので断念・・。

このタイミングで面白いPCがあったら、代替という理由(言い訳)で買おうかと探しましたが、これといったものがなく・・・。
SurfaceLaptopが売っていたら買っていたんですけどね。。YOGAPADも検討しましたが。
6/6未明に発表されるかもしれないMacBookも検討するかもです。

バックアップをとっておく

スペアのPCがあっても、代替のPCを買っても、データのバックアップがなければ大変です。
私の場合、
・データ Dropbox
・メモ Evernote
・写真 Googleフォト
・メール Gmail
・カレンダー Googleカレンダー
と常にバックアップを取っているので、問題ありません。
むしろバックアップをとっているという感覚はなく、自動的にその都度ネットに保存されています。
これらのサービスを使うだけでバックアップになるのです。

問題となるのはWindows部分。
MacにWindowsを入れて使っているので、この部分のバックアップが必要です。

MacにはTimeMachineという全体をバックアップする機能がありますが、別個にバックアップする場合は、Windows部分(Parallels Desktop)のファイル(Windows10.pvm)をバックアップしておきましょう。
新しいMacに移行する場合もこの方法が便利です。

また、Macの「写真」もフォトストリームだけだと直近のものしかバックアップされませんし、厳密にはバックアップになりません。
iCloudライブラリ(写真だと容量が大きいのでたいてい有料契約が必要です)か、Googleフォトを使いましょう。
「写真」自体をバックアップするなら、「ピクチャ」フォルダにある「写真ライブラリ」を保存します。

環境設定スキルを磨いておく

バックアップをとっていても、それを復元できなければ意味がありません。
今までどおりに環境を設定できるスキルを磨いておきましょう。
(全体をバックアップして復元する方法もありますが、時間もかかります)

・今どんなソフトを使っているか
・自動的にバックアップされているもの(クラウド)かそうでないか
・どうやって環境を設定すればいいか

などを日頃から確認しておくべきです。
これは故障リスクに備えるほかにもPCを理解する上で役立ちます。

このトレーニングをするためにもPCを毎年または2年に1回買い替えるのがおすすめです。
安い買い物ではありませんが、仕事の根幹をなすPC。その投資価値はあります。
・起動が遅い
・処理速度が遅い
・調子が悪い
といったPCを使っていては、お持ちの知識やスキルを十二分に提供できません。

昨日は、Appleストアへの持ち込みの手間だけかかりましたが、あとは簡単な設定で、今まで通りの環境を整え、今朝から普通に仕事できています。
スペアのPCには、Windowsは載せていないので、バックアップから復元する必要がありますが、使う期間は1週間ですしそのままMacのみで使うことにしました。
この間、税務ソフトや会計ソフトといったWindowsのみのソフトは使いません。
これを機会にWindowsを捨てたいところですが、ExcelはどうしてもWindowsのほうが使いやすいので結局手放せません。

故障リスクに備えておいていただければ。
今回不調になった私のMacは、2016年11月に買ったものです。
新しいから壊れないというわけではなく、一方で長く使っていれば壊れるリスクは高まります。

スペアPCの準備は現実的に難しい部分もありますので、
・バックアップ
・ソフトの確認
・クラウドへの移行
などを試してみましょう。

IMG 0421


【編集後記】

昨日はうれしいことが2つ。
1つは、7月に楽しみなセミナー(相続セミナー)が開催されることになったこと。
昨日の記事はそのエールも兼ねてのものでした。

もう1つは、チームメイトが、100kmマラソンを見事初完走したこと。
ブログも毎日更新していますし、コツコツ積み重ねて成果を出し、さすがです。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

MacBookPro Retina15インチ 修理へ
ベビーカーでバスに乗った

■スポンサードリンク

【昨日の娘日記】
最近、首が丈夫になってきました。
寝ていても、よく動かしますし、うつぶせごっこの時間も増えています。
もうちょっとで首がすわりそうです。