時計が使えるプールでGarmin935 | 東京都 港区スポーツセンター

都内で時計が使えるプールといえば、港区スポーツセンター。
Garmin935をプールで使っています。

IMG 3819

せっかくの時計がプールでは使えない

トライアスロンウォッチは、スイム、つまり水の中でも使えます。
レースのときは、タイムを測ったり、自分のコース取りを記録したりすることができ、便利です。

ただ、この時計、練習時にはほとんど使えません。
プールでは時計禁止だからです。
危ないというのが理由の1つらしいのですが。

通常は、時計が使えるプールというと、
・公営のプールを集団で貸し切ったとき

・ホテルのプール
しかありません。

以前、Apple Watch Series 2の記事を書いたときは、ホテルのプールで使った結果を書きました。
宿泊時なら無料で使えるところも多いです。
(宿泊しない=ビジターだと高額)

とはいえ、貸し切りやホテルのプールへ行くなんてそうそうありません。

ただ、最近は、都内で時計を使えるプールができました。

東京で時計が使えるプール 港区スポーツセンター

そのプールは、港区スポーツセンター。

・最寄り駅 JR田町駅(徒歩5分)三田線三田駅(徒歩6分)
・営業時間 8:30〜22:00
・休館日 第1月曜日+年末年始
・休憩時間 11:50-12:00 14:50-15:00 17:50-18:00
・コース 25m×6コース(フリーで2 往復で2 一方通行で2)
・利用料 2時間800円(港区外) 500円(港区在住・在勤・在学)
→専用カードにチャージ可能(5,000円で5,500円)
→第1・第3日曜日は、区民無料
・事前登録 区民のみ必要


■スポンサードリンク


駅から近いのもうれしい点です。
IMG 3571

休憩時間も少なく(多いと1時間に10分の休憩)、そこそこきれいで、混み具合もそれほどれはありません。
ただ、難点は料金。
港区外で800円というのは、私が知る限り都内で最も高い金額です。

600円だと、千代田区スポーツセンター(区外)、東京体育館、辰巳国際プール
700円だと、新宿ハイジアウェルネスエイジ。

東京体育館や辰巳は、600円でも貴重な50mプールなのでまだ納得いきます。
800円というと、それ以上の価値があるともいえません・・・。
山手線の駅から歩いていけるのはポイントの1つですが、他にも恵比寿から歩いていけるひがし健康プラザ(400円)や代官山プラザ(400円)があります。

もし、800円の価値を見出すのなら、「時計を使える」という点です。
(時間内ならフィットネス・ジムも使えるというメリットも。これは東京体育館も同じですが)
2017年の2月頃に試用期間があり、その後正式に使えるようになりました。

時計を使うのは、条件があります。
・一方通行コースのみ
・バンドタイプのみ(胸につける心拍計は負荷。スマートデバイスというくくり)
・保護バンドが必要

一方通行のみなのはいいのですが、ここの場合、右が速い・左が追い抜きといったルールがないので、そこそこ注意が必要です。
また、一方通行コースがない時間帯があります。
そのときは時計を使えません。
目安はその月の予定表を見ればわかります。
http://www.minatoku-sports.com/fitness/pool.html

保護バンドは、こういったもの。
IMG 3824

プールで借りることもできるのはできます。
借りれるのは白い布のバンドです。

私は買いました。よく行くので。

ForeAthlete Garmin935を使ったスイム記録

Garmin935の記録

Garmin935でスイムを記録するとこのようにスマホで見ることができます。
(920も同様です)
プール内では光学心拍計(時計の裏で心拍を計測)で心拍を測れません。
バンドが必要となりますが、バンドはプールで使用禁止です。
IMG 3828

50mを21本やったところ。
一方通行のコースだと、25m泳いで隣のコースへうつり、25mを戻ってきます。
その分のロスはありますが、私のスイムのスピードはこんなものです。
コース上の混雑も多少あるので、タイムや休憩にはムラもあります。
IMG 3829
50mを70秒として、トライアスロンのスイム1.5kmは、35分。
だいたい計算が合います。
最も長い3.8kmだと、88分=1時間28分。
これも私のベストタイムと合います。

速い人は、50mを40秒〜50秒くらいで泳ぐのでやはり遅いほうです。
それでも、トライアスロンを完走できるくらいはあります。
(長いやつだとギリギリですが)

PCだとより詳細かつ見やすいデータです。
EX IT 8

このときは、50mを1セット、20秒休憩で泳ぎました。
毎回ポイントを決めています。
・手をあげるときにワキからガバッと開く
・伸ばしたてを我慢しておき、反対の手が入水してから動かす
・肩を斜め前に出すイメージ
・左右の傾きのバランスを意識(右を小さめ左を大きめ)
・前へ進む!と強く意識する
これを4セットやりました。
(最後はすべて意識して1本)

レッスンで習ったことを取り入れています。
EX IT 3

興味深いのが、Swolf。
SwimingとGolfの組み合わせで作られたもので、プール25mのタイム(秒)とストローク数を足して計算します。
ゴルフ同様、スコアが低いほど、いい評価です。
私の場合は、平均で49。多すぎますね。。。
Swolf、プールにある時計でタイムを測ってストロークを数えて足せば出るのですが、自動で記録してくれるとやはり楽です。

データの分析

PCでサイト(GarminConnect)へアクセスし、データをExcelに貼り付ければ分析できます。
グラフにしてみました。
先日の練習だと、
・伸ばしたてを我慢しておき、反対の手が入水してから動かす
・肩を斜め前に出すイメージ
のタイムがよく効果があり、

・手をあげるときにワキからガバッと開く
・前へ進む!と強く意識する
は、それほど効果がないと判断できます。

泳法の認識

こういった表示もできます。
EX IT 2

泳法を自動識別してくれるというので、平泳ぎを。
ちゃんと認識してくれています。

次は背泳ぎ。
に、認識されてません。。腕の回転方向を認識してないかもです。
EX IT 7

バタフライも・・と思ってやりましたが、まともにできず。

プールでのGarmin935使用方法

時計を使える一方通行のコースはこんな感じです。
EX IT 1

プールでは前述の保護バンドを付けているので、時計を見るにはちょっとめくらないといけません。
それでも、タイムやラップを確認することはできます。
IMG 3821

935だと右にラップボタンがついていて、ラップボタンを押しやすいのがうれしいです。
(前モデル920は時計の下側にラップボタン)
EX IT

Aの位置でコースロープをくぐりながらラップボタンを押し、休憩時にタイムとラップ数を確認できます。
ラップ数は、だいたい数え間違えたりわからなくなったりして「ま、いっか」になるので、確認できるのはうれしいことです。
EX IT 1

毎回ではなくても定点観測に、時計をもっていってみるのもいいのではないでしょうか。


【編集後記】

最近、格闘ゲーム熱が再来。
鉄拳7のせいでもあるんですけどね。
ストリートファイター、キングオブファイターズもそろえました。
昔はまったバーチャファイターは、PS4版がないのが残念です。
(PS NOW=レンタルにはあります)

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

キングオブファイターズXV
メリージム
スタバ コールドブリューコーヒー

■スポンサードリンク

【昨日の娘日記】
妻の歯医者で2人きり。
散歩しつつ郵便局へ行ったり、バランスボールではねたりしつつ、エルゴのだっこひもで寝てくれました。
夜にはメリージムが届いたので、今日試すのが楽しみです。