これがないとPCの操作スピードが落ちる!PCスピードアップに必要な知識・スキル・ツール

PCを使って仕事をすることが多い今、PCをどう使うかで時間効率が変わります。
これがなかったら、仕事がはかどらないと思うものを挙げてみました。
DSC03181

人と機械

人が機械を使うと、機械次第でどうとでもないそうですが、今はまだ機械が自動的に仕事をこなしてはくれません。
機械であるPCも同様です。

それを操る人次第であることも多いです。
その操る知識やスキルを磨かないと、効率は上がりません。

ただ、前提として、いい機械、PCが必要です。
知識やスキルがあれば、遅いPCでもそれなりに速く仕事ができますが、限界があります。
もし知識やスキルが足りなければなおさらです。
PC苦手な方こそ、新しい、高速なPCを使うのをおすすめします。

これがないと、1日1時間は余計にかかる

「これがないと、仕事がはかどらない、時間がかかってしまう」というツール、知識、スキルを挙げてみます。

1 タイピングスキル

文字を打つタイピングのスキルは地味に差が付きます。
遅い人の速い人の差は明確です。
メール、文書、Excelなどあらゆるところできいてきますので、積み重なると大きな違いになるでしょう。

タイピングがうまくできていないと、疲れや痛みにつながります。
余計に効率が悪くなるのです。

2 ショートカットキー

キーボードで操作するショートカットキー。
ちょっとの差ですが、これも蓄積すると大きな差になります。
さっと複数のキーを押す必要があるので、1のタイピングスキルが前提です。

3 トラックパッド又は高性能マウス

マウスを快適にかつ、すばやく操作することが大事です。
Macなら、このトラックパッドを徹底して使いこなしましょう。
IMG 3285

Windowsならトラックボールタイプのマウスがおすすめです。
【関連記事】ロジクールトラックボールM570、M570t、M570並行輸入版の比較。Windowsでもっともおすすめのマウス。 |EX-IT
リンク


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


操作しやすいマウスなら、Googleの検索結果、FacebookやTwitterも高速で見ることができます。
縦のスクロールが速いからです。

4 スニペットツール

瞬時に、特定の文字やフレーズ、文章を入力できるスニペットツール。
MacならTextExpander,WindowsならPhraseExpressです。

!oで「おはようございます。井ノ上です。」
!eで「http://www.ex-it-blog.com/」
などが瞬時に出てきます。

【関連記事】君はメールアドレスを何回繰り返し入力しているか? PhraseExpress・TextExpander・ユーザ辞書 |EX-IT
リンク

5 情報の遮断

情報過多の時代、情報の遮断が必須です。
こういったページを開いていると、気が散ってしかたありません。
スクリーンショット 2015 08 11 7 35 15

メール、LINE、Facebook、Twitterも遮断し、適度にこちらから見に行くようにしましょう。
余計なメルマガは配信解除、見たくない人のツイートはフォローを外し、見たくない人のFacebook投稿のフォローを外すといったことも大事です。
【関連記事】Facebook。ストレスを減らしてFacebook疲れをなくす14の工夫 |EX-IT
リンク

6 ファイルの整理

ファイルを探すのに時間がかかっていてはいけません。
ファイルにはきちんと名前をつけて、検索で探せるようにしておきましょう。
私はフォルダを使っていません。
フォルダを使うと整理できた気になりますが、実際はそうではなく、むしろフォルダをなくした方がスッキリします。

7 アイコンの位置

ソフトのアイコンの位置にも気を配りましょう。
毎日使うソフトなら、すぐ開ける位置にアイコンを動かし、使わないものは削除すべきです。

MacならDockのアイコンを必要最低限にしています。
スクリーンショット 2015-08-11 8.07.08

Windows10なら当初こうなっていますが、やはりニュースは気が散ります。
スクリーンショット 2015 08 11 7 46 43

■スポンサードリンク

このように整理するとスッキリです。
スクリーンショット 2015 08 11 7 48 31

8 デュアルディスプレイ

ノートPCにディスプレイをつなげるデュアルディスプレイ。
今もこうやってブログを書いています。
IMG 3286  1

これがないと効率は半減です。
今は外出先でも解像度の高い(表示範囲が広い)15インチを使っているのでそれほど遜色なく仕事ができますが、やはり2画面の方がやりやすい仕事もあります。

速くする勉強&トレーニングが必要

こういった知識やスキルは、どこかで学ぶ(知る)必要があり、そして、学んだ後は、繰り返し使うトレーニングが必須です。
目の前の仕事をがむしゃらにこなしていてもPCの操作は速くなりません。

理想的なのは、仕事の合間にトレーニングすることです。
目の前の仕事をやるときに、ちょっとでも意識してトレーニングすれば、次第に身につきます。
ただ、そのためには、一時的に通常の1.5倍から2倍くらい時間をかけて仕事をしなければいけません。
知識やスキルを確認しながら、整理しながら仕事をするからです。
慣れないことをするとやはり時間がかかります。

それでも今後を考えると必要な投資ですし、今は時間がかかっても、今後に活かせればいいと考えるべきでしょう。

時間を決めて、「朝の時間はトレーニング」「16時から17時まではトレーニング」というのもいいかもしれません。
トレーニングのためにちょっとだけ残業するというのもいい選択です。
昔、やっていたことがあります。





■スポンサードリンク
【編集後記】

昨日は、午後にコンサルティング。税理士の独立についてでした。
その後企画の打ち合わせ。
どちらもブログ経由でのお申込で、ありがたい限りです。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

九州からお越しいただいた方のコンサルティング
新たな企画の打ち合わせ




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###