経費の証拠はレシートでいいし、一緒に買ったときはプライベートと事業をわけなくてもいい

事業の経費にするには証拠が必要です。
プライベートなものと事業用のものを同時に買うとき、教科書通りに行けば証拠(レシート)をわけるべきですが、めんどくさいので一緒にしてもかまいません。
DSC00205

領収書はいらない

経費の証拠として、わざわざ領収書を出してもらう必要はありません。
大昔はレシートに、金額しか印字していないこともありましたが(今もたまにみかけます)、今はレシートに、日付、店名、内容まで細かく記載されています。
細かすぎて、逆にこわいくらいです(^^;)

経費の証拠としては十分でしょう。

「領収書をください」

店員「お宛名はなんにしますか?」

「○○株式会社でお願いします」

店員「▼▼株式会社ですね」

「いや、○○です。」

店員「ここに書いてみてもらえますか?」




といったやりとりは、ムダです。

※会社のルールで「領収書」が必要な場合、税理士が「領収書でないとダメ」というなら、領収書をもらうようにしてください(^^;)

プライベートと事業用を一緒に買ったときは

モノを買うときは、プライベートと事業のものを一緒に買うときもあります。
レジで、精算をあけてもらってもいいのですが、手間もかかりますし、混んでいるときは気が引けます。

こんなときは一緒に買ってしまって、余分な部分をペンで消せば大丈夫です。

今朝がそうでした。
ごみ処理券、レターパック、のど飴を買って、経費に落とすのは、ごみ処理券とレターパックだけです。
どさくさに紛れて、のど飴も落とすのもありでしょうが、私はやりません。

こうやって、のど飴をけして、合計金額を書いておけば大丈夫です。
IMG 1016


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


家計と事業の会計を一緒に記録しているExcel(会計はExcelでやっています)には、わけて入力します。

スクリーンショット 2014 01 21 8 07 10

zは、税理士事務所の経費という意味です。プライベートは無印、会社はcにしています。
プライベートは少額のものは内容を入れず科目で判断します。

レシートの金額>実際の経費額ならOK

レシートの金額<実際の経費額なら問題となります。
証拠の金額以上に経費にしているからです。

レシートの金額>実際の経費額なら、問題ありません。

※くれぐれも、会社のルール、顧問税理士にそった処理をしてください(^^;)

ただし、このレシートは保管しなければいけないですし、プライベートで使ったもの(今回はのど飴)の形跡はずっと残ります。
それが嫌な場合は、わけて買い物するか、精算しましょう。

私もこれを使うのは、年に数回です。
食品を買うときにスーパーで事業用のゴミ袋や消耗品を買うときも使います。





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日、故郷のシーガイアトライアスロン(7/13に開催)の申込がスタートしたので、即エントリー。
チームメイトも4人エントリーしてくれました。
今年で4回目の参加。楽しみです!

【1日1新】
※詳細は→「1日1新」
・Yahoo!オークションに出品→初落札

■スポンサードリンク



■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###