減らすのもサービス。朝食券がいらないホテル。

朝食券がいらないホテルだとうれしくなります。
ひと手間減らせるからです。
減らすのもサービスだと思っています。

IMG_0343

※長崎のホテルにて iPhone XS

朝食券がいらないホテル

出張やトライアスロンのレースのときに、ホテルに泊まり、朝食をつける場合、その朝食券がないと、うれしくなります。
こんなこと・・と思われるかもしれませんが、券という物質があり、それをもらい、忘れずに持っていくのが、ちょっとしたストレスで苦手なんです。

「宿泊者以外の人、朝食をつけていない人が来ては困る」
「レストラン側は、券を見せてもらったほうが楽で手間がない」
という事情はあるのでしょうが。

今回のホテルは、部屋番号を言うだけでOKでした。
その場でリストをチェックして終わりです。
部屋番号を言うだけで、そのまま通れるホテルもありました。
そのあと、念のためチェックをするのでしょうが、ひとまず通すところに感激です。

今回のホテル、チェックインの時に、名前を聞く前に、住所や名前を書く紙をもらい、書き始めました。
そのときに、名前欄を見て(おそらく)、チェックインの手続きをしたようです。
名前を聞かれて、答えて、調べて、手続きして、紙を出して、という手間がないので、こういうのはいいなと。
名前を聞かれて、「井ノ上です」というと、だいたい名も聞かれるので、そのやりとりもありません。
(聞かれたら、フルネームで言うようにしていますが)

部屋への案内も、「必要ですか?」と言われたので、「いえ、大丈夫です」と答えました。
案内していただくのは、いいようでそうでもないときが多いからです。
部屋番号がわかっていればわかりますし、設備もだいたいわかります。
エレベーターで上がるとき、部屋までの道のりの間も、落ち着かない時がありますし。

お好きな新聞は?という問いも、私には必要ありません。

チェックアウトは、普通でしたが、最近は、カードキーを入れればOKのところもあり、そういうところは好きです。
(精算がなければですが。宿泊税あるところも。)


■スポンサードリンク

加えていくだけではなく、減らすのもサービスだなぁと、常に意識しています。

減らすのもサービス

自分がサービスを受けたときや、ふと「いらないかな」と思ったことは、減らすようにしています。

「セミナーに申し込み、請求書が紙で送られてきて、それを受け取ってから振り込むと、受講券が送られてきて、それを持ってこなきゃいけない」

というのもいらないかなと思うのでやっていません。
そもそも受講券は出したことはないです。

申し込んでお支払いいただけてない方が来る可能性は、皆無ではありませんが、そのわずかな可能性のために、手間は増やしたくありません。

同じセミナーでいえば、アンケートをセミナー後に紙に書くのも苦手です。
(ペンを持っていないことも多いですし)
だからこそ、私も書いていただいておりません。

「こういう仕事はいくらですか?」「〇〇円です。」といったやり取りもなくしたいと思うので、値段、メニューは公表しているわけです。

効率化のコンサルティングや、税務顧問の場合、お客様側をつぶさに見て、必要のないところは徹底的に減らします。
(もちろん、お客様に必要があればそのままでいいのですが)

分厚い書類をお渡しすることもないですし、不要な情報を入力していただくことも、ましてや記入していただくこともありません。

あれもつけて、これもつけて・・としがちですが(独立当初はそうでした)、減らすのもサービスです。

減らす勇気

ただ、減らすには勇気も必要です。
自分の思考のクセ、慣習、常識にとらわれていると、なかなか減らせません。
ここ5年どころか、1年、ときには1か月で、世の中が変わっている中、不要なものもあるはずです。

「これ、なくてもいいんじゃ?」と思うことは、減らしていきましょう。

お客様に聞くことも大事かもしれませんが、多くの場合、これまであったものがなくなると「えっ」となります。
ある程度は、自分の軸で決めたほうがいいでしょう。

・これはなくてもいい
・ないほうがいい
・お客様も楽に、効率的になる
という自分の軸が必要です。

軸に合った人・仕事を考え、それを明らかにしておくのは、「減らす」ときにも役立ちます。
合っているということは、減らす基準も同じようになるからです。
「電話なしで仕事できますか?」とよく聞かれますが、同じように「電話はいらない」と考えている方から依頼をいただくので、問題ありません。

減らすのもサービスですので、なくてもいい、ないほうがいいものは、勇気をもって減らしていきましょう。
減らして離れるならそれまでという考え方もできます。


■編集後記

昨日は、引き続き長崎。

早朝から仕事をし、明るくなってからホテル近くのグラバー亭付近をラン。
なかなかの激坂でした。
頂上の展望台まで行く予定が、途中に大きな犬がいて退散。
鎖につながれているとは思うのですが…‥。

その後、お客様先にて、税務・効率化の仕事をして、午後の便で帰ってきました。
羽田から自宅に向かい、自宅近くで編集者さんと打ち合わせ。
Excel本の原稿を受け取りました。
チェック後、11月には出せそうです。

■昨日の1日1新
※詳細は→「1日1新」

グラバースカイロードをラン
ハトシロール
4KUHD 逆襲のシャア
ポータブルアンプ  FiiO Q1 MarkⅡ FIO-Q1MK2

■昨日の娘日記

長崎出張で買ってきた、ハトシロール。
前日の夕食時にお客様からご紹介いただきました。
食パンを揚げたもので、すり身をはさんでいます。
娘も気に入ったようで、ずっと握って食べてました。


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』