独立をすすめ、ライバル税理士を増やす5つの理由

私はメルマガやセミナーを通じて、税理士独立をすすめています。
その理由をまとめてみました。
10378064 668023509942879 8390944011612852923 n

メルマガ『税理士進化論』で情報提供する理由

2011年4月10日から毎日(土日祝除く)、メルマガ『税理士進化論』を配信しています。
税理士として独立予定の方、独立している方限定のメルマガです。

日々の仕事で得たきづき
税理士としての考え
気をつけなければいけないこと
ブログには書きにくいこと
独立するための背中押し
などをテーマに、約3年間、今朝で893号を発行しています。
読者の方は、829名です。

登録はこちらからお願いします。
税理士、税理士独立予定者の方のみが対象ですので、ご了承ください。
毎日8:30に配信していますので、登録後のタイミングで配信されます。

メルマガ「税理士進化論」 | EX-IT

もともとはブログで書いていた、税理士・税理士独立予定者、受験生向けのコンテンツを切り離したのがこのメルマガです。
いろいろ伝えたいこともあるのですが、ブログはブログで書きたいこともありますので、切り離しました。
メルマガを配信するとともに、自分にとっても背筋が伸びる思いがあります。
私の行動や思考を提供することで、「あいつにもできるんなら、独立できそう」「独立って楽しそう」「こういう選択肢もあるのか」と思っていただければ御の字です。
目前味噌ですが、このメルマガの影響で独立された方も多く、今のところ、「あんたにそそのかされて独立したけど大変じゃないか!」というクレームもありません(笑)
逆に、「あんな税理士いやだ」「自分ならこうやる」と反面教師にしていただけても本望です。

世の中に痕跡を残したいと常に考えていますので、このブログとともに今後も配信し続けます。

Facebookグループ「税理士進化論2014年独立組」を運営する理由

今年になって、さらにFacebookグループ「税理士進化論2014年独立組」を運営しています。
スクリーンショット 2014 07 04 6 55 07

こちらは情報提供と言うよりも、今年独立した方、今年独立予定の方の交流の場です。
メルマガ『税理士進化論』の読者の方に呼びかけました。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


今年独立した方、する方、23名に登録していただいています。
同じ年に独立した方同士で交流をもち、情報交換や刺激を得る機会にしていただければと思い、企画しました。
私も同じ年に独立した友人がいます。今でも交流が続いていて貴重な友人です。

その交流の場でもあり、独立の決意を固める場でもあり、独立時の不安を少しでもやわらげる場でもあります。

ライバルを育てる理由

「独立した税理士を育てると、自分が困るんじゃないか?なんでそんなことを?」
と思われるかもしれません。
ライバルに塩を送るわけですからね。

かっこつけるわけではありませんが、心配することも困ることも全くありません。
むしろ、どんどん増やしていくつもりです。
私がこうやっている理由には、次の5つがあります。

1 ネタは減るものじゃないし、どんどん生み出すもの

ネタをどんどん提供しても減るものではありません。
まねされて食えなくなるようなら、それまでの人間だったということでしょうし、歩みをとめているということにもなるでしょう。
ネタを提供

ネタを作る(新しいことを体験、知識・スキルを身につける・磨く)

ネタを提供
というサイクルで、税理士業界も自分も成長していけばいいと思っています。

イケている税理士が増えれば、世の中もよくなるはずです。
(私が考えるイケている税理士は、まだ一般的ではありませんし、正解とも限りませんが)

また、顧問契約を10万社とろうとしてません。
10社です。
これなら、独立した税理士が増えても、影響はないでしょう。
パイを取り合う、パイを抱え込むのではなく、パイを大きくする道を選んでいます。

2 税理士の高齢化

税理士は約7万人。そのうち半分は60歳以上です。
税務署のOBも多く、ちょっと変わった世界と言えるでしょう。
この状態を払拭し、レベルを上げるには、若い税理士が必要です。
そのために独立をサポートしています。

3 独立後の経験値は、桁違い

独立前に知識や経験をいくら積んでも限界があります。
自分の責任でやらないからです。
どこかで、「上がいうならいいや」「わからなかったら聞けばいいや」って甘さが出ます。
(少なくとも独立前の私はそうでした)

独立することで、責任、プレッシャーは格段に上がり、その経験値も桁違いになり、成長できるのです。

■スポンサードリンク

自分で自分の経費の判断をするだけでも、そのアドバイスは違ってきます。
一担当者には、負けるつもりはありません。

4 税理士が組織化する弊害を払拭する

税理士が組織化、法人化する税理士法人には、否定的です。
もちろん、国際税務、複雑な税務に対応することは世の中にとって必要ですが、すべての税理士に求められているわけではありません。

組織化しても、そのサービスが格段によくなるわけでもなく、前述した担当者による意識の差もあります。トップは実務を離れ、権限だけ持ち、担当者は実務に詳しいが権限や責任がありません。
通常のビジネスと違い、知識やスキルを提供する税理士では、これがサービスへの弊害となります。

規模を拡大し、格安で中途半端なサービスを提供する意義もあるのでしょうが、私はやりたくありません。
いまやITや情報も十分ありますので、フリーランスやひとり社長は、自分で会計、税務をやることも不可能ではないからです。
その思いをこめて、この本を書きました。

独立した税理士が増えれば、組織化の弊害もなくなり、知識や情報を手放すことによって、よりよい世の中になるはずです。

5 独立のハードルが下がっている

ITは、税理士自身にとって向かい風ではなく、追い風です。
ネットによる情報格差の排除を、いい意味にとらえ、ITの良さを活かすべきでしょう。

ITにより、独立のハードルは確実に下がっています。
年数千円で、HP、ブログが持てますし、世界に情報発信できます。(言葉の問題はありますが)
税理士、税理士独立希望者800名超へ毎日メルマガを送っているのも、考えようによっては、800人を雇う税理士事務所を持っているようなものです。

設備投資もいらないですし、ペーパーレス、e-Tax、高性能なノートPCなどどこでも仕事できる環境を作れます。
人を雇わなくても、コストをかけなくてもいい時代といえ、私が独立した7年前と比べても、かなり楽です。

まとめ

なによりも、「独立決めました!」という声を聞くのがうれしいですね。
自分がサボらないようにする、進化をやめないように見張ってもらうつもりです。
若い税理士が増えてくれれば、心置きなく引退できます(^^)

メルマガ「税理士進化論」 | EX-IT





■スポンサードリンク
【編集後記】
沖縄出張中。
空の青さが気持ちよく、すっかり真夏です。
IMG 2510

【1日1新】
※詳細は→「1日1新」

小型船舶免許講習
紅芋プリッツ
沖縄○○ホテル




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###