5万円で詳しくなるなら安いもの。高速同種多読のすすめ

詳しい分野をつくりたい、詳しくない分野を補強したいときは多読がおすすめです。
IMG 3404
※自宅にて iPhone X

読書は敷居の低い勉強方法

勉強方法には、様々なものがあります。
・1対1で習う
・1対多で習う→セミナー
そして、
・読書
です。

1対1や、1対多で学べるなら、勉強効果は高くなります。
が、そうそうない場合も多いのが事実。
それなら、さくっと探せる読書のほうが敷居が低いでしょう。

Amazonで検索すれば、勉強したいテーマの本はすぐに見つかりますし、買うこともできます。

同種の本を5万円読んでみる

私は何かを勉強するときに、同種の本をひたすら読むようにしています。
同じような本をよむと、いろんな角度から捉えることができるからです。

目安として、1冊1600円程度であれば、30冊で5万円。
「5万円」と考えると高く感じますが、30冊の本を読めるとなるとお得です。

異なる著者、異なる視点で学べるのは、読書ならではの利点であり、さらには好きな時間に読めます。
もちろん、テーマによっては30冊で足りないものもあるでしょうし、実践してみないと身につかないものも多いのですが、それでも基礎知識、だいたいこんなもんだとわかるのはありがたいものです。

勉強したい分野の「入門」「はじめての」「基礎」といったものや雑誌・ムックなど敷居の低いものから読んでみましょう。

まとめて読むこともありますし、継続して読むこともあります。
私が専門としている分野は、常にこれを続ける主義です。
同じような内容の本でも、必ずや違いもあり、勉強になるものです。
たとえ、30冊のうちにハズレがあったとしてもトータルでは利益となります。

本を読むスピードを決めるもの

本を読むのは時間もかかりますし、まとめて読むといっても、その時間を確保するのは難しい場合もあります。
だからこそ本を読むスピードを日頃から上げておくことも大事です。
同じテーマの本を複数読むと、知識も増えてくるので、速く読めます。
私が、税金、経理、仕事術、IT、仕事術系の本を読むときはやはり速いものです。
読むのが速くなると勉強効率も高くなります。

■スポンサードリンク

読書だと、ゆっくり読む・速く読むがあるでしょうが、勉強方法の1つとして多読するならそれほど時間をかけてスピードを上げて広く読む方法もあるでしょう。

本を読むスピードを上げたいという方は、まず、自分の専門分野、詳しい分野の本を30冊読んでみるのをおすすめします。
詳しい分野の本で本を読むスピードを鍛えておくと、詳しくない分野、より詳しくなりたい分野の本を読むときに役立つものです。

その他、新しい知識を学ぶとき、大量の書類や資料に目を通すときに役立ちます

・詳しい分野を多読する

・読むスピードが上がる

・詳しくない分野を勉強するときに多読が使える
を繰り返してみましょう。


【編集後記】

ホットクック(シャープの無水調理器)で、カレーをつくるのにはまっています。
材料を入れてスイッチを入れ20分〜25分。
おいしいキーマカレーやドライカレーができるのがうれしいです。
火加減をみる必要もありません。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

Windows Python
ホットクックでドライカレーをつくった

【昨日の娘日記】

保育園入園まであとちょっと。
落ち着かないのは親の方です。
まあ、すぐ慣れるんでしょうが。

■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』