消費税アップ(5%→8%)まで1ヶ月、3月中に買っても意味がないもの、買っておくべきものリスト

あと1ヶ月、4月1日から消費税が5%から8%になります。
法律上、3月に買っておいた方がいいもの、買っても意味がないものをそれぞれまとめました。
DSC00469

4月1日以降に買ったもの、サービスを受けたものから消費税8%になる

原則的には、4月1日以降に買ったモノ。サービスを受けたものから消費税が8%になります。

「買った」といっても、モノを注文した時点なのか、支払が完了した時点なのか、それともモノが届いた時点なのか、非常に迷うところです。
政策的な意味(?)や混乱を避ける意味で、特例として、5%のままでいいものもあります。

現時点で、判断できるものをまとめてみました。

焦って3月中に買っても意味がないもの

次のようなものは焦って買っても意味がありません。

4月以降に発送されるモノ

Amazonや楽天などネットショッピングでは、発送時点で判断されます。
(店舗により異なる可能性があります)

たとえば、今注文しても、発送が4月1日以降だと、消費税は8%なのです。
発売日が4月1日以降だと、すでに消費税8%の表記があります。

4月以降に泊まるホテル

ホテルの場合、今、予約しても、泊まるのが4月1日以降なら、消費税は8%になります。
3/31から4/1にかけて利用した場合は、サービスの提供が終わるのが4月1日以降なので、8%です。

4月以降に利用する食券、コーヒー券

食券やコーヒー券は、今買って4月以降に使ったら、消費税は8%なので、差額を支払わなければいけません。
ただ、店側がそれをやるかどうかは、それぞれの判断です。
混乱を避けるため、しばらくは、価格据え置きにするケースも多いでしょう。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


4月以降に利用するエステ代

エステサロンにまとめて支払った場合、そのコースを消化するのが4/1以降なら、消費税は8%になります。
これも、差額を請求されるかどうかは、店によるでしょう。

4月以降に利用するサーバー代金

年間でサーバーを契約している場合、4月以降は、消費税8%です。
私が利用しているさくらインターネットも、そのような取り扱いとなっています。

4月分以降の家賃(オフィス)

オフィスの家賃も、4月分からは原則として消費税8%です。

なお、住宅としての家賃は、そもそも消費税がかかっていません。

切手、レターパック、はがき

4月以降に発送するならば、消費税8%で追加料金がかかります。50円切手だったら2円切手が追加で必要です。

 

価格が変動するもの

食材、調味料、電化製品などは、価格が変動します。
こういったものは、4月以降かえって、本体価格が下がる可能性も多いです。
あせってかわないようにしましょう。

また、中古市場があるものも同様です。
中古の価格は大きく変動することが多く、焦って買わなくてもいいでしょう。
4月以降に、モノが売れなくて、大幅に値下げされる可能性も高いです。

4月以降に受け取るクリーニング

クリーニングは、仕上がった時点でサービスが完了するものです。
3月に預けて、4月に仕上がった場合は、消費税が8%となります。
あらかじめ、仕上がり時期を見越して、8%で支払うケースもあるでしょう。
これも店側の判断が難しいでしょうね。

4月以降のセミナー料金

3月に告知して、4月に行うセミナーは、消費税8%です。
ただ、セミナー側としては明確に8%とするか難しいところです。

■スポンサードリンク

4月以降のセミナー会場の予約

セミナー会場の予約を今やって、4月以降に利用するなら消費税8%です。

4月以降のコンサル料金

コンサルも4月に受けるならば、今払っても消費税8%です。

4月以降に買う住宅

マンションや一戸建てを買う場合、引き渡しの時点で判断します。
今、契約して引き渡しが3月中ならば、消費税5%ですが、それ以降なら8%です。
4月以降は、住宅ローン控除が拡大されたり、すまい給付金が支給されたりすることに加え、価格が落ちることも考えられますので、かえって有利な場合もあるでしょう。

個人から買うもの

個人的に買うもの、オークションやAmazonマーケットプレイスで買う場合は、そもそも消費税がかかっていません。
(個人として売る場合は消費税の対象ではないのです、事業として売る場合は消費税の対象となります)

海外旅行

海外旅行はそもそも消費税がかかっていません。
焦らなくてもいいでしょう。

Suicaチャージ

Suicaはチャージした時点では、預けただけですので、消費税は関係ありません。
あくまで使った時点で、消費税が発生します。
一気にチャージしても意味はありません。

3月に買っておいた方がいいもの

では、3月に買っておいた方がいいものはどういったものでしょうか。
(あくまで必要であることが前提です)

3月に買っておくと、4月以降に使う場合でも消費税が5%となるもの

消費税の法律の特例で、次のようなものは、3月に買って(支払って)おけば、4月以降に使っても5%となります。

・定期購読
・定期券
・新幹線等の回数券
・ディナーショー(クルーズはだめ)

・スポーツ観戦チケット
・交通費(宿泊、ツアーはダメ)
・ディズニーランドの年間パスポート
・リース契約(リースが必要がどうかは重々考慮を)
・映画
・コンサート
・美術館
・講座・通信教育

■関連記事
【消費税8%】定期券は3月までに買った方がいい?Suicaのチャージは?通勤手当は? | EX-IT

本体価格が変動しないもの(定価販売が守られているもの)

本体価格が変動しない、値引きがされないものは、消費税が5%から8%になると、消費税分支払が増えます。
こういったものは、必要なら買っておいても損はありません。
中古市場もあるものは価格が変動しますので、よく考えましょう。

・化粧品
・特定のブランド品
・PS4、WiiUなどのゲーム機本体(値下げがほとんどないもの。ソフトは変動が大きい)
・CD
・本

まとめ

消費税が5%から8%になると、本体価格の3%だけ支払額が増えます。
本体価格1万円なら300円、10万円なら3,000円です。
その影響額を考慮して、3月に買った方がいいもの、そうでないものを吟味しましょう。

あと1ヶ月ありますからね。

私の場合、
・定期券(ちょうど3月と9月が切替)
・旅費(トライアスロンのレース分でとれるもの)
くらいは、3月中に買っておこうと思っています。





■スポンサードリンク
【編集後記】

タスク管理ミスもあり、昨日はフル回転。
4時に起きて仕事開始→事務所経由でお客様宅へ行き、個人確定申告コンサル→原宿で仕事→執筆中の書籍の打ち合わせ→セミナー参加→引き続き書籍の打ち合わせ。
終了は23時過ぎ(^^;)
タスク管理ミスを反省するばかりです。。。

【1日1新】
※詳細は→「1日1新」

・明治神宮前の超辛いタイ料理屋
・お客様の新居




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###