ラン、カメラ、ボルダリング。スキルの基礎はセミナーで学ぶと効率的

今日、ソニービルで開催されたカメラセミナーに行ってきました。
セミナーは、スキルの習得上、非常に効率的です。
DSC00244

デジタル一眼レフカメラのセミナー

デジタル一眼レフカメラデビューしたのは、一昨年です。
最初は、CanonのEOS Kiss X6iを使っていました。

はじめての経験だったので、勉強すべきことが山ほど。
絞りって?シャッタースピードって?レンズによって何が違う?などを本やサイトで研究していたのです。

EOS Kiss X6iは、APC-Sサイズという一眼レフで、そのさらに上に、フルサイズの一眼レフがあります。
そのフルサイズが気になり、去年Sonyのα7へ買いかえました。
(EOSは売却)

セミナーに行こう行こうと思いつつ、行けてなかったので、今回は即予約し、先週の土曜日に入門セミナー、今日、ステップアップセミナーを受けてきたのです。

DSC00239

いまいちわかってなかった、ISO、ホワイトバランスなどを学べました。

ブログの写真を見て、「セミナー受けたのに、その程度かい!」と思われるかもしれませんが、今後さらに勉強していきます(^^;)

センスも必要な分野でしょうけどね。


■スポンサードリンク


基礎を学ぶにはセミナーが効率的

物事の基礎を学ぶには、セミナーが効率的だと思っています。

セミナーは「実践」があるからです。
本やサイトで学ぶよりもはやいことが多いでしょう。

何かをやるときは必ずセミナーに行きます。
(カメラはちょっと遅れましたが)

トライアスロンのスイム・バイク・ランもそれぞれセミナーに行き、マンツーマンレッスンを受け、Macも最初はAppleへセミナーに行きました。

最近、はじめてやったボルダリングも、セミナー(レッスン)に行きます。

基礎を伝える

逆に基礎を伝える・教えるセミナーを開催しています。
私が多少なりとも得意とすること(Excel、税金会計、IT、WordPress、仕事術など)でも、基礎がやはり欠かせません。

みなさんの得意とすること、専門分野も同じでしょう。
「そもそもの考え方・やり方が間違っている」
「根本的なしくみがわかっていない」
といったことで、スキルの習得、習熟が遅れていることが多いはずです。

だからこそ、セミナーを開催していますし、「実践」を大事にしています。
セミナーでは「ワーク」や「実践」があると集客率が下がると言われていますが、必ず入れています。
(私が開催するセミナーが自己啓発ではなく、スキル習得を目的としているので、なおさらです。)

効率性からいったら、セミナーは、本やサイトよりも非効率でしょう。
移動も必要ですし(オンラインセミナーを除く)、特定の時間がかかります。
一般化された内容が多く、自分にあわせたものとはいえません。
(マンツーマンの方が好ましいでしょう)

すべての学び、スキル習得は、最終的には自分のあった調整が必要です。
ずっとセミナーだけでは、伸びしろがありません。
基礎をセミナーで学び、応用を自分で(本やサイトで)学ぶというのが効率的といえます。

セミナーに参加し、セミナーを開催するという両方の立場を経験している私の考えです。

学ぶ側でも、基礎スキルのセミナー中心に参加しますし、開催側でも基礎スキル中心でいきます。
応用的な、難しいことを学ぶ、教える方が、一見かっこいいんですけどね(^^;)
実際に使える、効果があるのは基礎や入門でしょう。





【編集後記】
昨日の夜は、シークレットで、ブログ勉強会を開催。
9名の方にご参加いただきました。

■スポンサードリンク

【1日1新】
※詳細は→「1日1新」
・ブログマネタイズ勉強会開催
・新宿西口の上島珈琲店(電源あり)

■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』