iPadがレジに!比較検討した結果、顧客管理ができるスマレジを導入

iPadがレジになるサービスを色々試してみました。
現時点では、お客さまへスマレジを導入する予定です。
DSC00135 2

iPadレジの比較

お客さまのために、iPadがレジになるサービスを探していました。
気になったのは、ユビレジ、Airレジ、スマートレジです。
次の点で比較してみました。
スクリーンショット 2014 01 14 18 06 09

Airレジの無料というのが強烈ですが、お客さまの業種は顧客管理が必須なので、結果的にスマレジを導入予定です。
ユビレジも顧客管理はできるのですが、CSVで一括取込ができません。
逐一サイトで登録するのは非常に手間がかかるので、候補から外したのです。

顧客管理が必要でないなら、無料のAirレジを試してみる価値はあるでしょう。
飲食店なら必要ないでしょうからね。

iPadレジは、レジ回りがすっきりしますし、使いやすいです。
データをCSVで取り出すこともできますので、Excelで加工して分析したり、会計ソフトに取り込んだりすることもできます。

スマレジショールームへ

今日、お客さまとスマレジのショールームに行ってきました。
予約していくと、実際のデモを見せてもらえます。

私の方からもあらかじめ疑問に思っていたことを、質問し、お客さまからも現場での問題点について質問。
まずは、うちのiPad(第三世代)にインストールし、顧客データ、商品データなどをCSVで入れてテストしてみます。
こうやってスタンドにつけてつかえば、薄くて軽いiPad Airではなく、ちょっと重い前世代のiPadでもいけそうです。
DSC00132 2
(これまでは、iPad AirやMiniでテストしていました)

スマレジの設定・利用方法・価格

スマレジは次のように利用します。

サイトの管理画面での設定

アカウントを作り、PCでログインすると、次のような管理画面に入れます。
スクリーンショット 2014 01 14 17 46 31


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


ここでできるのは、まず商品、顧客(会員)の登録です。
登録はiPhone・iPadアプリではできず、サイトの管理画面だけでできます。
(iPhone・iPadでサイトにアクセスすれば可能です)

サイト管理画面でのデータの閲覧

データは、
・日別売上
・時間帯別売上
・曜日別売上
・部門別売上
・商品別売上
・端末別売上
・スタッフ別売上
などを表示できます。

今は、私の特製Excelで管理しているのですが、そのほとんどのことができます。
月別売上、年度別売上、移動年計、年代別売上、媒体別売上、その他、これらのクロス集計は、Excelにしかありません。
CSVデータをエクスポートできるので、Excelで集計、加工、グラフ化する仕組みを作ります。
仕事を失わずにすみそうです(笑)

それでも、スマレジだけで十分な種類の分析表を確認できます。

iPadアプリの準備・設定

iPad(又はiPhone)のアプリをダウンロードします。無料です。

MobilePos iPad Edition

無料
(2014.01.14時点)
posted with ポチレバ

PCとの接続設定をすれば、PCとiPadのデータが同じものになります。

会計の流れ

実際に会計をするときは、次のような流れでやります。

① 商品リストをタップし、商品を選ぶ
IMG 0020

② 商品を選ぶと、左側に表示され、個数を増減できます。
IMG<br /><br /><br />
0021

■スポンサードリンク

③ 合計が表示されますので、現金決済かクレジットカードかを選びます。
現金なら預かった金額からおつりを計算してくれます。
ドロワー(おつりが入っているところ)も連動させれば、おつりを出すときに開くので便利です。
カードの場合は、スマレジへ入力した上で、カード端末を操作するか、連動しているカード端末を使います。
IMG 0022

④[領収書発行]をタップすると、連動しているレシートプリンターからレシートが発行されます。
IMG 0023

レシートプリンターと無線ルーターを有線でつなぎ、無線ルーターとiPadを無線でつなぐ設定です。

この結果はサイトの管理画面にも表示されますので、出先で今日の売上確認をすること簡単にできます。
(基本プランで、3端末まで登録できます)

結局いくらかかる?

スマレジの料金体系は次のとおりです。

○月額費用
基本料 4,200円
顧客管理をする場合 +2,100円(ポイント管理機能つき)
在庫変動管理 +2,100円
在庫店舗間移動 +2,100円
棚卸 + 3,150円
発注、入荷、出庫 +3,150円
電話サポート +1,575円
(メールは無料)

○周辺機器
レシートプリンター 29,400円〜73,500円
ドロワー 9,975円
バーコードリーダー 26,775円

その他サポートプランがあるようです。
すぐに始めるなら、月額費用の基本料4,200円+レシートプリンターがあれば、十分でしょう。
(もちろんiPadは必要です)
最近まで初期費用63,000円がかかっていましたが、今は0円です。

なお、無料で30日間お試しができます。
基本のプランでできることはすべてできるので、ぜひ試してみてください。
http://smaregi.jp/

早速スマレジ導入のお手伝いをします。





■スポンサードリンク
【編集後記】
今日は、さらにもう1つ初体験をしました。
明日の記事にします(^_^)




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###