スーツを経費にできるサラリーマンの節税策が使えない6つの理由

「スーツが経費になる」「スーツで税金が戻ってくる」という報道やニュースが多いのですが、冷静に真実を把握する必要があります。
スーツ 経費

去年から、スーツを経費にできる制度ができたけど・・・

去年(2013年・平成25年)から、会社員が節税できる制度ができました(正確には、節税の範囲が広がりました)。

去年の1月にこのような記事を書いています。
会社員の書籍代、資格取得費などが経費になる<特定支出控除>は実際に使えるか?ー | EX-IT

税金は、収入から経費をひいた利益(所得)によって計算されます。
経費が増えると、税金は減るのです。

通常、会社員の場合、給料から一定額の経費しか引くことができません。
年収500万円なら154万円、年収1,000万円なら220万円の経費です。
これを給与所得控除といいます。

これ以外に、書籍、交際費そしてスーツなどが経費に落とせるようになりました。

「スーツを経費にできる」というのは特に注目されています。

・会社で必要なことが多い
・金額が大きい
・税金が減らせる
・一般的に経費として認められていないスーツが経費に落とせる
という点が注目されている理由でしょう。

この1年、雑誌やネットの記事でも、「スーツを経費にできる!」といったものをよく見かけました。
しかし、そうそうおいしい話ではないのです。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


スーツで節税するための6つのハードル

スーツで節税するためには、次のようなハードルがあります。

1 会社の証明が必要

次のような様式で、会社から証明してもらう必要があります。
スクリーンショット 2014 02 03 9 27 25

ややめんどくさいでしょう。

様式はこちらにあります。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/shotoku/shinkoku/871222/01.htm

2 確定申告が必要

さらに、レシートを保管し、さらに確定申告が必要です。
まあ、ここまでは節税のためならやれる範囲でしょう。

3 スーツを結構買わないと節税にならない

10万円のスーツを1着買っただけでは、節税になりません。
年収に応じて、一定の金額以上でないと、意味がないのです。

たとえば、年収300万円の方の場合、年間に54万円以上スーツを買う必要があります。

以下、次の表を参考にしてください。

スーツだけで節税するなら、年収に応じて節税基準額以上のスーツを買う必要があります。
ここでいう「年収」とは、額面金額、所得税や社会保険料を引く前の金額をいいます。
給与明細の「課税支給額合計」や、源泉徴収票の「支払金額」です。

■スポンサードリンク

スクリーンショット 2014 02 03 9 55 08
1,500万円超は、一律125万円となります。

4 スーツだけでは65万円の限度がある

「年収がもっとあるから、スーツ代はもっと使う」という方もいらっしゃるでしょう。
しかし、スーツ代だけでは、年収380万円以上の方は節税できません。
スーツだけでは65万円までしか経費に入れられないからです。
(図はキリのいい200万円、300万円、400万円・・・で計算してます)
赤い部分が経費に入れることができる枠となります。
スクリーンショット 2014 02 03 10 39 52

この制度はスーツだけではなく、次のものが対象です。
(1)通勤費
(2)転居費
(3)研修費(セミナー)
(4)資格取得費(1年間分しか落とせない)
(5)帰宅旅費(単身赴任などの場合で自宅に帰る旅費)
(6)書籍代
(7)衣服代(スーツ)
(8)交際費
ただし、スーツを含む(6)(7)(8)の合計は65万円が限度となります。

年収400万円なら67万円、年収500万円なら77万円、年収600万円なら87万円をこえる必要があり、実質的には、 スーツだけではなく、他の経費(上記(1)から(5)の合計額)を組み合わせるしかないのです。

5 節税額は税率をかけたもの

さらに、基準額を超えた部分の金額だけ節税できるわけではありません。
その金額に税率(所得により変わる)をかけたものが節税額となります。

年収300万円の方が65万円分スーツを買ったとしたら、その節税額は、65万円から基準額54万円を引いた11万円ではありません。
11万円に税率(5%)をかけて計算した5,500円が節税額(所得税)です。
(住民税にも影響があります)
65万円のうちの5,500円ですので、かなり少ないといえるでしょう。もちろん戻ってこないよりはいいのですが。。。

6 そもそもそんなにスーツを買えない(買わない)

そもそもスーツを65万円も買わないでしょうし、買えないでしょう。

仮にスーツがたくさん必要となったとしても、今は安くていいスーツもありますし、セールで買えば安くで買えます。
合計金額も少なくなるはずです。

派手だけど、実際は使えない制度も多い

「スーツが経費に!」「スーツで節税」と派手に報道されていますが、実質的には使えません。
よほど特殊なケースではないでしょうか。

このように、「一見派手だけど使えない」「お得そうに見えてそうではない」というものが、税金にはよくあります。
「節税も考えてますよ」というアピールだったり、週刊誌や新聞の売り上げを伸ばすためだったりするのです。

重々気をつけましょう。





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日は、品川のマイクロソフトで行われた、Microsoft MVPのイベントに参加。
毎年2日間開催されるもので、非常に勉強になります。

【1日1新】
※詳細は→「1日1新」
・品川までラン
・近所のスペインバル
・フランフランで鍋を購入




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###