トレタ(TORETA)で予約!全席着席の『俺のフレンチTOKYO』へ行ってみた!

10月30日にオープンしたばかりの『俺のフレンチTOKYO』に行ってきました。
スクリーンショット 2014 11 01 8 33 03

『俺のフレンチ』のビジネスモデルに興味

もともと『俺のフレンチ』に興味があったのは、本を読み、そのビジネスモデルに興味があったからです。

『俺のフレンチ』『俺のイタリアン』のスタンスは、

◎ 高級な食材に金を惜しまないこと
◎ ミシュランの星クラスの一流シェフを集めること
◎ 立ち飲みにして高い顧客回転数を保つ

とのことでした。
(『俺のイタリアン』を生んだ男 「異能の起業家」坂本孝の経営哲学より)

通常、フレンチだと回転率は低く(1組であることが多い)、高単価です。

その分、シェフは、一定の人数しか喜んでもらえません。
3万人のために人生を賭けて仕事をしても良いのか? しかし、3000円で済む店であれば、人口の8割の2400万人が来ることができるだろう。一流のシェフはわずか3万人を相手にするのか、2400万人のために仕事をするのか、どちらがより夢があるだろうか?


■スポンサードリンク


単価を下げて回転率を上げ、それでいて一流のシェフの料理を楽しめる。そんなコンセプトにひかれていました。

さらに、

従来、シェフで成功しようと思えば、選択肢は二つしかなかった。「安い給料でも我慢して有名店で働く」か「独立リスクを負って店を経営する」かの二つである。一流のシェフにもこれ以外のチョイスはなかった。

シェフが、自信をもって働ける場所を提供するというスタンスにも感銘を受けていたのです。

TORETAでとれた

基本は立ち飲みスタイル。俺のフレンチ恵比寿との格闘

回転率を高めること、店舗面積を有効に使うために、俺のフレンチ、俺のイタリアンなどは、立ち飲みがメインです。
ただ、一部着席スタイルで楽しめる枠もあります。

着席できるのは、限られており、激戦でした。

実は、数ヶ月前から、『俺のフレンチ 恵比寿店』の着席枠を狙っていたのです。
ところが、電話してもいっこうにつながりません。
ネット上の一説には、電話をつなげていないのではないかという話も。
しかも、電話受付時間は10時から15時でした。
(ネットでは予約受け付けてしていません)

恵比寿店は、そんな格闘している間に、先日閉店となってしまったのです。
他の店舗を探していて見つけていたのが、俺のフレンチTOKYO。

しかも全席着席で、ネットで予約できます。
こちらのトレタというサイトですんなり申し込めました。
https://yoyaku.toreta.in/oft/

電話で予約ってところで気が滅入るので(電話きらいなので)、ネット予約はありがたいです。
スクリーンショット 2014 11 01 8 35 59

直近だと、11/5、しかも15:00-17:00の枠しか空いてませんが、12/11だと、
15:00-17:00
17:15-19:15
19:30-21:30
の枠があいています。

スクリーンショット 2014 11 01 19 37 00

俺のフレンチ初体験の感想

私が予約したのは、10/31の17:15-19:15の枠でした。
俺のフレンチTOKYOは、銀座にあります。

新しくオープンしたキラリト 銀座のB1です。
(俺のイタリアンもB1にあります)
http://www.kirarito-ginza.jp/

スクリーンショット 2014 11 01 8 29 33

IMG 0492

15時前、すでに行列がありました。
IMG 0491

予約してても並ぶ必要あり

予約後のメールには、「10分前には並んでおいてください」との1文が。
予約してても並ぶ必要があるのです。

17:15にB1のお店の前へ。
ここで支配人からの挨拶と、おすすめメニューの紹介がありました。
IMG 0513

シェフの一覧も。
IMG 0494

いざ店内へ

こんな席でした。
ピアノがあり、そこに長い机が4列あり、2人でも3人でもかけれるようになっています。
こういった工夫も回転率を上げるのでしょう。

IMG 0495

途中でピアノの演奏があります。
7270

イスはこんな感じ。
IMG 0507

ピアノ前の席以外は、こういったちょっと落ち着くスペースもあります。
どういった割り振りなのかは謎です。
IMG 0497

厨房はこんな感じ。
シェフとスタッフの多さにびっくりです。
IMG 0510

メニュー

おすすめメニュー。
思ったほど、単価は低くありません。
着席スタイル、銀座ということで単価コントロールがあるのかもしれません。

IMG 0499

飲み物
IMG 0503

グラフワイン
IMG 0502

前菜
IMG 0505

メイン、デザート
IMG 0506

食べたもの

すべて写真を撮ってはいないのですが、食べたものです。
蝦夷アワビと天使海老のアスビック キャビア添え 1,480円
これが一番おいしかったです。
安いと言えば安いのですが、こんなものといえばこんなものでしょうね。
DSC01864

オマール海老 ア・ラ・ヴァニーユ 1,480円
DSC01867

牛フィレのフォワグラのロッシーニ 1,480円
DSC01870

その他、
バケット 350円
田舎風パテ 580円
エスカルゴの赤ワイン煮 780円
海のロッシーニ(白子とヒラメ) 980円
などです。

会計

結局会計は、2人で14,264円。
飲み物は2杯ずつ。それほど飲まないでこの金額ですので、安くはないかと思います。
滞在時間は、17:15ー18:49。
確かに回転率は高いといえるでしょうね。

ミュージックチャージ(演奏)のときに1人300円かかります。

率直な感想

総額は安くはありませんが、料理の味、食材からするとコストパフォーマンスは高いです。
結構食べ過ぎました。

ワインを飲みません&味がわからないので、どのくらいのものかはわかりません・・・。

160名満員だからか、スタッフが多いからか、思ったより、わさわさしていて騒がしいです。
居酒屋のような雰囲気で、ピアノ演奏もあるので、会話をじっくり楽しむ雰囲気ではないですね。

もう一度行くか?といわれると、「しばらくいいかな〜」と感じではあります。
行くなら、他の『俺のイタリアン』「俺の割烹」などに行ってみたいです。

友人とわいわいいって、おいしい料理を楽しむという意味では、一度いってみるといいかと思います。
トレタなら予約も簡単です。

私の取材によると、160席のうち、90席が予約、70席が当日とのことでした。
予約がいっぱいでもちょっと並べば入れる可能性は高いです。





【編集後記】
来シーズンのトライアスロン開幕戦が決まりました。
3/8の久米島トライアスロンで例年よりちょっと早めにシーズンスタートします。
トライアスロンデビューを迎えるメンバーも一緒にでるのでより楽しみです。
0時より申込開始で、我慢して起きていたのですがあえなく撃沈。。3時過ぎに目が覚めてあわててエントリーしたところでした。
間に合ってよかったです。。。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

俺のフレンチTOKYO
メルマガ配信数オーバーでトラブル

■スポンサードリンク

■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』