法律なんか関係なく値段を消費税込にしている理由。2021年4月から消費税総額表示の義務付け。

2021年4月から消費税の表示に関する法律が変わります。
ただ私はそれに関係なく、自分の考えで消費税込にしてきました。

※総額表示のメニュー by Panasonic G9 PRO

消費税がなければ安くみえる

記事執筆時点で消費税率は10%。
小さくはない金額です。
この消費税を表示しなければ、安く見えるでしょう。

たとえば55,000円と消費税込で表示するのと、50,000円+税だと、やはり後者のほうが安く感じます。
値段をちょっと下げて、49,800円+税とすることもできるでしょう 。
さらに安く見えます。

法律上で、49,800円+税という表示は認められていました。
ただし、その法律は期限付きのもので、2021年3月31日までという特例です。

2021年4月からは、消費税を含めること、いわゆる「総額表示」が義務となります。

2021年4月からの消費税の総額表示義務

2021年4月1日からの消費税の総額表示は次のようなルールです。
・消費者に対して消費税を含めて表示する
・事業者間の取引、B to B の場合は対象外
・表示方法は、例として次のようなもの
55,000円
55,000円(税込)
55,000円(税抜価格50,000円)
55,000円(うち消費税額等5,000円)
55,000円(税抜価格50,000円、消費税額等5,000円)

もしこれまで、50,000円+税や、50,000円(税抜)といった表示をしていた場合は、その表示を変えなければいけません。

店頭の値札、チラシ、パンフレットなどはもちろん、ネット上(ホームページ、ブログなど)の表示も変えておきましょう。
それなりの時間とお金はかかります。
(もし、ネット上の値段の表示を変えるのにお金がかかるなら、悲しいことです)

私は、この法律に関係なく、消費税込にしていました。

 

法律に関係なく消費税込にしていた理由

消費税抜にしたほうが安く見えてメリットはあるのですが、私は消費税込にしていました。
売上は同じで、値段の表示を変えるだけで受注が増えるのであれば、いいことではあるのですが、なにかそれに頼りたくないなぁという気持ちがあったからです。

ましてや消費税8%から10%になり、消費税の負担感が増えたのでなおさらでした。

自分が売る側でどうするかは、自分が買う側でどう思うかが参考になるものです。
税抜で表示されているものを、たとえばレジで買おうとしたときに「高いな」と思うことがあります。
わかってはいることなのですが。

ネット上でも50,000円+税と表示されていて、決済の画面では55,000円と出ていると、「そっか消費税あるしなぁ」と納得はしつつ、なんだかモヤモヤはします。
49,800円+税だとなおさらです。

ヨドバシカメラは総額表示ですが、ヤマダ電機はそうではなかったので、好きではありません。

そんなこともあるので、自分が提示するときは消費税込にしていました。
今回の4月1日の改正で、なにかするわけでもありません。

また、この総額表示は「口頭の場合は該当しない」というルールになっています。
「いくらですか?」と聞かれたときの返答や請求について話す場合には、消費税込で55,000円であっても50,000円+税と言ってもいいわけです。
ときには、50,000円とだけ話すこともあるでしょうが、別の意味でもNGでしょう。

ただ、私は口頭で話す場合がもしあっても55,000円と伝えるようにしています。
口頭で5万円や5万円+税と話して、後で請求するときに55000円だと、やはりモヤモヤはあるからです。
メールでやり取りしていて金額の話をし、それが消費税込かどうかモヤモヤするときもありますので、そういった場合も税込でやりとりするようにしています。
(見積の段階は、総額表示の対象になっていませんが)

法律の変更はともかく、消費税は値付けの大きな要素です 。
総額表示が求められていない B to B であっても消費税込がシンプルでいいんじゃないかなと。
法律どうこうではなく、お客様に対する自分の軸の話です。

もし総額表示をしていない場合は、早めに変えていきましょう。

 



■編集後記

昨日は、打ち合わせ、セミナー準備など。
朝はチャンピオンズリーグ(サッカー)の決勝トーナメントの試合を観ながら。
今回は日本で放映されていなかったのですが、WOWOWで観れるようになりました。

「1日1新」
WOWOWオンデマンド
スタバ さくらドーナツ

■娘(3歳11ヶ月)日記
約束していたごほうびのさくらドーナツを朝のうちに入手。
夕食後食べて、喜んでいました。

値付け

Posted by 税理士 井ノ上 陽一