Windows365とMicrosoft365の違い

Microsoftのサービスで、Windows365とMicrosoft365というものがあります。
似ているこの2つの違いをまとめてみました。

※Macで使うWindows365 by Panasonic S1

 

Windows365とは、ブラウザでWindowsが使えるサービス

Windows365とは、ブラウザでWindowsを動かすことができるサービスです。
Windowsとは、OS、基本ソフト。
通常は、パソコンにインストールして使います。
インストールすれば、Windows対応のアプリが使えるのです。

Mac、スマホ、タブレットは、Windows以外のOSが入っているので(スマホ、タブレットはWindowsが入っている、入っていたことも)、Windows対応のアプリは使えないのです。

Windows365を使えば、ブラウザさえ使えればどの端末でもWindowsが使えます。

Macで、Google Chromeを使ってアクセスしてスタートすると、

こんな感じで、Chromeの中で、Windowsが使えるのです。
通常のWindowsと同様に、Excel、Word、パワポも使え、Windows用のアプリをインストールすることもできます。
このバージョンは、128GBなので、その分、アプリやデータを入れることができるのです。


Excelもこんな感じに。

スマホでもアクセスできます。
が、実質的に使えませんが……。

タブレット、Mac、Chromebook(GoogleChromeのみ使えるパソコン)なら、十分使えます。

Microsoft365とは、Officeが使えるサービス

Microsoft365とは、MicrosoftのOffice(Excel、Word、パワポなど)が使えるサービス。
以前は、Office365という名称でした。
(Office365のほうがわかりやすい気も)

Officeは、通常、パッケージ版のソフトを買い、インストールして使います。
今もあり、最新版は、2019です。

Microsoft365は、契約して年また月の利用料を払えば、継続して使えます。
ブラウザでもOfficeを使えますが機能は制限されていますので、通常は、ダウンロード→インストールして使うものです。
インストールできるパソコンの台数は、無制限。
WindowsにもMacにも入れることができます。

私がMicrosoft365を使っているのは、
・自作デスクトップ Windows
・iMac 24インチ
・MacBook Air
・Windows ノートパソコン VAIO SX14
です。

タブレットのiPad Pro 12.9インチ(10.1インチ以上だと編集にMicrosoft365が必要)にも入れてはいますが、ほぼ使いません。
使い勝手がよくありませんので。

これらWindows365、Microsoft365、どれが必要か、まとめてみました。

Windows365、Microsoft365、どれが必要か

Windows365、Macで使うにはいいかなとは思ったのですが、私は使いません。
Windowsを使うならWindowsパソコンのほうが操作性はいいので。

仮にMacでWindowsを使うとしても、Parallels Desktopを使います。
ただ、今は、これも使い勝手がいいと言えないので、レビュー後使っていません。
M1チップMacでWindowsを使えるParallels Desktop 16の設定

Windows365を使わない理由の最たるものは値段。
月額でこれくらいかかります。
最も安いと3,260円。
ただ、この場合、RAMが2GB、ストレージが64GB。
ストレージはともかく、RAMが2GBは厳しいでしょう。

私が今入れているのは、4GB、128GB。
これだと、月4,760円。
ちょっと高いかなぁと。

 

Windows 10 Proを持っていれば、月500円安くなりますが、通常は、Proではないでしょう。
私もそうです。

実質大企業向けかなぁと。
技術的には興味深いのですが。
なんだかんだ、Windowsパソコンを1台持っておくのが得策です。

そして、
・ネット接続が必須
というデメリットがあります。

Windowsキーを使ったショートカットキーも使えません。

ネット接続必須はともかく、やっぱ高いです。
私には。
そもそもMicrosoftの対象ではありませんけど。

なお、Windows365は、YouTubeでも取り上げました。

一方、Microsoft365は、使っていますし、おすすめです。
パッケージ版を買うよりも、アップデートが速いですし、台数無制限というメリットもあります。
パソコンを買い替えたときも、ログインしてダウンロード、インストールすればいいので楽です。

Office2019も、オンラインコード版はありますけど。
Microsoft Office Home & Business 2019(最新 永続版)|オンラインコード版|Windows10/mac対応|PC2台

インストール台数は2台です。
買いきりで35,000円ほど。
私が使っているのは、Microsoft 365 Personal 年間12,984円。
3年で、Office2019のほうが安くなりますが、また新しいOfficeが出たら買う必要があり、新機能はMicrosoft365のほうが速い、またはMicrosoft365のみというものもあります。
まあ、必須の新機能はそうそうありませんが。

その他、Microsoft 365 E1をTeams ライブイベント用に契約しています。
Microsoft Teams ライブイベントでオンラインセミナーをやる方法

まとめるとこんな感じです。

Windows365Microsoft365
機能ブラウザでWindowsOfficeをインストール
値段年39,120円〜年12,984円〜
おすすめ度いらんかな……ぜひ

 



■編集後記
昨日は、基本的にオフ。
夕方に個別コンサルティング(受けるほう)。

エンダーリリィズは、中ボスをなんとか撃破。
心地よい達成感です。

1日1新Kindle『1日1新』Instagram『1日1新』
Xbox Series XのスクリーンショットをiPadへ

■娘(4歳4ヶ月)日記→Kindle『娘日記』
いとことLINE電話したいのですが、「おじちゃん(いとこのパパ)いる?」と。
苦手だそうです。
あんまり接していないからかもしれませんが。
おじちゃんには画面に出てこないようにしていただき、LINE電話を楽しんでいました。