OBS Studioを使って自由な配置でZoom・YouTube・Facebookライブ・Teamsライブイベント

OBS Studioというソフトを使えば、動画収録、配信が楽になります。
その使い方をまとめてみました。

※OBS Studio by Panasonic S1

 

OBS Studioで絵を決める

OBS Studioとは、無料で使える動画作成ソフト。
(Windows・Mac対応)
たとえば、このように、自分のカメラ映像とパワポを組み合わせることもできます。

各動画配信ソフトでも、こういったことはできるのですが、自分の映像の大きさや位置を変えることは原則としてできません。
OBS Studioを使ったほうが自由度はあり、さらにアレンジもできます。

まず、OBS Studioで、収録・配信する絵を決めましょう。

何を配置するかを、[ソース]という部分で設定します。
まずは、カメラ画像。
[ソース]で、[映像キャプチャデバイス]をクリックし、

新規作成し、

カメラを選びます。

マウスで自由に配置・大きさを変えられるので、変えておきましょう。

次に[ソース]で[画面キャプチャ]をクリックし、

映し出す画面を選びます。
デュアルディスプレイにして、1つの画面を映し出すと便利です。

このように自由に表示できます。
パワポのスライドショーを表示することも。

さきほどのカメラ映像との位置関係(どっちが上か)を調整しましょう。
(スライドを先に設置すればこれはやらなくてもいいのですが)
画像を右クリックして[順序]で調整できます。

こんな感じです。

グリーンバック(クロマキー)を使うこともできます。
こういった画像に。

こちらの記事を参考にしていただければ。
YouTube & OBS Studioを使って、パワポでオンラインセミナーをする方法

 

OBS Studioで録画

OBS Studioで録画するには、右下の[録画開始]をクリックするだけです。

このように録画できます。
このあと、アップロードしたり、共有したり。
YouTubeの更新もこれでできます。

 

OBS Studioの[設定]→[出力]の[録画]タブで細かい設定ができます。

 

OBS Studioで配信

OBS Studioで配信することもできます。
まずは仮想カメラ(Virtual Camera)の機能を入れましょう。
こちらからダウンロードできます。
OBS-VirtualCam | OBS Forums

Zoom

OBS Studioの右下の[仮想カメラ開始]をクリックし、

Zoomで[OBS Virtual Camera]をクリックすると、OBS Studioの画像が表示されます。

 

 

YouTubeライブ

YouTubeライブの場合はライブ配信の画面で、ストリームキーをコピーし、

OBS Studioの[設定]→[配信]で、[サービス]を選択し、[ストリームキー]に貼り付けます。
これで、OBS StudioとYouTubeライブがつながるわけです。

このあと、[配信開始]をクリックすれば、

YouTubeライブで[ライブ配信を開始]がクリックできるようになり、これをクリックするとOBS Studioの画面を配信できます。

 

Facebookライブ

Facebookライブの場合は、[ライブ動画]をクリックして、

 

次の画面で[ストリームキーを使用]をクリックし、ストリームキーをコピーし、

OBS Studioの[設定]→[配信]で、[サービス]を選び、ストリームキーを貼り付けます。

その後、OBS Studioで[配信開始]をし、Facebookライブで[ライブ配信を開始]の順です。

ライブ配信後は、このように録画がアップされます。

Teamsライブイベント

Teamsのライブイベントは、他の参加者の方が見えないスタイルで配信するときに使います。
Microsoft Teams ライブイベントでオンラインセミナーをやる方法

通常だとこういった絵になるのですが、

こういう感じにしたいわけです。

OBS Studioで[仮想カメラ開始]をクリックし(OBS-VirtualCam が必要)、

Teamsのカメラで[OBS Virtual Camera]を選びましょう。

OBS Studioを使えるようにしておけば、動画収録・配信のバリエーションが増えます。
ぜひ使ってみていただければ。

 



■編集後記
昨日は、タスク実行デー。
祝日ですが、ゆるめに。

朝は個別コンサルティング。
アメリカ在住の方で、時差を考慮しての朝でした。

その後、家族で買い物へ。
イヤホン(AirPodsPro)をポケットに入れていて、落としてしまったんです。
あわてて拾うと片耳がなく。
そのへんを探してもなく、ひょっとするとその前に使ったカフェで落としたかな……と見に行くもなく。
ショック……と思いつつも、落ちているところの近くにいけば、Bluetoothがつながるかも!と、スマホの接続状況をみながら探してみると、落とした場所にありました。
商品棚のすきまに。
見つかってよかったです。

1日1新Kindle『1日1新』Instagram『1日1新』
とある予約サイト

■娘(4歳4ヶ月)日記→Kindle『娘日記』
ダイソーで買ったモール(キラキラした色のひも?)でいろんなものをつくっています。
50本で100円(110円)。
いいおもちゃです。