夜、土日、年末年始、電話、緊急、値段。お客様のニーズと自分の軸が重なるところ。

お客様のことを考えるのは大事ですし、欠かせないことです。
ただ、軸は自分に置いておきましょう。
そうしないと結果的にお客様へ貢献できません。
IMG 1172
※豊洲のクリニックにて iPhone X

18時から22時のクリニック

具合が悪くなると、朝に病院へ行くことがあります。
起きたときに具合が悪い→病院へ行く→治るといういい流れに鳴るからです。

ただ、日中に具合が悪くなることもあります。
そんなとき病院に行こうと思っても、空いていないことが多いです。
探してみると18時〜22時のクリニックがあり、救われたことがありました。
しかも、ネット予約可能。
しかも、先生は丁寧。こちらの顔を見てちゃんと話してくれます。
非の打ち所がありません。

「働くひとのための」と、夜間のみ営業です。
診療時間は4時間。
土日祝は休み。
それでも「違い」があるので、利益は十分でしょう。
(かなりの人でした)

ネット予約時に、氏名、症状も入力するので、効率化も図っています。

すべての方に好かれるのは難しい

18時〜22時のクリニック。
夜に病院へ行きたい人には好評ですが、朝、昼に行きたい人には不評です。
土日祝に行きたい人にもウケは悪いでしょう。

すべての方に好かれようと思ったら、9時〜22時といった営業時間にするしかありません。
そういったところも見かけます。
シフト制ならいいのでしょうが、働きっぱなしだと、大丈夫かなと。

自分以外だと、そうやって冷静に考えられますが、自分事だと、そうでもありません。
いつでも対応し、9時〜22時診療、それどころか7時〜1時診療なんてにもなりがちです。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


すべてのお客様に満足していただくなら、24時営業になってしまいます。
それでも24時間営業なんて嫌だという方もいるでしょうから、理論的に「すべてのお客様に合わせる」ことはできません。

となると自分側に軸を置くしかないのです。

お客様のニーズと自分の軸が重なるところ

夜対応してほしい
土日対応してほしい
電話で対応してほしい
すぐ対応してほしい
安くしてほしい(ただにしてほしい)
など、お客様のニーズは様々です。

そのお客様のニーズにこたえることこそ仕事ではあるのですが、お客様に軸を置いてしまうと、自分が疲弊します。
ひとりしごとならなおさらです。

どこかで線を引かなければいけません。

嫌々やっていても続きませんし、お客様側にも申し訳ないです。
前述のクリニックが、もし「朝型なんだけど、夜働くのは嫌なんだけど、儲かるし、夜のニーズもあるからやってる」だったら私は、行きたくありません。
(そんなことはないでしょうが)

お客様の方を向くのは大前提。
軸を自分側に置くだけです。

その軸とお客様のニーズが重なるところこそ最も貢献できるところではないでしょうか。

私はこうしています。

■スポンサードリンク

・夜、土日祝、年末年始

対応はしていない=営業時間外。ただ、セミナーや個別コンサルティングなど、予め決まっていればやることも。時間をかけてじっくり伝えたいセミナーは原則として平日午後にやる。
セミナー要望も受け付けている。
年末年始は平日ルールで(〜12/28とせずに、平日なら普通に仕事をする)。

・電話

いつでもどこでも電話に出ることができるわけじゃないので、使っていない
その代わりメール、ネットからの申込みフォームは整備。
予約の空きも見ることができるように工夫。

・すぐ対応

夜間、休日のメールはすぐ対応できない。
予約については、前日、ときには当日でも空いていればOK。

・値段

相見積もりになるようなら、受けない。
正規料金でお支払いいただいている方に申し訳ないので、値下げも不可。
そのかわり値段は提示し、シンプルにする。

そして、こういった自分の軸を出しておくことが大事です。
営業時間を書いたサイト、看板のように。
出していない、そして出し方が不十分だと、軸に合わない仕事が来てしまいます。

自分の軸は、先出しじゃんけんです。
先に出しておき、それに応じて来ていただくもので、そこにお客さまのニーズが重なれば、お互いにとって幸せなことではないでしょうか。

年末年始休暇はとっていません。
平日なら普通に仕事、土日祝は休むというルールです。

広くニーズを集めておいて、「うーん、自分の軸と違うなぁ」という後出しジャンケンにしないようにしましょう。
前述のクリニックに看板がなければ、昼も当然やっていると思って入ると、「いや、うちは18時から22時しかやってないんです」と言わなけれいけなくなります。
極端な例ですが、こういうことって意外とよくあるのではないでしょうか。
(店舗ビジネス以外では特に)

自分の軸は出しておいて出しすぎることはありません。
「自分の軸なんて定まっていないし」という方も、その軸を出していきましょう。
出すことによって軸は磨かれます。


■スポンサードリンク
【編集後記】

昨日は目黒で個別コンサルティング。
働き方を変えるためにもブログ更新、ぜひ続けていきましょう。

個別コンサルティング前は、娘の予防接種から目黒へ。
アトレの屋上庭園で授乳して弁当を。
目黒に住んでいたときは行ったことがなかったのですが、なかなかいい場所でした。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

愛育クリニックから目黒へバス
目黒アトレ 屋上庭園
賛否両論 のり弁・カツ丼

【昨日の娘日記】

インフルエンザ予防接種でした。
病室に入り、聴診器のため、服を脱がせだすと泣き始めました。
注射だとわかったのかもしれません。

ギャン泣きでしたけど、がんばりました。
ご褒美に肩車とお菓子を。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』