Macだけで仕事ができるのか?ーMacでWindows FAQー

「Macで支障なく仕事ができるんですか?」とよく聞かれます。
結論からいうと、まったく問題なく仕事ができます。

IMG 2328

1 Bootcamp(ブートキャンプ)を使っているのですか?

ブートキャンプは使っていません。
ブートキャンプとはMacにWindwosをインストールして使うことができるしくみです。
ただし、MacとWindowsを切り替えるには再起動をしなければいけません。
たとえば、Macで作業をしていて、WindwosのExcelを使いたくなったときは、いったん再起動する必要があります。
非常に不便でしょうね。

私にとっては、ブートキャンプを使うという選択肢はありません。

2 MacとWindowsを同時に動かすとはどういうことですか?

仮想化ソフトというものを使うと、Mac上でWindowsを動かすことができます。
メジャーな仮想ソフトにはparallelsDesktopとFusionがあります。
私が使っているのはparallels Desktopです。
(調べたところ、2つの優劣はなく、導入当時たまたまキャンペーンをやっていたのでparallelsを選びました)

このソフトを入れると、このようにWindowsを丸ごと動かすことできます。
青い枠の部分がWindows7です。
まったく同じように使えます。
WindowsでコピーしたものをMacに貼り付けることもできます。

スクリーンショット 2012 04 01 6 03 29

parallelsでモードを切り替えると、このような表示のできます。
赤い部分がMac、青い部分がWindowsです。
こう表示させると、Macのソフトと変わりはありません。

スクリーンショット 2012 04 01 6 02 29


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


3仮想化ソフトを使う上で気をつけなければいけないことは?

仮想化ソフトは結構動きが重いです。
Windowsを丸ごと動かすので、ある程度のPC性能が必要となります。
目安としてはメモリ4GB以上です。
私が1つ前の世代のMacBookAir(メモリ2GB)で動かしたときは、結構重くなりました。
(CPUも違うので、メモリ以外の要素もあるかもしれませんが)
現行のMacBookAirの4GBモデルなら大丈夫です。

また、parallels自体の容量も必要です。
だいたい30GB以上のHDD(又はSSD)を使います。
MacBookAirの64GBモデルだと厳しいでしょう。

4 parallelsを快適に使うために必要なコストは?

parallelsを使うためには次のものが必要です。
・parallels Desktop
オンラインで購入できます。8500円です。
今はキャンペーンなのでちょっと安いですね。
無料体験版(30日)もあるので、試してみることできます。

・Windowsのソフト
Macに入れるWindowsが必要です。
ただし、他のWindowsPCを持っていても、そのWindowsソフトは使えません。
別途買う必要があります。
正規で買うと、だいたい28,000円くらいです。
大人の事情から10000円程度で買えるものもあります。Amazonを検索してみてください。

・Excel等のソフト
Windowsで使うソフトは当然必要です。
こちらも別途購入しなければいけません。
ただ、大人の事情により・・・・・・(省略)

5 最新のOS(Lion)でも使えますか?

もちろん、使えます。

6 Windows専用の会計ソフト、税務ソフトは使えますか?

もちろん、使えます。
支障はありません。
ただし、なんらかのトラブルがあったときに、Macで使っていることを理由にされるでしょうね。
理屈からすると、Macの仮想環境で使っていようが、Windowsで使っていようが関係ありません。
問い合わせするときは、Macで使っていることは黙っておきましょう(笑)

7 e-Taxはできますか?

もちろんできます。
国税庁のサイトの場合、カードリーダによっては、Mac側でやることも可能です。
私の場合、税務ソフトがWindowsでしか動かないため、Windows側に一括して設定しています。

8 Windowsのバージョンは選べますか?

もちろん好きなバージョンをインストールできます。
動作の軽いXPを入れるのも手です。
私はWindows7を入れています。
容量の制限はありますが、複数のWindowsをインストールすることもできます。

9 MacとWindowsのソフトはどう使い分けているのですか?

インターネットブラウザ、メール、Evernoteなど基本的にMacを使っています。

■スポンサードリンク

プレゼンテーションソフトはMacのKeynote、WordはMac版です。

Excel、税務ソフト、会計ソフトなどをWindowsで使います。
ExcelはMac版も持っていますが、ショートカットキーが違うことやマクロの動作が遅いという理由からWindows版を使っています。

10 MacをWindowsでデータを別々に管理しなければいけないのですか?

データは共有できます。
MacのFinder(Windowsのエクスプローラーにあたるもの)や検索で、Excelファイルをダブルクリックすれば、Windows版のExcelでファイルが開きます。
Mac、Windowsの違いを感じさせません。
スクリーンショット 2012 04 01 6 06 14

うまくWindows側が開かないときは、右クリック→情報(又はcommand+i)→[このアプリケーションを開く]でWindowsのExcelを指定してください。

11 USBメモリやプリンタは普通に使えますか?

10と同様にMacにつないだUSBメモリのファイルをダブルクリックして開くことができますし、Windows版にUSBメモリの接続を切り替えて使うこともできます。
USBに何かを指すと、Macで使うか、Windowsで使うかの選択肢が出てきますので、そこで切り替えることも可能です。

(必ずどちらかで開くように設定することもできます)

プリンタも基本的には、USB接続を切り替えて使います。(共有することもできます)

私は無線LANでプリンタを接続しているため、Mac側でもWindows側でも支障なく使っています。

プリンタは新しいものであれば、たいていMacにも対応しています。

というわけで、うちにはMacしかありませんが、普通に税理士業務やWindwosのExcel関係の業務ができています。

参考にしていただければ幸いです。





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日は、「会計ソフト×Excel徹底活用セミナー」でした。
6名の方にご参加いただいています。
次回は、4/13に開催します。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』