改めて考えるGmailのおかげでやらなくてよくなったこと

<ソフト>には、いろいろと選択肢がありますが、メールソフトに限って言えば、Gmailを使わない理由はない気がします。
スクリーンショット 2012 05 08 7 10 03

Gmailの特徴

Gmailはインターネット上で利用できるメールサービスで、Googleが提供しています。
次のような特徴があります。
・無料
・複数のPC、iPhone等のスマートフォン、携帯電話からメールの閲覧、送受信ができる
・迷惑メールフィルタがかしこい
・フォルダがない
・独自のメールアドレス(会社のアドレス、ビジネス用のアドレスなど)で送受信できる
・検索が速い

プラスアルファで使っているもの

私はウェブ上の純正Gmailの他に、PC(Mac)では、≪Sparrow≫をメインに使っています。
処理速度が軽く、余計な表示もなく、シンプルなのがお気に入りです。
もちろん、Gmailと連動しています。
Sparrow App

カテゴリ: 仕事効率化

価格: ¥850

iPhoneでもSparrowを使っています。
こちらも動きが軽いのが特徴です。
Sparrow App

カテゴリ: ユーティリティ

価格: ¥250

Gmailのおかげでやらなくてよくなったこと

私は2006年くらいからGmailを使っています。
このGmailのおかげでやらなくてよくなったことは多いです。

無駄な時間や手間をぐっと減らしてくれました。

例えば、次のようなものがあります。

1 メールソフトの購入 メールソフトの買い替え
2 迷惑メールにいらいらすること(独自にフィルタを設定することも可能)
3 「すいません、事務所(会社)に戻ってからメールを確認します」と言うこと
4 メール移行の手間(ログインするだけ)
5 メールフォルダの振り分け・整理(検索するだけ)
6 検索の遅さにいらいらすること
7 電話(メールの反応を早くできるため)

特に4は楽ですね。
「休みの日にPCを入れ替えて、メール移行に膨大な時間がかかった〜」
なんてことはもうないですから。

PCが故障しても同様です。

Gmailを使ってなく、上記のようなことにお困りの方は、是非Gmailを使ってみてください。





【編集後記】
6月のセミナーの申込受付を開始しました!
6月は、ピボットテーブルとマクロです。
別々のものですので、どちらか1つだけでも申し込むことができます。
Excelを日常業務で使う方で、ピボット、マクロを使ったことがない方は是非〜。

■スポンサードリンク

☆6/16 午前 経理&会計のためのピボットテーブル入門セミナー お申し込みはこちら
☆6/16 午後 経理&会計のためのマクロ入門セミナー お申し込みはこちら