Excelを<表計算ソフト>と言わない

Excelは「表計算ソフト」といわれることがありますが、Excelを使い始めた当初(15年前)から、「表計算」という言葉を使っていません。
Excelのほんの一部しか表現できていない気がするからです。
スクリーンショット 2012 05 25 4 30 52

表計算

<表計算>というと、<表を作り、計算する>というイメージがあります。

例えば、こんな感じの表を作ることができます。
スクリーンショット 2012 05 25 4 50 36

<表計算>という言葉からすると、これでいいのですが、ここで終わってしまってはExcelの力を十二分に発揮できたことになりません。

表を作らない方がいい場合も

上記の例で、もし担当者別に集計をしたいときは、もう一度表を作り直すか、新たに作る必要があります。
この表に2月、3月のデータを追加していくときも大変です。

実は、表を作らない方がExcelをうまく活用できます。

上記の例だと、このようにデータを準備します。
表は作りません。
スクリーンショット 2012 05 25 4 55 49

こうしておけば、ピボットテーブルを使って、自由自在に集計ができます。

例と同じように作ることもできますし、
スクリーンショット 2012 05 25 4 57 56

担当者別に集計することも、
スクリーンショット 2012 05 25 4 58 55


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


レイアウトを変えることも可能です。
スクリーンショット 2012 05 25 4 59 22

もちろん、簡単に表を作るケースもありますが、集計や分析をする場合は、この方が簡単です。

<表計算>にとらわれていると、こういうことを発想しにくくなります。
ピボットテーブルの敷居が高く感じられる一因でもあるのでしょうね。

<表計算>以外にできること

その他、<表計算>以外にできることには、次のようなものがあります。

視覚的に表現できるグラフ

グラフで表現することもかんたんにできます。

データベース的な機能

オートフィルターやVLOOKUP関数を使って、データベースとして使うこともできます。

データ加工

全角を半角に変える、半角を全角に変える、置換する、結合するなど、データの加工も関数でできます。

書類作成

書類作成というとWordを使うことが多いのですが、請求書、領収書など計算の必要がある書類、表がある書類はExcelで作った方が楽な場合もあります。
一から入力しなくても、データベースから顧客データを取り出すこともできます。

他のソフトとの連携

売上管理システム、会計ソフトなどからデータを取り出し、Excelで加工することもできますし、Excelのデータをそれらのシステムに取り込むことができます。
Excelを最大限に活用すればするほど、データを直に入力することがなくなります。

作業を自動化できるマクロ

上記のような作業を人間が一からやる必要はありません。
マクロを使えば、自動的に処理を終わらせることができます。

■スポンサードリンク

「Excelを<表計算ソフト>と言わない」というのは、Excelと使いこなす上での、私の小さなこだわりです(^_^)

<表計算>以外の部分も是非ご活用ください〜。

☆6/16 午前 経理&会計のためのピボットテーブル入門セミナー お申し込みはこちら
☆6/16 午後 経理&会計のためのマクロ入門セミナー お申し込みはこちら





■スポンサードリンク
【編集後記】

昨日は、4時に目が覚め、そのまま終日仕事。19時頃には眠くなり、19時半頃寝ちゃいました(^_^;)
今朝は2時に目が覚めています。
「時差ぼけ」かもしれません・・・・・・。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###