Macのキーボードショートカットを使いやすくするコツ

「Macのショートカットキーが使いにくい」との声が意外と多いので、解説してみました。

IMG 4008

WindowsとMacは違う

WindowsとMacは同じPCですが、当然違うものです。
WindowsからMacに切り替える、又はMacをはじめて使うには、Macならではの操作に慣れる必要があります。

特にMac内でWindowsを使うのなら、Mac側と、Windows側で操作を変えなければいけません。

次のような点でキー操作が異なります。

○修飾キー

修飾キーとは、Macのcommand、option、control、shiftキーです。

IMG 4006
スクリーンショット 2012 08 09 7 52 29

controlキーは、WindowsのCtrlキーと似ていますが、役割が違います。
WindowsのCtrlキー=MacのCommandキーなのです。

これで、多くのショートカットキーが使えるようになります。
たとえば、WindowsでCtrl+cは、MacではCommand+cです。

○delete

MacにはBackspaceキーがありません。
WindowsのBackspaceキー=Macのdeleteキーなのです。
つまり、deleteを押すと1文字前を消すことができます。
IMG 4010

Windowsのdeleteキー(1文字後を消す)の機能は、Macではfnキー+deleteキーです。

○Home、End、Pageup、Pagedown

MacにはHome、End、Pageup、Pagedownキーがありません。
それぞれ、fn+←、fn+→、fn+↑、fn+↓で操作します。
意外と使います。
IMG 4009

「Pageupは上だからfn+↑」と覚えました。

○ファンクションキー

ファンクションキーとは、キーボード上部のF1、F2・・・と並んでいるキーです。

IMG 4007

Macでは、これらを押すと、それぞれのキーの割り振られた機能を実行できます。
たとえば、F1キーを押すと、画面が暗く、F2キーを押すと画面が明るくなります。
ソフト上でF1、F2キーの機能を使うときは、fnキーと一緒に押します。

たとえば、WindowsのExcelをMacで起動させ、セルの編集(F2)をするには、fnキー+F2キーを押すのです。

やっておくべき設定

私は、より使いやすくするためにMacの設定を変えています。

○ファンクションキー設定

[システム環境設定]→[キーボード]で、[F1,F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用]のチェックを入れます。
Windowsを併用する方には必須です。
スクリーンショット 2012 08 09 8 31 46

○ATOKPassport

Macの日本語変換ソフト「ことえり」はやや使いにくいです。
そこで、有料のATOKPassportを入れています。
月額300円で、MacにもWindowsにも入れることができます。
特にMacとWindowsを併用している方は変換ソフトを共通化している方がやりやすいでしょう。
日本語入力システム ATOK Passport

・MacでもWinでも使えるATOKPassportに切り替えました。 » EX-IT

○トラックパッド

Macを使いこなすには、トラックパッドを活用することが欠かせません。
キーボードに近い位置にありますので、ショートカットキーと併用しています。
IMG 4008
ただ、人によってあうあわないがあると思います。
私はVAIOやLet’s noteのパッドは使ってませんでしたが、Macのは使っています。

Macの右クリックはOptionキーを押しながらクリックです。
[システム環境設定]→[トラックパッド]→[ポイントとクリック]で、[副ボタンのクリック]を[2本指でクリックまたはタップ]に設定すると、右クリックが2本指タップでできるようになります。

副ボタン=右クリックです。
スクリーンショット 2012 08 09 8 34 39

なお、この設定画面は動画ヘルプにもなっていますので、繰り返し見てマスターすることをおすすめします。

○キーボードショートカット設定

[システム環境設定]→[キーボード]→[キーボードショートカット]でショートカットキーをカスタマイズできます。
スクリーンショット 2012 08 09 9 06 52

私は誤作動を起こす可能性があるもの、使わないものはオフにしています。
たとえば、control+↑は、標準設定では使わずMacのExcelでよく使うため、オフにしておきます。

Macで使うショートカットキー

すべてのショートカットキーはこちらにあります。

Mac OS X のキーボードショートカット

私が使っているMacのショートカットキーをまとめてみました。

command+A 全体を選択
command+C コピー
command+D 複製(Finder、Keynoteなど)
command+V 貼り付け
command+X 切り取り
command+F 検索(chrome、Safari)
command+I 情報を見る(Finder)
Space     ファイルのプレビュー(Finder)
command+Shift+3(選択した画面をコピーして保存)
command+Shift+control+3(選択した画面をコピー)
command+M アクティブなウィンドウをdockにしまう
command+S 保存
command+shift+S 複製して保存
command+P プリントアウト、PDF化
command+Q アプリケーションを終了
command+W ウィンドウを終了(Excel、chrome、Safari)
command+Z やり直す
command+Shift+Z やり直したものを戻す(WinのCtrl+y)
command+delete ゴミ箱に入れる

fn+F1 照明を暗くする
fn+F2 照明を明るくする
fn+F5 キーボードライトを暗くする
fn+F6 キーボードライトを明るくする
fn+F10 音量をミュート(消す)
fn+F11 音量を下げる
fn+F12 音量を上げる

delete 1文字前を消す
Fn+delete 1文字後を消す

option+ドラッグ 項目をコピーする(Finder、Excel、Keynote等)

あとはそれぞれアプリケーションごとに使うものがあります。
ショートカットキーは、メニューに表示されるので、「よく使うもの」は一度ショートカットキーを試してみてください。

スクリーンショット 2012 08 09 9 15 32

Chrome使いの方はこちらも参考にしてください。
[Win&Mac両対応]すべて試した結果、おすすめするGoogleChromeのショートカットキー13選 » EX-IT





【編集後記】

■スポンサードリンク

昨日は久しぶりに会う友人と飲み。
奥さんも連れてきてくださって、楽しく飲めました。
こういう付き合いはうれしいものです(^^)