デジタルノートのメリットを最大限に活用ーそもそもEvernoteって何に使うのか?ー

「「Evernote、エバーノート」とよく聞くけど、何に使うかわからない」という声をよく聞きます。
Evernoteとは何か、なぜ私が使い続けているかを改めて考えてみました。
スクリーンショット 2012 11 15 7 56 13

Evernoteはデジタルノート

Evernoteを一言で言うなら、「デジタルノート」でしょう。
デジタルで管理するノート、アナログで管理するノートはそれぞれメリット、デメリットがあります。
それぞれのメリットを比べてみました。

○デジタルノートのメリット
1 持ち運びが楽(データという目に見えないもの)
2 入力が楽(タイピング又はフリック入力により楽に入力できる。個人差あり)
3 どこからでアクセスできる
4 情報を1カ所にまとめることができる(データ量という制限はあるが、十分な量)
5 書いたものを再加工できる

○アナログノートのメリット
1 ペンや鉛筆などで手書きできる
2 手書きで図なども書きやすい
3 使い慣れている(使うのに知識はいらない)

こんなところでしょう。

アナログも融合

私はデジタルノートとしてのメリットを最大限に利用するために、Evernoteを使っています。

アナログノート(メモ帳)も使っていますが、ここにある情報は、すべてEvernoteにあります。

IMG 4675

アナログノートの情報はPCのEvernoteに入力し直します。
以前は、スキャンや写真も試してみましたが、デジタルでの再利用を考えると入力し直した方が好ましいです。
入力しながら、メモしたことの整理もできます。
アナログではガンガン書いて、ガンガンメモして、それを整理しながらデジタルに移すというわけです。

アナログノートではマインドマップ(自己流に簡易的に。黒一色で)、デジタルでは箇条書きにしています。
クライアントとの打ち合わせでもアナログノートを使うことが多いのですが、デジタルに入力し直します。

「メモ帳をEvernoteに転記する」というのは、私が毎朝必ずやるタスクです。
といっても、自分のひらめきやタスクなどはiPhoneのFasteverというアプリで記録していますので、メモ帳を使うのは週に2,3回ですね。
セミナーのメモはアナログノートです。
どうしてもタイピングの音が気になりますしね。

Evernoteの使い道

Evernoteの公式サイトに書いてあることが、Evernoteの使い道を非常にうまく表現してくれています。
スクリーンショット 2012 11 15 7 58 21

”すべてを記録する”というコピーの後に

”何でも保存”
”どこからでもアクセス”
”すばやく検索”

の3つが記されています。
これにそって私の使い道を解説すると次のようになります。

”何でも保存”

実は何でも保存していません。

PDF、Excel、Word、写真は入れていません(有料会員だと保存することができます)。
「あとで読もう」と思っても読まないので、とりあえず情報を保存することありません。
読んだ上で保存する必要があるものがあれば保存しますが、読む前に保存することはほとんどないです。

保存しているものは、主に次のようなものです。

・仮に保存
この仮に保存するというのを結構やっています。
タスク、一時的に使う交通手段・メモ・アクセス情報のメモなど。

・何度も見るもの
リスト(やらないことリスト、目標)、チェックリスト、パスワードなど

・アウトプットのネタ
お客様関係、ブログ、メルマガ、原稿、書籍、セミナーなどのネタ
過去にアウトプットしたもの(ブログやメルマガ、原稿)も今後のアウトプットのネタになるため、保存しています。
参加したセミナーでとったメモも、同じくネタになりうるため、保存します。

”どこからでもアクセス”

MacでもWindowsでも、iPhoneでもiPadでもどの端末からでもどこからでもアクセスできます。
PCならオフライン(ネットにつながってない状態)でも見ることができるので便利です。
機内でも見ることができますしね。

”すばやく検索”

「アウトプットのネタにする」という私の主目的から考えるとこの”すばやく検索”は重要です。
例えば、セミナーを企画したとき、内容を練るときに、キーワードで検索すれば、その関連するアウトプットやネタが出てきます。
それを参考にして作るのです。
自分がアウトプットしたものでも忘れちゃいますからね。

Evernoteはアウトプットをやっていればいるほど役に立つのでは?と考えています。
インプットするツールと思われがちですが、実はアウトプット促進ツールとして私は使っています。
そもそもアウトプット前提のインプットですからね。

文章を書くアウトプットに限らず、仕事はアウトプットしてこそ成果につながります。
こう考えると、万人に役に立つツールと言えるでしょう。

PCを活用した仕事術というと、このEvernoteは欠かせません。
11/24のセミナーでも取り扱い、実際にさわっていただきます。
キャンセルが発生したため、若干名、追加募集いたします。

11/24(土)EX-IT仕事術 1日セミナー
詳細・お申し込みはこちらまでお願いいたします。





【編集後記】

■スポンサードリンク

昨日、トライアスロンデビューを決心した友人とショップに行きました。
どういう道具を使うかをイメージしてもらいたいと思ったからです。
もう少し検討してからバイクを購入してもらおうと考えています(^^;)
デビュー戦には私も出る予定ですので、楽しみです。
スイムが苦手じゃないってのがうらやましいですね。私はかなり苦労した(している)ので(^^;)