バイオリズム

5:19の電車に乗り遅れ、次の5:39までホームで20分待ちです。

かなり走ったのですが、間に合わず。

朝から体力を消耗しただけでした。


いつも思っているのですが、人生やビジネスでも同じようなことがあるのではないかと。



急いで焦っても物理的に乗れないものには乗れない。

だったら、無理に体力を消耗せずに次の電車に間に合うようにするのが効率がいい。

逆にちょっと急げば、乗れることもある。


走るべきか走るべきでないか

⇒押すべきか引くべきか


そういうタイミングがバイオリズム、教えてくださるのがメンタルセラピストだそうです。


先日のセミナーで聞き、ちょっと気になってます。

■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク