申告書を客観的な視点で見ると気になったこと

今日の業務の1つは、
先週新規契約させていただいたお客様について、
過去の決算書・申告書の分析です。
3年分を入手しています。
決算書と税務申告書は、
・企業が3年間でどのような成長を遂げたか
ということとともに
・税理士がどういうスタンスで3年間関与してきたか
ということが明らかになるものです。
税理士は申告書に署名をするので、どこの誰かというのもわかってしまいます。
今は直筆の署名よりも電子署名のケースも多いですが。
今回気になったのは、税金・会計の問題はともかく、
書類としての完成度
です。

入力すべきところが空白。

どちらか○をつけるべきところがついてない。
など、基本的かつ、税金の計算には影響しないことなのですが、
客観的に見ると、気になりました。
申告書を見るお客様、税務署等、金融機関がどこまで気にするかどうかでしょうけど。
今回気になった書類の1つは提出が義務づけられているものなので、
少なくとも税務署は気にすると思います。
税務申告書は、そんなにオリジナリティを出せるところではないと思いますので、
基本的なことをしっかりとやらなければいけないと改めて感じます。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク