年収2000万

61

最近のPRESIDENTの特集は「年収2000万」と付くものが多いです。
今週はこれ。

20080728063700.jpg

職業柄,年収2000万には,違った思い入れがあります。
給料をもらう場合,税金の計算は,
年末調整といわれる会社での処理で完了します。
ただし,給料が2000万円以上の場合は,
個人で所得税の確定申告をする必要があります。
だから,
確定申告しなければいけないくらい給料もらえるようになればなぁ
思っていました。
税理士事務所勤務ではかなり厳しいとは思います。
今は独立したんで,また事情が変わりますが。
お客様にも年収2000万円以上の方が何人かいらっしゃいます。
経営者の方が多いのですが,
特徴としては,挙げられるのは,
そんなに忙しくしていないこと。
年収1000万円くらいまでは,仕事量で何とかなるのかもしれませんが,
それ以上となると,
システムを作らなければいけないのではないでしょうか。
マトリックスだとこうなると思います。
1 非常に忙しくて,収入が少ない
2 時間に余裕があって,収入が少ない
3 非常に忙しくて,収入が多い→収入の限界があり
4 時間に余裕があって,収入が多い→2000万円以上
4になるためには,
これまでの延長線上ではなく,
何かを大きく変えていかなければいけないでしょうね。

Spread the love
前の記事アイデア=A+B
次の記事朝型VS夜型
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら