助成金の打ち合わせ

個人として開業したり、
法人を設立した場合、
助成金を受給することができます。
助成金は融資と異なり、返済不要ですので、
活用できる場合であれば、活用すべきものです。
今日は、
その助成金関係の打ち合わせに
社労士さんと南浦和へ行きました。
助成金関係の仕事は本来社労士さんの
業務です。
しかし、その助成金申請の書類には、
貸借対照表、損益計算書
又は税金関係など
数字的な根拠が必要なものもありますので、
私も参加させていただいたところです。
さらに
開業当初ということで、
何かお手伝いできることがあればうれしいですね。
開業すると、
税務署への届出
青色申告での帳簿の作成方法
源泉所得税の納付
などの業務を行う必要があります。
これからの時期だと
年末調整や
源泉徴収票の交付
年明けの
法定調書
給与支払報告書の提出
そして
確定申告(個人の場合)
なども。
開業当初、設立当初だからこそ、
こういった土台を固めることが必要です。
一見地味ですけど、
一通り流れを押さえると、2年目からが楽になりますしね。
直接的に売上を上げるというわけではありませんが、
間接的に支えるのが、税理士の役目だと思います。



■スポンサードリンク