【税理士】決算の数字と税金の額の確定

5/18(月)~5/20(水)までの3日間,
事務所にこもりっきりでした。
集中して,3月決算→5月申告のお客様の申告書類を作成しています。
あとは,説明資料の仕上げをして完了です。
5月に税務署に申告する場合,5月末(今年は日曜日のため,6/1(月))が
申告書の提出及び納税の期限となっています。
しかし,このタイミングで
「決算書はこうなりました。」
「税金が○○円です。」
といきなりお話しするわけではありません。
決算の数字や税金の額は,お客様との打ち合わせの中で,
かなり前からシミュレートします。
昨年の12月ごろから決算の数字や税金の額のシミュレートを開始し,
4月の月次訪問時には,90%ほど確定し,
5月の月次訪問時には,99%ほど確定しています。
その後,細かいチェックや書類の作成を行っていたというわけです。
経営は常に先を見ておく必要がありますので,
必然的にこのような流れになります。

■スポンサードリンク

■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』