税理士試験合格発表後

昨日は税理士試験の合格発表でした。
税理士試験は11科目あり,そのうちの5科目に合格する(必修科目あり)と
税理士資格を取得できます。
(プラス実務経験2年が必要です。)
5科目合格した場合はネットで公表されますが,
それ以外の場合は郵送で合格通知が送られてきます。
都内だとたいてい当日に届きますが,落ち着かないものです。
昨日は友人の税理士もブログで記事にしています。
◆合格発表
結果発表の日
合格された方,おめでとうございます。
科目合格だった方は次の科目へ,
不合格だった方は,来年に向けて再スタートです。
今日はその再スタートについて,私が考えることです。

1 不合格の理由を考える
 「合格していたはずなのにだめだった」
 「もう少しだった」
 と不合格後の意見はいろいろとあるのですが,
 不合格には,何か理由があるはずです。
 
 具体的に試験問題のどこができなかったのか?
 勉強時間が不足していなかったか?
 など,不合格となった理由を意識することが重要になります。
 合格・不合格というのは,ゆるがない事実です。
 近年は,不合格の場合,試験の出来にランク(A~D)がつくのですが,
 まったく意味がありません。
 
2 悔しさをバネに
 月並みな言葉ですが,今の悔しさをバネにしなければいけません。
 なんとなく受験し続けることがないようにする必要があります。
 
 悔しさは,忘れてしまうものです。
 私も同様でした。
 ただ,私の場合は,税理士受験の前にそういう悔しさを味わっているだけです。
 不合格の試験は,中学受験,高校の選抜試験,大学受験,簿記3級,簿記1級・・・
 と数多くあります。
 それでもその悔しさをその都度忘れていて,しっかり勉強することができていませんでした。
 
 ようやく簿記1級の不合格の悔しさをバネにし,
 その後の公務員試験,税理士試験に合格しています。
 
 これにいつ気づくかが勝負ではないかと思います。
3 1/11(11分の1)
  税理士試験の勉強期間は,通常9月から翌年7月までの約11ヶ月です。
  今日から,年明けの学校の講座が始まるまでは約1ヶ月あります。
  この1ヶ月が持つ意味は非常に大きいです。
  あまりショックを引きずっている時間はありません。
  「受験生に正月はないのか?」というと,
  「ない」と思います。
  少なくとも私が受験していたときは。
  特に働きながら受験している方は,仕事も休みで,自分の勉強ができる貴重な機会です。
厳しいコメントかもしれませんが,実際厳しい試験だと思います。
しかし,税理士資格をとりたい,
特に独立して自分の考え,スタンスで税理士業務をやりたい方は
乗り越えなければいけない試験です。
また,受験生が税理士になりたいという思いを強めるような姿を
我々税理士が見せなければいけないと考えています。
===============================
 12/20(日) 確定申告勉強会 お申し込み受付中

■スポンサードリンク
【編集後記】
2月の祝日を利用して,実家の宮崎に帰ることにしました。
航空券が安かったこともありますが,
つい最近,とある本を読んだことが理由です。
こういった影響を受ける本に出会えることに感謝したいですね。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク