・サービス提供のスタンス

先日,最新ビジネス活用事例セミナー(神田昌典さんのイベントです。)というセミナーで,株式会社EC studioの山本社長の話を伺いました。
株式会社EC Studioは,HPによる売上アップ,ITによる業務効率化などのサービスやソフトウェアを提供している会社です。
同社はiPhoneとツイッターを全社員に導入することで社内のコミュニケーションの円滑化,業務改善を実現されています。
こちらの本もオススメです。
(当日,セミナー参加者全員にプレゼントしてくださいました。)

iPhoneとツイッターで会社は儲かる (マイコミ新書)/山本 敏行
¥819
Amazon.co.jp

ITによる徹底的な業務効率化の話は非常に参考になりました。
自分なりにやってきたことがまだまだだと痛感したところです・・。
さらに響いたのが,「自社に導入して効果があったものしか(他社に)提供しない」というスタンス。
モノやサービスの提供は,こうあるべきだと思います。
税理士である私自身も自分だったらやらないであろう節税策は提案しないですし,自分がめんどくさいことはクライアントにも言えませんし,説得力もなくなります。
この点をもっと突き詰めてみようと,セミナー後に考えていました。
その1つが月次決算。
自社の月次決算を徹底的に改善し,効果的なものにすべく,早速今日取りかかってみました。
これまでは月の初め,3日までに終わればよしとしていましたが,1日で終わり,かつ,効果的な月次決算をするにはどうするかを実践しています。
月次決算とは,会計ソフトに1ヶ月の業績を入力し,その業績により経営の意志決定を行うものです。
過去の業績との比較,今後の見込みの作成も行います。
税理士にとって,基本的かつ最重要な業務だと思っています。
月次決算のスピードと精度が経営改善,節税にもつながります。
自社の月次決算(事務所と会社)は,これまで2年間ほどスタッフに担当してもらっていたのですが,実は今年の1月から私が月次決算をやるようにしています。
その理由は全体の業務の改善を行うためです。
一時的に私が担当して改善してから元に戻そうかと考えていましたが,いろいろな気づきもありますので,引き続きやってみようかと思っています。
今日の月次決算でもいろいろと気づきがありました。
ただ,まだまだ業務の流れをスムーズにするために改善が必要ですね・・・。


============================
【編集後記】
ここ最近,迷惑FAXが続いていました。
複数の電話番号から,1日数回。しかも・・・電話にカゼ
番号を指定してガードしてもイタチごっこです。
今日も来たので,とりあえずネット検索。
今日の番号ではヒットしました。あるブログで書かれていた情報では,
DELLからのFAXDMとのこと。
直接電話して止めてもらいました。
明日からはもう来ないはず(?)です。
しかし,迷惑でした・・・。
【読み終わった本】

小山龍介TOOLHACKS! (LOCUS MOOK)/著者不明
¥1,050
Amazon.co.jp

アナログ,デジタル双方の様々なツールを紹介してくれる本です。
小山さんのコラムで「小手先ではなく熟練を目指そう」というフレーズが響きました。
ツールを使うのは小手先ではなく,確固とした目的を持ち,使いこなすことが重要ですね。

あなたをダメにする時間管理術の落とし穴/澤田多津也
¥1,575
Amazon.co.jp
■スポンサードリンク

時間管理-タイムマネジメントにとらわれてはいけない,もっと大事なものがあり,もっと楽に生き,仕事を楽しみましょうという本。
最近時間管理についていろいろと考えていましたが,読んでいて気分が楽になる本でした。

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』