・法人成りのタイミング その1 ー個人事業主の税金・法人の税金ー

個人で事業をしている人が、会社を設立して、その会社で事業を行うようになることを「法人成り」といいます。
この「法人成り」のタイミングの判断は慎重に決めなければいけません。
その判断基準は次の3つです。
・会社を設立するメリットがあるか?
・会社を設立するデメリットの影響を考慮しているか?
・節税額及び設立コストを計算した結果、プラスとなるか?
もちろん、取引先の要求により、会社が必要な場合は、会社設立をしなければいけません。
今回は3つめの判断基準のうち、利益に関連する税金についての記事です。
個人事業主の場合、利益に応じて支払う税金は、所得税、住民税、事業税です。
会社(法人)の場合は、法人税、住民税、事業税、地方法人特別税、さらには代表者が受け取る給料に対する所得税、住民税です。
個人事業主の税金
個人事業主では、事業にかかる収益から費用を引いた利益(所得)で税金を計算します。
自分自身へ給料を支払うことはできません。
税金は利益(所得)に応じて、5%~55%です。
※実際にはこの所得から扶養控除、配偶者控除などを差し引きます。
EX-IT|
法人の税金
会社を設立し、上記の収益、費用、利益と同じである仮定すると、次のように税金を計算します。
税金は利益(所得)に対して、だいたい28%~40%です。
EX-IT|
会社の場合は、代表者に対して給料を出すことができます。
1人で会社を設立した場合も同様です。
ということは、会社のP/L上費用となります。
EX-IT|
さらに、この給料は、代表者個人の収益となりますので、個人でも税金を計算しなければいけません。
給料には給与所得控除といわれる費用が認められています。

EX-IT|
法人成りのタイミングを判断をするには、会社、個人双方の税金を考慮する必要があります。
個人事業主のときのP/Lと比較すると、法人成りをした場合は、会社、個人双方でピンク色の部分だけ費用が多く計上できます。
利益(所得)によっては、個人事業主よりも会社を設立した方が有利になるのでは?と思われる方も多いのではないでしょうか?
会社を設立した方がよい利益(所得)の基準については、明日記事にします。
============================================

■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日お会いしたクライアントの社長が、Gmailを使いこなし、エクスペリア、ノートPC、モバイル機器を購入されてました。
数ヶ月前から、GmailやPC関連について、いろいろとお話ししてきたのですが、かなりの使いこなし方にビックリです。
ご年齢は私よりも20くらい上なのですが、すばらしいと思います。
次はデュアルディスプレイやGoogleカレンダーをおすすめしましたニコニコ
もちろん、税務、会計の打ち合わせもみっちりと行っています汗




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###