・ 税率のしくみ その1 超過累進課税とは

「所得が増えれば増えるほど、税金が上がる(>_<)」
確かに、所得が増えれば、それに従って、税率が上がっていきます。
このしくみは、違った解釈をされていることもあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】

税率のしくみ その1 超過累進課税とは
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
税率が上がっていく・・・・・。
例えば、所得税は、5%、10%、20%、23%、33%、40%という税率です。
所得が増えれば増えるほど、この税率が上がっていきます。
195万円、330万円、695万、900万、1,800万円という区切りです。
では、所得が500万円だと、税金はいくらになるのでしょうか?
税率、20%をかけた100万円(500万円×20%)の税金がかかるのでしょうか。
答えは100万円ではありません。
所得が500万円のときの所得税は、57万2,500円となります。
(所得控除は考慮していません)
超過累進課税
所得税の税率構造は、超過累進課税という方式です。
一定の金額を超えた部分にのみ、税率が適用されます。
図で表すと、次のようになります。
195万円までは5%
195万円超330万円以下は10%
330万円超695万円以下は20%
695万円超900万円以下は23%
900万円超1,800万円以下は33%
1,800万円超は40%
EX-IT|
所得500万円の場合は、500万円×20%ではなく、次のように計算します。
195万円×5%+(330万円-195万円)×10%+(500万円-330万円)×20%
これを計算すると、57万2,500円になります。
ただ、この計算をやると、大変なので、式を変形して(数学でやったように)、次のように計算します。
500万円×20%-42万7,500円
これを計算すると、57万2,500円になります。
この計算式をまとめたものが、次の表です。

所得ー所得控除 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円超 40% 2,796,000円



次回は、このしくみを、もう少し具体的に見ていきます。
=========================

■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日は税務会計相談を受けました。
トライアスロンつながりで、ご紹介いただいた方です。
パン、テニスという共通点もあり、不思議なご縁でした。
まあ、テニスの腕前は天と地ほど違いますが(^_^;)




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###