・税率のしくみ その2 超過累進課税の具体例

昨日の記事では、超過累進課税について解説しました。

・ 税率のしくみ その1 超過累進課税とは

今日は、具体的な事例を交えてみます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】

・税率のしくみ その2 超過累進課税の具体例

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

税率を下げる?
「所得が増えれば増えるほど、税率が上がる」

「じゃあ、税率が上がらないように、所得を減らせばいいじゃん!」

このような意見をよく聞きます。

例えば、事業を行っている場合を考えます。
所得が350万円だったところを、なんとか経費を増やして、330万円以下に抑えたとします。
(所得とは、原則として、収入から経費を引いたものをいいます。)

すると、税率は10%になるので、税金をグッと減らせる!ということになるのでしょうか?
単純に計算すると、
350万円だったら、350万円×20%=70万円
330万円だったら、330万円×10%=33万円

37万円の税金を減らせると言うことになります。
しかし、これは間違いです。
(そもそも、20万円所得が減って、37万円の税金が減ること自体がおかしいのですが・・・・・・)


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

前回の記事のとおり、あくまで超過累進課税を適用します。
(横軸の単位は[万円]です。)

350万円の場合は、350万円×20%ー42万7,500円=27万2,500円
330万円の場合は、330万円×10%-9万7,500円=23万2,500円
となります。
(計算を簡略化するために所得控除は考慮していません)

その差額は、4万円です。

つまり、350万円→330万円で、20万円減ると、所得税が4万円減ります。
(この4万円は、20万円×20%で計算します。)

確かに所得を減らせば、税金は減りますが、税率が変わってもそれほど大きく減るわけではないのです。
逆にいうと、税率が変わっても、それほど急激に税金が増えるわけではありません。

所得が増えた場合
例えば、所得が500万円から700万円に上がったとします。

500万円の場合は、500万円×20%ー42万7,500円=57万2,500円
700万円の場合は、700万円×23%-63万6,000円=97万4,000円
となります。

200万円の所得が増えると、40万1,500円の税金が増えます。
この金額は、195万円(500万円を超え、695万円以下の部分)×20%+5万円(695万円を超え700万円以下の部分)×23%と計算します。

これが超過累進課税のしくみです。

=========================
【編集後記】
昨日は、夕方から確定申告の打ち合わせ3件。
同じ場所で行いました。
実は3名は同じ血筋。

■スポンサードリンク

親子2代で、ご契約いただくことは、これまでもあったのですが、3代は初めてのことです。
ありがたいことです。

■スポンサードリンク



■ブログEX-IT Facebookページ

■1日1新 Instagram
@1day1new
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』